30万円を元手に月10万円の不労所得
元手50万円で株価指数CFDを始めた場合の配当金をシミュレーションしてみました(´∀`)

リーマンショックにも耐えられる安全設定でも32年後には資産が約1,000万円になった上、その後も月約10万円の不労所得を得ることができます。


1.株価指数CFDの運用方針

・FTSE100に積立投資する  
 ⇒配当金が多いFTSE100(イギリス株)を購入し積立を行います。

・証拠金は1単位につき20万円用意する

 ⇒FTSE100の必要最低証拠金は26,000円です。(2018年9月時点)
 ⇒リーマンショックで世界的に株価が大暴落した際の最大の含み損は約20万円でした。
 ⇒1単位につき20万円を用意することでリーマンショック級の大暴落があっても耐え切れる設定になります。

・配当金が20万円貯まるごとにFTSE100を買い増す
 ⇒1単位では年間23,278円の配当金(2018年9月時点)ですが、その配当金で複利運用していくことで配当金を増やして行きます。

2.配当金の受け取りシミュレーション

方針通りにFTSE100(イギリス株)を複利で買い増しした場合の口座資金と年間配当金の推移をグラフにしました。
30万円で10万円の不労所得
積立開始直後は大したことありませんが、15年も経つと急速に伸びていくことがわかります。

■配当金の推移

運用期間 保有数(枚) 配当金(年間) 口座残高
1年 1 ¥23,278 ¥523,278
2年 2 ¥46,555 ¥569,833
3年 2 ¥46,555 ¥616,388
4年 3 ¥69,833 ¥686,220
5年 3 ¥69,833 ¥756,053
6年 3 ¥69,833 ¥825,885
7年 4 ¥93,110 ¥918,995
8年 4 ¥93,110 ¥1,012,105
9年 5 ¥116,388 ¥1,128,493
10年 5 ¥116,388 ¥1,244,880
11年 6 ¥139,665 ¥1,384,545
12年 6 ¥139,665 ¥1,524,210
13年 7 ¥162,943 ¥1,687,153
14年 8 ¥186,220 ¥1,873,373
15年 9 ¥209,498 ¥2,082,870
16年 10 ¥232,775 ¥2,315,645
17年 11 ¥256,053 ¥2,571,698
18年 12 ¥279,330 ¥2,851,028
19年 14 ¥325,885 ¥3,176,913
20年 15 ¥349,163 ¥3,526,075
21年 17 ¥395,718 ¥3,921,793
22年 19 ¥442,273 ¥4,364,065
23年 21 ¥488,828 ¥4,852,893
24年 24 ¥558,660 ¥5,411,553
25年 27 ¥628,493 ¥6,040,045
26年 30 ¥698,325 ¥6,738,370
27年 33 ¥768,158 ¥7,506,528
28年 37 ¥861,268 ¥8,367,795
29年 41 ¥954,378 ¥9,322,173
30年 46 ¥1,070,765 ¥10,392,938
31年 51 ¥1,187,153 ¥11,580,090
32年 57 ¥1,326,818 ¥12,906,908
※配当金は2018年9月時点の予想金額です。

3.シミューレーション結果の考察

高配当株と複利運用の力は凄まじいですね(´∀`)

元手が50万円なのに32年経てば資産が約1,000万円になり、月10万円の不労所得を得ることが出来るようになります。

たった50万円と言うと語弊がありますが、月10万円の不労所得を得られるとなれば、やっておく価値はあると思います。

ちなみにセミリタイアを目標にしているわたしは30年も待てないので、給与でブーストして『毎年』ではなく、『毎月』買い増しして、2年ほどで月10万円の不労所得を得られるようにするつもりです(^^ゞ

関連記事:鈴(suzu)の株価指数CFD運用実績


わたしは必要証拠金についてももう少しリスクをとって15万円くらいで、積み立てています(#^.^#)

岡三オンライン証券の詳細(公式HP)
⇒株価指数CFDをはじめるなら岡三オンライン証券がおすすめ!!


ちなみに岡三オンライン証券以外の証券会社を使いたいという人はこちらの記事を参考にしてください。
関連記事:Q33.株価指数CFDを岡三オンラインで利用するメリットは?



ここから先は『株価指数CFDのはじめ方』や『積立例』など株価指数CFD関連の内部リンクをまとめています。セミリタイアに向けて参考にしてください(#^.^#)


4.株価指数CFDのはじめ方

株価指数CFDをはじめるにあたり、株価指数CFDの概要から実際に口座を開設し、配当金を受け取るまでの流れを下の記事にまとめました。

セミリタイアに向けて不労所得を得たいと考えている方は参考にしてください。

 ①株価指数CFDとは
株価指数CFDの概要と魅力を解説しています


 ②口座開設の仕方
口座開設の手順をスクショ付きで解説しています


 ③株価指数CFDの買い増し方
株価指数CFDの買い増す条件を解説しています


 ④配当金の受け取り方
配当額を減らさずに配当金を受け取る方法を解説しています




5.株価指数CFDの積立例のご紹介

わたしの株価指数CFDの積立て状況は↓↓になります。

 ★鈴(suzu)の運用実績
鈴(suzu)の株価指数CFDの積み立て実績を公開しています!


また、株価指数CFDをいくつかの条件で積み立てた場合の配当金、口座残高の推移を以下の記事で掲載しています。 参考にしてください(´∀`)

 30万円で月10万円の不労所得
必要なのは元手30万円と年月だけ 


 元手10万円が1億になる積立方法!
10万円を用意したらひたすら複利運用していくだけ 


 積立投資の威力を検証してみた
積立×複利のとんでもない威力 



ブログへの要望や質問はツイッター、質問箱からどうぞ。
記事の更新とトラリピをはじめとする資産運用の設定変更をお知らせする
ので良かったらフォローしてやってください(^^ゞ