高スワップでおすすめのFX会社を徹底比較
保有しているだけでスワップが受け取れ、不労所得になるとしてスワップ投資が人気です(^^♪

この記事では通貨ペア別にスワップ投資でおすすめのFX会社を比較してみました。

通貨ペアに応じてベストなFX会社を選びましょう(^^♪

ちなみにスワップ投資なら誰でも簡単に不労所得を得られるという感じの記事も多いですが、高金利通貨のスワップ投資はハイリスク・ハイリターンな手法です。

コツコツ稼げる投資法ではないですが、上手く回れば大きなリターンが受け取れるという夢があるので、少額で挑戦するのがおすすめです(^^ゞ


1.スワップ投資とは

スワップとはFXで得られる利益のひとつで、2つの通貨の金利差のことをいい、その差額をスワップポイントとして受け取ることができます。

例えば、金利0.5%の国の通貨で金利2.0%の国の通貨を取引するとその差額の1.5%がスワップポイントとして受け取れます。

つまりスワップ運用とは(日本円のような)超低金利の通貨で(トルコリラや南アフリカランドなどの)高金利の通貨を買い、そのスワップポイントを利益とする運用手法です。

わたしはこのスワップ投資で月8万円程度のスワップを受け取っています
スワップ積立実績201907

▶鈴(suzu)のスワップ積立実績
  • 実現損益:+325,596円
  • 評価損益:-492,156円
  • 合計損益:-166,560円
関連記事:鈴のスワップ積立実績

ただし、図を見ると分かるように現時点では受け取れるスワップ以上の含み損が発生しており、安定して利益を得られているとは言えない状況です。

通貨の価値は上下するので、高値掴みを避けるため長期間、定期的に積み立てることで、購入価格を平準化させるのが基本です。
積み立て投資のススメ_2
定期的に積み立てていればポジションの取得価格が平準化され、

発生するスワップ>含み損 

となりやすくなります。

また、『毎月20万円のスワップが受け取れるように高金利通貨をまとめて購入』とかやると大抵失敗するので、注意してください。わたしも同じことを実践し、400万円溶かしたことがあります(>o<")

関連記事:【しくじり投資】スワップ運用で400万円を溶かしたときの話

ちなみにトルコリラのような超高金利の通貨は定期的に積み立ててもそれ以上に下落する可能性が高いので、宝くじに近い感覚で少額運用するのがおすすめです。

わたしも宝くじに近い感覚で毎月1万円だけ積み立てています(^^ゞ


2.スワップ投資向けのFX会社の条件

どのFX会社でもスワップ投資はできますが、FX会社によって得意な分野が異なります。

スワップ投資向けのFX会社というと単純にスワップの高いFX会社を選びがちですが、実は日々のスワップ以外にも重要なポイントがいくつもあります。

スワップの高さだけでなく他の重要ポイントも考慮して利用するFX会社を選択しましょう。

わたしがスワップ投資を行う際に重視するポイントは以下の6点です。
▶スワップ投資のポイント
  1. スワップの高さ
  2. 最小取引単位
  3. 未決済のスワップの証拠金利用
  4. 未決済のスワップにかかる税金
  5. 未決済のスワップの受け取り
  6. 未決済で受け取ったスワップの税金
上記の6点を比較し、投資の条件や目的に応じて利用するFX会社を選択します。

スワップ投資をする際に重視するポイントの詳細が知りたい方は以下の記事で解説していますので、そちらを見てください。

 スワップ投資向けのFX会社の選び方
注意すべき6つのポイントを解説



3.スワップ投資向けのFX会社を比較

FX会社をスワップ投資の観点から比較していきます。

対象として高金利通貨として人気が高く、わたしが運用している以下の5通貨で比較していきます。

・豪ドル/円
・NZドル/円
・トルコリラ/円
・南アフリカランド/円
・メキシコペソ/円


まずはスワップ投資を行う際に重視するポイント①~⑥をFX会社ごとに比較していきます。 
スワップ投資を行う際に重視するポイント
FX会社








































































アイネット証券  
ヒロセ通商
【LION FX】
×  5 
外為オンライン
【くりっく365】
× × -  3 
FXプライム
byGMO
× -  4 
トレイダーズ証券
(みんなのFX)
×  5 
トレイダーズ証券
(LIGHT FX)
×  5 
SBIFXトレード  5 
GMOクリック証券
【FXネオ】
× × ×  2 
セントラル短資 × ×  3 
マネースクエア ×  5 
外為ジャパン ×  5 
DMM FX × × ×  3 
※最小取引単位は取り扱っているFX会社が多い豪ドル/円での比較
▶表中の記号の意味
  1. スワップの高さ
     〇⇒5通貨ペアを取り扱っている
     △⇒4通貨ペアを取り扱っている
     ×⇒3通貨ペアを取り扱っている

  2. 最小取引単位
     ◎⇒1通貨から取引できる
     〇⇒1,000通貨から取引できる
     ×⇒10,000通貨から取引できる

  3. 未決済のスワップの証拠金利用
     〇⇒未決済のスワップを証拠金にできる
     ×⇒未決済のスワップを証拠金にできない

  4. 未決済のスワップにかかる税金
     〇⇒未決済のスワップに税金がかからない
     ×⇒未決済のスワップに税金がかかる

  5. 未決済のスワップの受け取り
     〇⇒未決済のスワップを受け取れる
     ×⇒未決済のスワップを受け取れない

  6. 未決済で受け取ったスワップの税金
     〇⇒未決済で受け取ったスワップに税金がかからない
     ×⇒未決済で受け取ったスワップに税金がかかる
     ‐⇒未決済ではスワップを受け取れない 
次に『①スワップの高さ』について、FX会社ごとに実際のスワップを比較していきます。

1日当たりのスワップ
(2017年7月~2019年7月の平均)
FX会社



N
Z





















アイネット証券 37円 34円 115円 15円 16円 217円
ヒロセ通商
【LION FX】
48円 47円 92円 15円 11円 214円
外為オンライン
【くりっく365】
43円 43円 105円 15円 12円 218円
FXプライム
byGMO
29円 30円 85円 14円 13円 172円
トレイダーズ証券
(みんなのFX)
34円 30円 108円 16円 15円 203円
トレイダーズ証券
(LIGHT FX)
34円 30円 108円 16円 15円 203円
SBIFXトレード 38円 38円 91円 13円 -円 180円
GMOクリック証券
【FXネオ】
37円 36円 86円 12円 11円 181円
セントラル短資 32円 31円 84円 10円 16円 171円
マネースクエア 12円 12円 51円 5円 11円 92円
外為ジャパン 33円 34円 -円 12円 -円 80円
DMM FX 33円 34円 -円 12円 -円 80円
※1万通貨ごとのスワップで比較
※取り扱い開始が2017年7月以降の場合は開始時からの平均

表中の①~⑥の〇が多く、運用する通貨ペアのスワップが高いFX会社ほどスワップ投資に向いていると言えます。 

ただし、すべてを満たそうとすると条件が厳しくなりますし、会社ごとに努力していますので、すべてにおいて勝っているFX会社というのは当然のごとくありません。

スワップを高くしようとすれば取り扱い通貨が少なかったり、税金の扱いが不利になったりします。

そのため『どの通貨を運用するのか?』、『スワップのみの受け取りは行うのか?』、『取引する通貨単位はどれくらいにするのか?』など投資の目的や状況に応じてFX会社を選ぶことが重要です


4.トルコリラスワップを比較

各FX会社のトルコリラスワップの推移です。
FX会社ごとのスワップ推移の比較-トルコリラ/円201907
平均値では1日115.11円で現状アイネット証券がトップのスワップです。

トルコリラ/円の取り扱い開始が2018年11月からと割と最近なのが気になりますが、それを除けば、税金の取り扱いも完璧でトルコリラ投資の第一候補だと思います。

取り扱い期間が短い事が気になるなら1日107.97円のトレイダーズ証券が候補に挙がると思います。

関連記事:
各FX会社の2019年7月のスワップの比較については以下の記事をどうぞ。わたしの積立実績と合わせて紹介しています。
>>トルコリラのスワップ積立実績!各FX会社のスワップポイントを比較 

トルコリラ第1候補:アイネット証券

アイネット証券
1日平均115.11円(1万通貨当たり)
②最小取引単位が1,000通貨から
③未決済のスワップを証拠金にできる
④未決済のスワップに税金がかからない
⑤未決済のスワップが受け取れる
⑥未決済で受け取ったスワップに税金がかからない

【コメント】
スワップが高い上に税金の扱いも完璧です。

一点注意点ですが、アイネット証券では【ループイフダン口座】と【アイネットFX口座】の2種類がありますが、スワップ投資向きなのは【ループイフダン口座】の方です。

関連記事:アイネットFX口座だとトルコリラとメキシコペソを取引できない

関連記事:【口座開設のやり方】アイネット証券
※アイネット証券の独自機能ループイフダンについての解説記事ですが、口座開設のやり方は一緒です。


トルコリラ第2候補:トレイダーズ証券

レイダーズ証券【LIGHT FX】
1日平均107.97円(1万通貨当たり)
②最小取引単位が1,000通貨から
③未決済のスワップを証拠金にできる
④未決済のスワップに税金がかからない
⑤未決済のスワップが受け取れる
×⑥未決済で受け取ったスワップに税金がかかる 

【コメント】
未決済のスワップを受け取ってしまうと税金がかかりますが、スワップが高水準です。アイネット証券と並んで候補に挙がると思います。

ちなみにトレイダーズ証券では『みんなのFX』と『LIGHT FX』という2つのサービスを展開しており、どちらも全く同じ最高水準のスワップです!!

わたしは通貨ごとに口座を分けるために両方のサービスを利用しています(^^ゞ

関連記事:【口座開設のやり方】トレイダーズ証券(LIGHT FX)

関連記事:【口座開設のやり方】トレイダーズ証券(みんなのFX)


5.各FX会社の南アフリカランドスワップを比較

各FX会社の南アフリカランドスワップの推移です。 
FX会社ごとのスワップ推移の比較-南アフリカランド/円201907
平均値では1日15.57円で現状トレイダーズ証券がトップのスワップです。

スワップを受け取った場合には税金が発生しますが、それを除けばベストな積み立て先だと思います。

もし完全に税金を先送りにして、スワップ生活を目指すなら1日14.69円のアイネット証券でしょう。

関連記事:
各FX会社の2019年7月のスワップの比較については以下の記事をどうぞ。わたしの積立実績と合わせて紹介しています。
>>南アフリカランドのスワップ積立実績!各FX会社のスワップポイントを比較 

南アランド第1候補:トレイダーズ証券

レイダーズ証券【LIGHT FX】
1日平均15.57円(1万通貨当たり)
②最小取引単位が1,000通貨から
③未決済のスワップを証拠金にできる
④未決済のスワップに税金がかからない
⑤未決済のスワップが受け取れる
×⑥未決済で受け取ったスワップに税金がかかる 

【コメント】
未決済のスワップを受け取ってしまうと税金がかかりますが、高金利通貨のスワップがすべて高水準です。

南アフリカランドだけでなく、トルコリラやメキシコペソの積み立てに利用してもいいでしょう。

ちなみにトレイダーズ証券では『みんなのFX』と『LIGHT FX』という2つのサービスを展開しており、どちらも全く同じ最高水準のスワップです!!

わたしは通貨ごとに口座を分けるために両方のサービスを利用しています(^^ゞ

関連記事:【口座開設のやり方】トレイダーズ証券(LIGHT FX)

関連記事:【口座開設のやり方】トレイダーズ証券(みんなのFX)


南アランド第2候補:アイネット証券

アイネット証券
1日平均14.69円(1万通貨当たり)
②最小取引単位が1,000通貨から
③未決済のスワップを証拠金にできる
④未決済のスワップに税金がかからない
⑤未決済のスワップが受け取れる
⑥未決済で受け取ったスワップに税金がかからない

【コメント】
未決済で受け取ったスワップに税金がかからないため、ポジションを決済しない限りは税金を一切払わずに、スワップを受け取り続けることができます。

スワップをセミリタイア後の生活費に充てるなら『アイネット証券 』がベストでしょう。

関連記事:【口座開設のやり方】アイネット証券
※アイネット証券の独自機能ループイフダンについての解説記事ですが、口座開設のやり方は一緒です。


6.各FX会社のメキシコペソスワップを比較

各FX会社のメキシコペソスワップの推移です。

FX会社ごとのスワップ推移の比較-メキシコペソ/円201907
平均値では1日15.61円で現状アイネット証券がトップのスワップです。

メキシコペソ/円の取り扱い開始が2018年11月からと割と最近なのが気になりますが、それを除けば、税金の取り扱いも完璧でメキシコペソ投資の第一候補だと思います。

取り扱い期間が短い事が気になるなら1日平均14.54円のトレイダーズ証券が候補に挙がります。

関連記事:
各FX会社の2019年7月のスワップの比較については以下の記事をどうぞ。わたしの積立実績と合わせて紹介しています。
>>メキシコペソのスワップ積立実績!各FX会社のスワップポイントを比較

メキシコペソ第1候補:アイネット証券

アイネット証券
1日平均15.61円(1万通貨当たり)
②最小取引単位が1,000通貨から
③未決済のスワップを証拠金にできる
④未決済のスワップに税金がかからない
⑤未決済のスワップが受け取れる
⑥未決済で受け取ったスワップに税金がかからない

【コメント】
未決済で受け取ったスワップに税金がかからないため、ポジションを決済しない限りは税金を一切払わずに、スワップを受け取り続けることができます。

スワップをセミリタイア後の生活費に充てるなら『アイネット証券 』がベストでしょう。

関連記事:【口座開設のやり方】アイネット証券
※アイネット証券の独自機能ループイフダンについての解説記事ですが、口座開設のやり方は一緒です。


メキシコペソ第2候補:トレイダーズ証券

レイダーズ証券【LIGHT FX】
1日平均14.54円(1万通貨当たり)
②最小取引単位が1,000通貨から
③未決済のスワップを証拠金にできる
④未決済のスワップに税金がかからない
⑤未決済のスワップが受け取れる
×⑥未決済で受け取ったスワップに税金がかかる 

【コメント】
未決済のスワップを受け取ってしまうと税金がかかりますが、高金利通貨のスワップがすべて高水準です。

メキシコペソの他にトルコリラや南アフリカランドの積み立てに利用してもいいでしょう。

ちなみにトレイダーズ証券では『みんなのFX』と『LIGHT FX』という2つのサービスを展開しており、どちらも全く同じ最高水準のスワップです!!

わたしは通貨ごとに口座を分けるために両方のサービスを利用しています(^^ゞ

関連記事:【口座開設のやり方】トレイダーズ証券(LIGHT FX)

関連記事:【口座開設のやり方】トレイダーズ証券(みんなのFX)


7.各FX会社の豪ドルスワップを比較

各FX会社の豪ドルスワップの推移です。 
FX会社ごとのスワップ推移の比較-豪ドル/円201907
平均値では1日47.52円で現状ヒロセ通商がトップのスワップです。

ヒロセ通商は最近、豪ドル/円のスワップを下げたのですが、それでも高水準のスワップを提供しているので、ヒロセ通商で良いかなと言うのがわたしの考えです。

ただ、ヒロセ通商はスワップを受け取った場合には税金が発生してしまうので、完全に税金を先送りにして、スワップ生活を目指すなら1日平均36.63円のアイネット証券が候補に挙がると思います。

関連記事:
各FX会社の2019年7月のスワップの比較については以下の記事をどうぞ。わたしの積立実績と合わせて紹介しています。
>>豪ドルのスワップ積立実績!各FX会社のスワップポイントを比較 

豪ドル第1候補:ヒロセ通商【LION FX】

FX取引ならヒロセ通商へ
1日平均47.52円(1万通貨当たり)
②最小取引単位が1,000通貨から
③未決済のスワップを証拠金にできる
④未決済のスワップに税金がかからない
⑤未決済のスワップが受け取れる
×⑥未決済で受け取ったスワップに税金がかかる 

【コメント】
未決済のスワップを受け取ってしまうと税金がかかりますが、豪ドル/円のスワップが非常に高いです。

豪ドル/円は先進国の通貨のため、トルコリラなどの新興国の通貨と違い、安定性が抜群で、是非ポートフォリオに組み入れたい通貨です。

関連記事:【口座開設のやり方】ヒロセ通商


豪ドル第2候補:アイネット証券

アイネット証券
1日平均36.63円(1万通貨当たり)
②最小取引単位が1,000通貨から
③未決済のスワップを証拠金にできる
④未決済のスワップに税金がかからない
⑤未決済のスワップが受け取れる
⑥未決済で受け取ったスワップに税金がかからない

【コメント】
未決済で受け取ったスワップに税金がかからないため、ポジションを決済しない限りは税金を一切払わずに、スワップを受け取り続けることができます。

スワップをセミリタイア後の生活費に充てるなら『アイネット証券 』がベストでしょう。

関連記事:【口座開設のやり方】アイネット証券
※アイネット証券の独自機能ループイフダンについての解説記事ですが、口座開設のやり方は一緒です。


8.鈴(suzu)が利用しているFX会社

高金利通貨のスワップ投資は非常にハイリスク・ハイリターンな投資法です。

わたしは『豪ドル』、『南アフリカランド』、『トルコリラ』、『メキシコぺ』の4通貨を積み立てていますが、1つの通貨の暴落に他の通貨が巻き込まれないよう、通貨ごとにFX会社を分けています。

スワップの高いアイネット証券やトレーダーズ証券で全て積み立てたい気持ちもありますが、分散させています。

どれくらいハイリターンかというと、現在のスワップの水準でわたしの積立方針をシミュレーションしてみると、元手10万円でも29年経つ頃には1億円になってしまうほどです。
10万円が1億に
関連記事:元手10万円が1億に化けるスワップ投資


高金利通貨へのスワップ投資は10万円が1億円になってしまうほど、ハイリターンなので、当然リスクも大きいです。そのため少額の投資で十分でしょう。

そして、その分リスク管理を徹底する必要があると考え、わたしは複数のFX会社に分散して投資しています(^^ゞ

▶利用するFX会社と毎月の積立量
また、長期的にみてスワップが高いFX会社を利用していますが、今後より好条件のスワップを提供するFX会社が出てくる可能性があります。

その場合は損益通算を利用して、利益を出さないようにすると税金を支払ずにFX会社を乗り換えることができます

関連記事:
FX会社の乗換えを考えている人はこちらの記事もどうぞ( ^^) _旦~~
>>スワップの高いFX会社に乗り換えるなら損益通算を活用しよう



Instagramでも情報を発信中▼
鈴@セミリタイア生活中さん(@semiritaia_suzu)がシェアした投稿 -


Twitterでも情報を発信中▼