タイトル

わたしはトラップトレードと呼ばれるFXの自動売買のうちトラリピをメインに運用しており、600万円程の利益を出しています。

関連記事:鈴(suzu)のトラリピ設定と運用実績

しかしトラリピ以外にもほったらかしにできるトラップトレードはたくさんあります。

それぞれ特徴がありますので、わたしが実際に運用している5つのトラップトレードを比較してみました(^^♪

関連記事:【実績まとめ】人気のFX自動売買5つを比較検証中


2018年8月5日)トラップトレードの概要に追記



1.トラップトレードとは

トラップトレードを簡単に説明すると買って、売ってを繰り返すFXの自動売買です。

ある範囲で行ったり来たりを繰り返すレンジに対して罠(トラップ)を仕掛けるように注文を設定するので、トラップトレードと呼ばれます。

為替相場はレンジ相場を形成することが多いので、FXとは相性抜群な注文方式なのです。
トラリピ説明用

実際にここ3年の米ドル/円のチャートをみても細かく上下に動いており、買って、売ってを繰り返す仕組みが有効であることが分かります。
米ドル円のチャート
しかも一度注文すれば、仕事中も寝ているときも勝手に利益が積み重なります。

忙しいサラリーマンにピッタリの仕組みです(^^ゞ


2.トラップトレードを比較する

わたしが運用しているトラップトレードの特徴を比較していきます。

トラップトレードの特徴
トラップ
トレード
特徴
ループイフダン
  • 一番初心者向け
  • 選ぶだけで運用できる
  • シンプルゆえに細かな設定はできない
  • 手数料は1番安い
トラッキングトレード
  • 2番目に初心者向け
  • ループイフダンでは物足りない人向け
  • 値幅を細かく調整したくなったらこれ
  • 手数料は同率2位
サイクル2
  • 中級者向け
  • トラッキングトレードでは物足りない人向け
  • 買いと売り両方を同時に使いたくなったらこれ
  • 手数料は同率2位
トラリピ
  • 中級者向け
  • 上記3つでは物足りない人向け
  • 値幅と利益幅を変えたくなったらこれ
  • 手数料は最下位
トライオートFX
  • 上級者向け
  • トラリピでは物足りない人向け
  • FXの最終形なので何でもできる
  • 初心者には使いこなせないかも
  • 手数料は同率2位
※コストは1,000通貨当たりの米ドル/円の場合で比較しています。

①アイネット証券『ループイフダン』

非常にシンプルなトラップトレードで設定値幅ごとに売買を繰り返します。

買い注文タイプと売り注文タイプを合わせて全78種類のループイフダンから選ぶだけという非常にシンプルな仕組みからFXの投資信託とも呼ばれています。
ループイフダン
アイネット証券より引用)

■特徴
・取り扱い通貨:8通貨ペア
・手数料:スプレッドに含まれる(米ドル/円2銭)
・非常にシンプル

公式サイトでループイフダンの詳細を確認する


【どういう人に向いている?】

特別こだわりの設定がなくシンプルな取引でいい人はループイフダンが一番です。

シンプルゆえに運用コストはトラップトレードで最安だと思います。

米ドル/円で50銭間隔、利幅50銭などループイフダンで提供されている設定で運用するならループイフダンが最強です。

投資信託でもそうですが、長期的にみると運用コストが低い仕組みが結局一番高パフォーマンスなのかもしれません。

ループイフダン発注_2017-11-29_18_56_34
運用成績がランキング形式で公開されているので、成績上位のループイフダンを選ぶだけでもよいでしょう。

また、目安資金表といって、ループイフダンごとに必要な資金が一覧化されているので、必要な資金で悩むこともありません。

さらに2018年3月1日からループイフダンがバージョンアップしています。

取り扱い通貨と設定幅が追加された上に損切の有無も選べるようになり、欠点だった選択肢の少なさがなくなりつつあります。

何をやろうか迷っていて、何もはじめられないくらいなら『FXの投資信託と呼ばれるループイフダン』に30万円突っ込めばいいのかなと思います。


関連記事:FXの投資信託『ループイフダン』のバージョンアップ情報


アイネット証券口座開設ページ


それからわたしもループイフダンの運用していますので、参考にしてください。

関連記事:【実績まとめ】鈴(suzu)のループイフダンリアルトレード


②FXブロードネット『トラッキングトレード』

想定変動幅(レンジ)を設定し、そのレンジ内に複数の注文を仕掛けます。 また、設定した変動幅が相場の上昇下落に合わせて自動追尾し、発注を繰り返します。 トラッキングトレードl
FXブロードネットより引用)

■特徴
・取り扱い通貨:24通貨ペア
・手数料:1,000通貨当たり往復で40円
・iサイクルと同じ仕組み
・iサイクルよりスプレッドが狭いので、コストが少ない


公式サイトでトラッキングトレードの詳細を確認する


【どういう人に向いている?】

ループイフダンでは物足りなくなり、値幅を調整したくなった人向けです。

ループイフダンは20銭、50銭、1円など用意された値幅で運用しますが、トラッキングトレードはこの値幅を自分で設定することができます。

また、実は外為オンラインからライセンス供与を受けており、外為オンラインが提供しているiサイクルと全く同じ仕組みで動きます。

しかもiサイクルよりもスプレッドが狭く低コストで運用できます

トラッキングトレードは初心者にも利用しやすく、自動で損切りまでしてくれるので、手動で取引する裁量取引と比べて3倍の利益が出ると言われています。
40
FXブロードネットより引用)

また、トラッキングトレードに精通した4人のトレーダーによる『ガチンコバトル』が開催されており、4人の設定やその意図が解説されていますので、初心者の勉強にも向いています。

ガチンコバトルは30万円で3カ月間運用なので、トラップトレードの感触を確かめたい人にはちょうどいいと思います。 


関連記事:【トラッキングトレードのはじめ方】口座開設から設定方法まで解説

FXブロードネット口座開設ページ


③外為オンライン『サイクル2』

想定変動幅(レンジ)を設定し、そのレンジ内に複数の注文を仕掛けます。

外為オンラインというと相場に自動追従してく『iサイクル』が有名ですが、自動追尾せずに想定レンジ内で売買を行う『サイクル2』も提供されています。
サイクル注文とは
外為オンライン より引用)

■特徴
・取り扱い通貨:24通貨ペア
・手数料:1,000通貨当たり往復で40円
・ワイド注文でトラリピハーフ&ハーフと同じことがができる

公式サイトでサイクル2の詳細を確認する


【どういう人に向いている?】

基本的にトラッキングトレードと同じですが、サイクル2は買いと売りを両方同時に仕掛けることができます。

トラッキングトレードに満足だけど、買いと売り両方を仕掛けたいという人向きです。

しかも買いと売りのレンジを分けて両方を仕掛けられるので、初期設定でもかなり広いレンジに設定を組めます。

しかも工夫してレンジを分けるトラリピとは違い、ワイド注文ははじめから買いと売りのレンジをわけて両方発注する仕組みなので、比較的簡単に設定を組めます。

ワイド注文は割安な相場では『買い』から入り、割高な相場では『売り』から入る、というレンジ相場を形成する為替に対して、非常に合理的な仕組みになっています。


関連記事:トラリピより優秀?外為オンラインのサイクル注文


サイクル2
設定項目も少なく、初心者でも簡単に発注できると思います。

外為オンライン口座開設ページ


④マネースクエア『トラリピ』

トラップトレードの元祖で、わたしもメインで利用しています。

関連記事:鈴(suzu)のトラリピ設定と運用実績

手数料は高めですが、設定の自由度と入力の手間のバランスがいいです。

また、決済トレールを利用することによりレンジ相場だけでなくトレンド相場でも高い収益を出せます。
決済トレール
マネースクエアより引用)

■特徴
・取り扱い通貨:11通貨ペア
・手数料:1,000通貨当たり往復で100円
     10,000通貨当たり往復で60円
     せま割対応は1,000通貨当たり往復で20円
・買いと売りのレンジを分けるハーフ&ハーフ
・トレンド相場にも対応できる決済トレール


公式サイトでトラリピの詳細を確認する


【どういう人に向いている?】

値幅と利幅を異なる値にしたい人向けです。

ループイフダン、トラッキングトレード、サイクル2は、

買い1売り1買い2売り2買い3⇒…』

という仕組みですが、トラリピは

買い1買い2売り1買い3売り2買い4

のように売るタイミングと次買うタイミングを別にすることができます。

実はこのカスタマイズができるのはトラリピとトライオートFXだけです。

手数料が高いので、ループイフダンなどでも組める一般的な設定で比較すると不利になりますが、このカスタマイズをしたくなったらトラリピにするしかありません。

さらにハーフ&ハーフと呼ばれる買いと売りのレンジを分ける技法を使うことで含み損を半分以下に抑えることが出来ます。
ハーフ&ハーフ
関連記事:【トラリピのテクニック】含み損を劇的に抑えられるハーフ&ハーフとは

また、トラップトレードは基本的にはレンジ相場で高い収益を発揮しますが、トラリピの場合は決済トレールと呼ばれる独自の仕組みを利用することで、 一方的に上昇または下落するトレンド相場でも高い収益を得ることが出来ます

決済トレールは素晴らしい仕組みですが、特許を持っているマネースクエアでしか利用できません

マネースクエア口座開設ページ



⑤インヴァスト証券『トライオートFX』

FXの最終形態という謳い文句のとおり、こと細かに設定が組めます。

ここまで紹介したトラップトレードの注文はトライオートFXならほとんど実現可能です。
トライオートFX
インヴァスト証券より引用)

■特徴
・取り扱い通貨:17通貨ペア
・手数料:1,000通貨当たり往復で40円
     10,000通貨当たり往復で20円
・自動売買ランキングから成績の良い設定をそのまま使える
・設定の自由度が高い
・取引の通貨単位に応じて手数料が安くなる

公式サイトでトライオートFXの詳細を確認する


【どういう人に向いている?】

上級者向けのトラリピといった印象です。

非常に細かな設定を組めるので、『ぼくのかんがえたさいきょうのとらっぷとれーど』をやりたい人に向いています。

トラリピの決済トレールを除けば、ここまで紹介したトラップトレードの設定はすべて『トライオートFX』で実現できます

もちろん、わたしが運用している『鈴(suzu)のトラリピ設定』も再現できます。 


関連記事:トラリピ完全再現インヴァスト証券のトライオートFXとは


一応、人気の設定をそのまま使うことができるので、初心者でも使えますが、自分で考えずにそのまま運用するならループイフダンの方がいいでしょう。

トライオート発注_2017-11-29_18_52_41
設定項目が非常に多く、事細かに指定できますので、自分の思った通りの設定ができます。

インヴァスト証券口座開設ページ



3.結局どのトラップトレードがいいのか

■運用コストを抑えてかつ選ぶだけにしたい人は『ループイフダン

■ループイフダンでは物足りなくなり、値幅を調整した人は『トラッキングトレード

■同一通貨で買いと売りを組み合わせたい人は『サイクル2

■値幅と利益幅を変えたい人は『トラリピ


■もっといろいろカスタムしなくなったら『トライオートFX


大まかには上記のようになるかと思います。

初心者は選ぶだけでよい『ループイフダン』が一番使いやすいと思います。

そして、ループイフダンじゃ物足りないって人は、値幅を調整できる『トラッキングトレード 』に挑戦するといいと思います。

ちなみにいきなりトライオートFXに挑戦してもまず設定が組めないので、やめましょう。

一応は上級者向けと言いつつ、トライオートFXにも選ぶだけで運用できる機能があるので、初心者でも運用できます。

ただ、それをするならはじめから初心者向けのループイフダンを選べばいいでしょう。

まあ、インターフェイスにも好みが出ますので、いろいろ開設して触ってみるのが一番だと思います。

基本的にトラップトレードは長期運用で長年使っていきますので、いくら成績がよくても操作性が合わないやつだと厳しいです。


ただし、どの自動売買を利用するにしろ、トラリピは必須です。

トラリピのマネースクエアには口座を開設すると無料で使える【トラリピ運用試算表】というシミュレーションツールがあります。

・トラリピ運用試算表
運用試算表_トラリピ買い
このツールに運用しようと考えている設定を入力すると


①どれくらいの資金が必要か?
②どれくらいでロスカットするのか?



を知ることができます。

しかもこの『トラリピ運用試算表』はループイフダンをはじめとした他の自動売買の設定のリスクも計算できます。

もちろんループイフダンのように選ぶだけで運用できる初心者向けの自動売買には『資金目安表』が用意されているので、成績の良かった設定を選んで指定された資金を入金しておけばとりあえず運用できます。

ただ、どれくらいの暴落でロスカットするのかがわからないので、暴落した際は「よくわからないけど何かロスカットしてる」という状態になります。

もしロスカット水準を把握していて、10万円追加で入金していたらロスカットされなかったかもしれません。。。

わたしとしては『自分が運用しているお金がどれくらいのリスクなのかわからない』というのは正直怖いので、かならず『トラリピ運用試算表』リスクを確認しています。

まあ、「言われた通りやるからいいよ」という人は構いませんが、せっかくわたしのブログを参考にするなら、自分が運用しているお金がどれくらいのリスクなのか把握した方が資産運用を楽しめると思います(^^♪

トラリピ運用試算表を他の自動売買に適用する具体的なやり方はこちらの記事にまとめてあるので、ぜひ試してみてください。

関連記事:自動売買のロスカットが分かるトラリピ運用試算表の使い方


また、自動売買で得られる利益については、紹介した5つのトラップトレードを実際に運用してますので、参考になると思います。

関連記事:【実績まとめ】人気のFX自動売買5つを比較検証中


それからわたしの設定を参考にしたいという人はトラリピが一番、運用歴が長くデータも豊富です(^^ゞ

以下の記事でわたしの設定をスクショ付きで解説しているので、まったく同じ設定も組めます

関連記事:鈴(suzu)のトラリピ設定と運用実績


しかも今なら限定キャンペーン中で口座を開設するとわたしが書き下ろしたマル秘レポートがもらえます。
マネースクエア

また、設定を変更した際はまずツイッターで設定を連絡するので、@semiritaia_suzuをフォローしておいてもらうとすぐに設定を真似できると思います。