おすすめのソーシャルレンディング

ソーシャルレンディング初心者の私が使い勝手の良かった5社を比較していきます。

初心者のわたしでも問題なく投資できたので、初心者の方でも問題なく利用できると思います(^^♪


1.ソーシャルレンディングとは

ソーシャルレンディングとは「ネット上でお金を借りたい人、企業」と「ネット上でお金を貸したい人、企業」とを結びつける融資仲介サービスのことです。
ソーシャルレンディング
maneoより引用)

我々投資家はお金を借りたい企業や個人にお金を貸してその利息を貰うわけですね。 

また、数年前までは大手ソーシャルレンディング会社でも個人向けにも貸し出しを行っていたので、貸し倒れ(投資したお金が返ってこない)がありました。

ただ、現在では大手ソーシャルレンディング会社は企業向けにしか貸し出しを行っていないので、貸し倒れが発生していません

ソーシャルレンディングのお金が返ってこないことがあるという悪いイメージは個人向けに貸し出しを行っていたころのものだと思います。

今後も貸し倒れが発生しないとは断言できませんが、利回りを考えると魅力的な投資先だと思います。

↓ソーシャルレンディングの事が3分半で分かる動画です↓

※ソーシャルレンディング会社の一つmaneoの解説動画です。


2.おすすめのソーシャルレンディング5社

私が利用してみて使い勝手の良かった5社を紹介していきます。
年利5~10%程度の利益を得られるところが多いです。
また、私が利用している5社は貸し倒れ(投資したお金が返ってこない)は発生していません

2018年6月追記)
ラッキーバンクについて、まだ貸し倒れにはなっていませんが、遅延が発生してます。今は使わずに様子を見ましょう。

ちなみにわたしが預けている20万円も絶賛遅延中です/(^o^)\

2018年7月8日追記)
maneoに行政処分が下されました。

いくつもあるmaneoの下請け業者のうちの1社が説明した内容と違う目的で集めた資金を利用していたという内容です。そのため、maneoが何か悪いことをしたというより、監督責任があるといった感じですね。

それでもこういう事業は信用が大切ですので、落ち着くまでは別のソーシャルレンディング会社を利用したほうがいいと思います。


2-1.LENDEX

LENDEX

LENDEX の特徴】

利回りが非常に高い
・不動産特化のソーシャルレンディング
全案件不動産担保付き
・出金手数料が無料
・新しいソーシャルレンディング会社

■こんな人におすすめ
・新しいソーシャルレンディング会社を試したい人
 ⇒案件の条件はすばらしいですが、まだ実績がほとんどないです

【コメント】

人気の高いラッキーバンクに似たソーシャルレンディング会社で、不動産の担保があり、利回りもラッキーバンクより高いです。 しかもまだ有名ではないので、募集がすぐに一杯になることもありません。

以前は新興で返済実績がなかったので、おすすめではなく+αという扱いにしていましたが、問題なく完済されていっているので、おすすめのソーシャルレンディング会社にします(^^♪

担保となる不動産の査定は大手の東急リバブルが行っていますので、貸し倒れになるリスクは他のソーシャルレンディング会社と遜色ないレベルでしょう。

わたし自身は9%台の案件も多く、操作画面も見やすいので、メインで利用しています。


LENDEXの口座開設ページ

レンデックス(LENDEX)の口座開設手順


2-2.クラウドバンク

クラウドバンク

クラウドバンクの特徴】

・利回りが非常に高い
・再生エネルギー案件が多い
・ほとんどの案件で担保がある
操作画面が見やすい
・出金手数料が無料

■こんな人におすすめ
・非常にバランスが良くて初心者におすすめ

【コメント】

非常にバランスの良いソーシャルレンディング会社という印象です。
利回りが高く、案件の数もそれなりにあるので、投資できないということもなく操作画面も見やすいです。

利回りだけで見るとラッキーバンクには劣りますが、個人的には一番使いやすいソーシャルレンディング会社だと思います。

クラウドバンクの口座開設ページ

クラウトバンクの口座開設手順



2-3.SBIソーシャルレンディング

SBIソーシャルレンディング

SBIソーシャルレンディングの特徴】

・出金手数料が無料
案件に申し込んだ後で振り込めばいいので、口座に資金が拘束されない
・インターフェイスが独特
・厳選されているので案件は少なめ 

■こんな人におすすめ
・ソーシャルレンディング会社に安心感を求める人
・毎月元本の一部を払い戻して欲しい人

【コメント】

金融大手のSBIホールディングスが運営するソーシャルレンディング会社です。 SBIブランドというだけで安心感があります。

また、資金の振り込み方法が特徴的です。
通常は各ソーシャルレンディング会社の口座に資金を振り込んでおいて、その資金の範囲内で投資することになります。 (ネット証券で株を買ったり、FXで取引するときと同じ感覚です。)

対して、SBIソーシャルレンディングの場合は投資したい案件と金額を申し込んだ後で、口座が指定されそこに振り込むことになります。

普段自分が利用している口座に資金を入れたままでも申し込みができるので、SBIソーシャルレンディング用に資金を割り振っておく必要がなくて便利です。

また、一般的なソーシャルレンディングでは運用の最終月にまとめて元本が返済されるのですが、SBIソーシャルレンディングの場合、毎月元本の一部が返済されます。

毎月元本が返ってきますので、貸し倒れのリスクが少なくなりますが、その分後半になるにつれて配当金が少なくなっていきます。

返ってきた元本を他の投資に回すなど工夫が必要です。

また、わたしもその通りだと思いましたが、よく言われる欠点として操作画面が独特で見ずらすぎです。

案件数もそう多くないので、他のソーシャルレンディング会社と組み合わせての利用がいいと思います。

SBIソーシャルレンディングの口座開設ページ


SBIソーシャルレンディングの口座開設手順


2-4.maneo

maneo

【maneoの特徴】

案件が非常に多い
・出金手数料がかかる
・保証や担保のない案件も多い

■こんな人におすすめ
・たくさんの案件から選びたい人
 ⇒案件の良し悪しを見極められる中級者以上の方がいいかも
・すぐに申し込みたい人

【コメント】

実績ナンバーワンのソーシャルレンディング会社は伊達ではなく幅広い案件に申し込むことが出来ます。常に申し込めるといってもいいほど、案件の数も多いです。

その分、保証や担保がない案件も多いので、しっかりと詳細を読んで見極める必要があります。
正直、初心者の私だと案件がありすぎてどれに投資したらいいか迷いました(^^ゞ

現在のところは貸し倒れ件数ゼロなので、単純に利率のいいものに申し込んでもいいと思いますが、今後も貸し倒れが発生しないとは言い切れないので、案件の特徴を判断して投資できる中級者以上の方が向いていると思います。

あと出金手数料がかかるので、maneoに投資した資金はあまり出し入れせずmaneoで運用するのが良いと思います。

maneoの口座開設ページ

maneoの口座開設手順~国内実績ナンバーワンのソーシャルレンディング~



⇒2018年7月と最近、行政処分を受けたので、注意です。

2-5.ラッキーバンク

ラッキーバンク

ラッキーバンクの特徴】

利回りが非常に高い
・不動産特化のソーシャルレンディング
全案件不動産担保付き
・出金手数料が無料
・すぐ募集が埋まる

■こんな人におすすめ
・募集開始時に張り付ける人
 ⇒1分~2分くらいで完売します。

【コメント】

全案件に不動産担保がついているので、安心して投資できます。
しかも利回りが非常に高く年利10%の案件も珍しくありません
私もメインで利用しています。

ただ、大人気なので、募集して1分~2分程度で完売していしまいます。 だいたい募集開始の3日くらい前に周知があるので、それを見てPCかスマホに張り付けるようなら参加できます。

募集開始時刻は20:00が多いですが、19:00の時や10:00のときもあります。

ラッキーバンクの口座開設ページ

ラッキーバンクの口座開設手順




3.鈴(suzu)の運用実績

わたしのソーシャルレンディングの運用実績をまとめました。
ソーシャルレンディング2018年9月

◆個々の運用実績◆
LENDEX:+4,887円
クラウドバンク:+4,310円
SBIソーシャルレンディング:+2,203円
maneo:+4,455円
ラッキーバンク:+6,346円
合計:+22,201円

運用資金がそれぞれ違うので実績だけでは比較できませんが、案件の利率的には

1位LENDEX

2位ラッキーバンク

他3社は同じくらいの印象です。

LENDEXとラッキーバンクは年利9%くらいの案件に申し込んでいるので、源泉徴収分引いたら年利7%くらいになると思います。

他3社は年利7%くらいなので、源泉徴収分引いて年利5%くらいになるのかなと思います。

もう少し詳細な運用実績をこちらの記事で更新しているので参考にしてください。

関連記事:ソーシャルレンディングの運用実績



4.まとめ

ソーシャルレンディング初心者として使い勝手をまとめてみました(^^♪

ソーシャルレンディングに関しては正直経験が浅いのですが、だからこそこれからソーシャルレンディングをはじめる人と近い感覚なんじゃないかなと思います。

もう少し慣れてきたら、ちゃんと詳細を読めば案件の良し悪しわかるしmaneoが最高だねとか言ってるかもしれませんが、初心者としてはクラウドバンク、LENDEXが非常に使いやすかったです。

今後の運用方針としては、

利回りが最高クラスのLENDEXをメインに利用し、

良い案件があればクラウドバンクSBIソーシャルレンディングに投資

という感じで運用していきます。

ソーシャルレーディングをはじめてみたいという人はまずこの辺から試してみてはどうでしょうか(^^ゞ


2018年5月追記)
ラッキーバンクは返済の遅延が発生しているので、しばらくは使わずに様子を見ましょう。
わたしが預けている20万円も遅延しています。

2018年6月追記)
やはりソーシャルレンディングはまだまだ成長途中の分野なので、実績があるところでもあまり高額を突っ込むのは心配な気がします。

わたしの今の資金だと1案件10万円、1社あたり50万円くらいで分散しておいた方がいいかなという印象です。

徐々にソーシャルレンディングの割合を増やす予定ですが、利率が良いからってLENDEXばかりに突っ込まず、バランスよく利用していく予定です。

分散投資の原則ですが1案件より2案件、1社より2社なので、皆さんも偏らせずにバランスよく利用してください(^^♪


ブログへの要望や質問はツイッター、質問箱からどうぞ。
記事の更新とトラリピをはじめとする資産運用の設定変更をお知らせする
ので良かったらフォローしてやってください(^^ゞ