地球儀1

2018年1月の株価指数CFDによる不労所得は約2千円でした(^^ゞ

先月約2千円の不労所得を生み出した私の株価指数CFDの保有状況も記載しているので、良かったら参考にしてください(^O^)



1ヶ月の株価指数CFD不労所得

株価指数 保有ポジション 配当金 累計配当金 含み損益
日経225 1単位 174円 35,090円 368,500円
NYダウ 0単位 0円 127,569円 0円
FTSE100 24単位 1,938円 320,516円 762,100円
合計 25単位 2,112円 483,175円 1,130,600円
※金利の支払いを考慮して配当金を算出しています。

2018年1月は約2千円の不労所得でした。

いやーぎりぎりプラスでした(^^ゞ
正直、1月と7月は配当金を出す企業が少ないので、金利の支払いがあるとにマイナスになるんじゃないかとひやひやしましたが、結果的にはなんとかプラスに踏みとどまりました。

NYダウを保有していたら、確実にマイナスでしたね。まあ、その場合は代わり含み益がだいぶプラスになっていましたが。。。

逆に2月はFTSE100の配当金が多いので、かなりのプラスになるでしょう。 2月は結果が楽しみです(^^♪

あと以下の記事にも書きましたが、証拠金が大幅に増えるので、注意してください

【ツイッターへの問い合わせ】04.株価指数CFDの証拠金引き上げにどう対応する?



ただ、証拠金の引き上げは2月5日からではなく2月19日からに変更になったそうです。たぶん証拠金引き上げた瞬間にロスカットする利用者が結構いたんでしょうね(^^ゞ

私の運用を参考にしている人はだいぶ余裕があると思いますが、利用している証券会社によって証拠金も異なりますので、一度確認しておいた方が良いと思います。


岡三オンライン証券で株価指数CFDをはじめる


累計配当金と時価残高の推移

下の図は株価指数CFDの累計配当金時価残高累計配当金含み損益)の推移を表しています(´∀`)

株価指数CFD月次2018年1月

金利の支払いが発生することから2017年12月にNYダウをすべて決済しました。
金利については以下の記事で解説しています。

【実績】株価指数CFDで想定以上の金利負担が発生



配当金については順調に増えてきているので、FTSE100を積み立てていきます。

また、積立投資はソーシャルレンディングと相性がいいので、まとまった資金がある人は組み合わせて運用するとより、運用効率が上がります

積立投資にソーシャルレンディングを活用する



株価指数CFDのはじめ方

株価指数CFDをはじめるにあたり、株価指数CFDの概要から実際に口座を開設し、配当金を受け取るまでの流れを下の記事にまとめました。

セミリタイアに向けて不労所得を得たいと考えている方は参考にしてください。

 ①株価指数CFDとは
株価指数CFDの概要と魅力を解説しています


 ②口座開設の仕方
口座開設の手順をスクショ付きで解説しています


 ③株価指数CFDの買い増し方
株価指数CFDの買い増す条件を解説しています


 ④配当金の受け取り方
配当額を減らさずに配当金を受け取る方法を解説しています




株価指数CFDの積立例のご紹介

先月約2千円の不労所得を生み出した私の株価指数CFDの積立て状況は↓↓になります。

 ★管理人の積立状況
管理人の株価指数CFDの積み立て状況を公開しています!


また、株価指数CFDをいくつかの条件で積み立てた場合の配当金、口座残高の推移を以下の記事で掲載しています。 参考にしてください(´∀`)

 30万円で月10万円の不労所得
必要なのは元手30万円と年月だけ 


 元手10万円が1億になる積立方法!
10万円を用意したらひたすら複利運用していくだけ 


 積立投資の威力を検証してみた
積立×複利のとんでもない威力 



ご案内

 サイトマップ
 トラリピでセミリタイアの歩き方です


初心者にもおすすめの資産運用
 おすすめの資産運用を私の運用状況と合わせて公開しています


性格ごとに向いている商品
 運用商品の組み合わせと性格による相性の紹介です 


ブログへの要望や質問はツイッターからどうぞ。
トラリピ設定と記事の更新をお知らせする
ので良かったらフォローしてやってください(^^ゞ