10万円が1億に_表紙
元手10万円を用意し、その後追加資金なしで複利運用した場合のスワップ投資のシミュレーションをしてみました。

すると28年間で10万円が1億になることがわかりました(^^♪

ただ、これは投資と言うより宝くじと同じ感覚でやるギャンブルです。一発逆転を狙って仕掛けておくと将来の楽しみが増えますが、これを当てにして会社を辞めてはダメですよ(^_^;)

スワップ投資について詳しく知りたい方はまずはこちらの記事をどうぞ!
スワップ投資で重視するポイント
関連記事:【スワップ投資の始め方】スワップ向けのFX会社を比較する


1.スワップ積立条件

高スワップで人気のトルコリラメキシコペソ南アフリカランドの3通貨を積み立てていきます。

それぞれスワップが高く、少額で毎月積み立てられるFX会社で運用していきます。

1日当たりのスワップ
(2017年7月~2019年3月の平均)
FX会社



N
Z





















アイネット証券 39円 35円 117円 15円 15円 222円
ヒロセ通商
【LION FX】
50円 49円 91円 15円 11円 216円
GMOクリック証券
【くりっく365】
45円 44円 105円 16円 12円 221円
FXプライム
byGMO
31円 31円 85円 14円 14円 174円
トレイダーズ証券
(みんなのFX)
33円 30円 109円 16円 15円 203円
トレイダーズ証券
(LIGHT FX)
33円 30円 109円 16円 15円 203円
SBIFXトレード 40円 39円 92円 13円 -円 184円
GMOクリック証券
【FXネオ】
38円 37円 86円 13円 -円 174円
セントラル短資 33円 32円 86円 10円 15円 176円
マネースクエア 14円 15円 53円 5円 -円 86円
外為ジャパン 34円 36円 -円 13円 -円 82円
DMM FX 34円 36円 -円 13円 -円 82円
※1万通貨ごとのスワップで比較
※取り扱い開始が2017年7月以降の場合は開始時からの平均


関連記事:【スワップ投資の始め方】スワップ向けのFX会社を比較する

1-1.南アフリカランド

トレイダーズ証券(みんなのFX)の口座に4万円用意し、以下のポジションを保有します。

南アフリカランド/円:20,000通貨

上記の通貨を保有していると、2019年4月現在の水準で年間1万円ほどのスワップを受け取れるので、スワップが2万円貯まるたびに以下のポジションを追加で保有します。

南アフリカランド/円:10,000通貨

1-2.トルコリラ

トレイダーズ証券(LIGHT FX)の口座に2万円用意し、以下のポジションを保有します。

トルコリラ/円:2,000通貨

上記の通貨を保有していると、2019年4月現在の水準だと年間7千円ほどのスワップを受け取れるので、スワップが1万円貯まるたびに以下のポジションを追加で保有します。

トルコリラ/円:1,000通貨

1-3.メキシコペソ

FXプライムbyGMOの口座に4万円用意し、以下のポジションを保有します。

メキシコペソ/円:20,000通貨

上記の通貨を保有していると、2019年4月現在の水準だと年間1万円ほどのスワップを受け取れるので、スワップが2万円溜まるたびに以下のポジションを追加で保有します。

メキシコペソ/円:10,000通貨

1-4.想定する下落幅

現在の為替相場から以下の下落を想定しています。

▶想定する下落幅
  • 南アランド/円:2円程度の下落を想定
  • トルコリラ/円:10円程度の下落を想定
  • メキシコペソ/円:1円程度の下落を想定
チャートを見ると過去最安値ではそれ以上に下落していることもありますし、証拠金を含めると上記の金額では多少不足しますが、定期的な積立により購入価格を抑えているので、耐えられると想定しています(^^ゞ
 積み立て投資のススメ_2

2.スワップ投資のシミュレーション結果

上記のスワップ投資の積み立て方針に沿って運用を行うと以下のようにスワップが増えていきます。
10万円が1億に
後半の伸びが異常すぎて、前半は何も分かりません。これが複利の威力です(^^ゞ

シミュレーションのスワップは南アリカランドはトレイダーズ証券(みんなのFX)、トルコリラはトレイダーズ証券(LIGHT FX)、メキシコペソはFXプライムbyGMOスワップの高いFX会社の値を利用しています

厳密にいうと全てトレイダーズ証券(みんなのFX)で積み立てた方が期待できるスワップは大きいのですが、全て同じFX会社で積み立ててしまうと、一つの通貨が歴史的な暴落をした際に他の通貨も巻き込まれてしまうので、口座を分けています。

米ドルや豪ドルなどの先進国の通貨なら、同じ口座に集中させても問題ありませんが、新興国の通貨なので、利用する口座を分けることでリスク分散を図っています。

かなり細かくなりますが、表にすると以下のようになります。

■スワップの推移


合計 トルコリラ 南アフリカ
ランド
メキシコペソ
運用
期間
口座資金 スワップ
(年間)
スワップ
(年間)



(万)
スワップ
(年間)



(万)
スワップ
(年間)



(万)
1年 ¥129,376 ¥29,376 ¥7,776 0.2 ¥11,520 2 ¥10,080 2
2年 ¥158,752 ¥29,376 ¥7,776 0.2 ¥11,520 2 ¥10,080 2
3年 ¥202,816 ¥44,064 ¥11,664 0.3 ¥17,280 3 ¥15,120 3
4年 ¥261,568 ¥58,752 ¥15,552 0.4 ¥23,040 4 ¥20,160 4
5年 ¥335,008 ¥73,440 ¥19,440 0.5 ¥28,800 5 ¥25,200 5
6年 ¥423,136 ¥88,128 ¥23,328 0.6 ¥34,560 6 ¥30,240 6
7年 ¥540,640 ¥117,504 ¥31,104 0.8 ¥46,080 8 ¥40,320 8
8年 ¥687,520 ¥146,880 ¥38,880 1 ¥57,600 10 ¥50,400 10
9年 ¥878,464 ¥190,944 ¥50,544 1.3 ¥74,880 13 ¥65,520 13
10年 ¥1,128,160 ¥249,696 ¥66,096 1.7 ¥97,920 17 ¥85,680 17
11年 ¥1,451,296 ¥323,136 ¥85,536 2.2 ¥126,720 22 ¥110,880 22
12年 ¥1,871,488 ¥420,192 ¥112,752 2.9 ¥161,280 28 ¥146,160 29
13年 ¥2,418,112 ¥546,624 ¥147,744 3.8 ¥207,360 36 ¥191,520 38
14年 ¥3,120,544 ¥702,432 ¥190,512 4.9 ¥264,960 46 ¥246,960 49
15年 ¥4,028,608 ¥908,064 ¥244,944 6.3 ¥345,600 60 ¥317,520 63
16年 ¥5,204,224 ¥1,175,616 ¥318,816 8.2 ¥443,520 77 ¥413,280 82
17年 ¥6,729,760 ¥1,525,536 ¥416,016 10.7 ¥570,240 99 ¥539,280 107
18年 ¥8,699,104 ¥1,969,344 ¥536,544 13.8 ¥737,280 128 ¥695,520 138
19年 ¥11,247,616 ¥2,548,512 ¥695,952 17.9 ¥950,400 165 ¥902,160 179
20年 ¥14,548,960 ¥3,301,344 ¥905,904 23.3 ¥1,221,120 212 ¥1,174,320 233
21年 ¥18,817,696 ¥4,268,736 ¥1,174,176 30.2 ¥1,572,480 273 ¥1,522,080 302
22年 ¥24,344,992 ¥5,527,296 ¥1,524,096 39.2 ¥2,027,520 352 ¥1,975,680 392
23年 ¥31,498,624 ¥7,153,632 ¥1,978,992 50.9 ¥2,609,280 453 ¥2,565,360 509
24年 ¥40,754,944 ¥9,256,320 ¥2,566,080 66 ¥3,363,840 584 ¥3,326,400 660
25年 ¥52,737,760 ¥11,982,816 ¥3,332,016 85.7 ¥4,331,520 752 ¥4,319,280 857
26年 ¥68,241,376 ¥15,503,616 ¥4,323,456 111.2 ¥5,575,680 968 ¥5,604,480 1112
27年 ¥88,298,272 ¥20,056,896 ¥5,606,496 144.2 ¥7,182,720 1247 ¥7,267,680 1442
28年 ¥114,262,048 ¥25,963,776 ¥7,278,336 187.2 ¥9,250,560 1606 ¥9,434,880 1872
29年 ¥147,865,600 ¥33,603,552 ¥9,443,952 242.9 ¥11,917,440 2069 ¥12,242,160 2429
30年 ¥191,357,056 ¥43,491,456 ¥12,254,976 315.2 ¥15,350,400 2665 ¥15,886,080 3152
※スワップは私が積み立てを開始した2017年7月~2019年3月の平均値で計算しています。


3.シミュレーション結果の考察

最初の数年は大したことありませんが、17年後には月10万円、19年後には月20万円の不労所得を得ることができます。

28年後には月200万円の不労所得と口座残高は1億円超えというとんでもない金額になります。

自分でもシミュレーションしていて驚きました(゚д゚)

元手10万円が28年後には1億円になります。 信じられませんが、複利で運用していくと上記のようになります。

ただし、下落幅は現在の水準を元に想定していますので、為替が大きく変動すれば必要となる資金は変わってきますし、受け取れるスワップも年々変わってくるでしょう。

スワップ以上の含み損が発生して利益が出ない可能性も十分にあります。

それでも失敗しても10万円の損失で済むので、余裕資金で仕掛けておくと将来の楽しみが増えると思います。 

今後30年間、大暴落が無ければ10万円が1億に化けます(^^♪

ちなみにわたしは同じ考え方で毎月10万円追加しながら3通貨+豪ドルを積み立てています。
スワップ月次_201903
関連記事:鈴(suzu)のスワップ積立実績
▶利用するFX会社と毎月の積立量
ちなみに株価指数CFDでも似たようなことが出来ます。

関連記事:【株価指数CFD】10万円が1億円に化ける資産運用

上手くいけば20万円が2億円になるかもしれないので、ものは試しとわたしは両方やってます(^^ゞ


また、スワップ投資の概要やFX会社による違いについはこちらの記事にまとめているので、参考にしてください(^^ゞ

関連記事:【スワップ投資の始め方】スワップ向けのFX会社を比較する


▼Twitterでも情報を発信中▼