鈴(suzu)のスワップ積立実績

現在、高金利通貨をを積み立てることで、月7万円程度のスワップ収入を得られています(^^♪

スワップとはFXで得られる利益のひとつで、2つの通貨の金利差のことです。

そんなスワップについてわたしの運用実績を整理したので、『仕事も辛いけど、転職も怖い』という人はまず、不労所得を構築してみてください(#^.^#)

▶この記事で分かること
  • スワップ投資の運用実績
    月7万円の不労所得
  • 現在のスワップ積立方針
    ⇒毎月4つの通貨を積み立て
  • 積立に必要だった資金
    ⇒運用実績だと120万円
    ⇒わたしは余裕を見て350万円で運用中
スワップの概要を詳しく知りたい方はまずはこちらの記事をどうぞ!
スワップ投資で重視するポイント
関連記事:【スワップ投資の始め方】スワップ向けのFX会社を比較する



1.スワップ投資の運用実績の推移

下の図はわたしが実施しているスワップ投資における累計利益と実現損益の推移です(^^♪ スワップ月次201902

▶鈴(suzu)のスワップ積立実績
  • 累計利益:-92,726円
  • 含み損益:+24,009円
  • 実現損益:-68,717円
わたしはスワップ投資に350万円積み立てることで、月7万円のスワップ収入を得ています。 ……と言いたいのですが、2018年12月に積み立てるFX会社を変更した事で、含み損が確定し、累計利益がマイナスになってしまっています(^_^;)

現在の積立量だと、毎月7万円程度のスワップが入ってくるのですが、それを上回る含み損が出ている状態ですね。

それでも積立期間が長くなればプラスになると考えているので、毎月10万円を追加し、南アフリカランド、トルコリラ、メキシコペソの超高金利通貨に加え、先進国通貨の中で安定してスワップが高い豪ドルを積み立ています。

また、実現損益(全てのポジションを決済した時の損益)もプラスとマイナスを行ったり来たりしていますが、しばらく安めの水準が続いた方が、低価格で積み立てられて有利でしょう。

既にスワップ投資により月7万円のスワップ収入を得られていますが、引き続き毎月10万円を積み立て、スワップ収入の拡大を目指します!!

まあ、実現損益がマイナスなので、順調に利益を積み重ねているとは言えない状況ですが(^^ゞ


2.鈴のスワップ積立方針

高スワップで人気のトルコリラメキシコペソ南アフリカランドの3通貨に加え、先進国通貨の中で安定してスワップが高い豪ドルを積み立てていきます。 

▶スワップの積立方針
  1. 毎月1日に積立
    ⇒10万円入金して高金利通貨を積み立てる
  2. スワップが積み重なった場合
    ⇒貯まったスワップで複利運用する

2-1.利用するFX会社

スワップは長期的な運用となるので、短期的なスワップの上下はあまり気にせず積み立てるのが大切です(^^♪

わたしがスワップ積立を始めてからの各FX会社のスワップは以下のようになっています。

1日当たりのスワップ
(2017年7月~2019年2月の平均)
FX会社



N
Z





















アイネット証券 40円 35円 117円 15円 15円 221円
ヒロセ通商
【LION FX】
50円 50円 91円 15円 11円 216円
GMOクリック証券
【くりっく365】
45円 44円 103円 16円 12円 219円
FXプライム
byGMO
31円 31円 85円 14円 14円 175円
トレイダーズ証券
(みんなのFX)
31円 30円 108円 16円 15円 201円
トレイダーズ証券
(LIGHT FX)
31円 30円 108円 16円 15円 201円
SBIFXトレード 40円 39円 92円 13円 -円 184円
GMOクリック証券
【FXネオ】
38円 37円 86円 13円 -円 174円
セントラル短資 33円 32円 86円 10円 15円 177円
マネースクエア 14円 15円 53円 5円 -円 88円
外為ジャパン 34円 36円 -円 13円 -円 82円
DMM FX 34円 36円 -円 13円 -円 82円
※1万通貨ごとのスワップで比較
※取り扱い開始が2017年7月以降の場合は開始時からの平均

ハッキリ言って、各FX会社で競っているので、スワップの高さは頻繁に入れ替わります。

ただし、長期運用となるスワップ積み立てで、1ヶ月や2ヶ月のスワップを気にしても仕方が無いので、長期的な水準をみて以下のFX会社で積み立てています
▶利用するFX会社と毎月の積立量
上記の4社については、

ポジションを決済するまでスワップに税金がかからない
②ポジションを決済しなくてもスワップを証拠金にできる

ため、税金を払わなくとも複利運用ができるというスワップ運用にはうってつけのFX会社です(^^♪

関連記事:スワップ生活をするなら税金のかからないFX会社で複利運用しよう


また、高金利通貨は瞬間的な暴落が怖いため、通貨ごとにFX会社を分けることで、一つの通貨の暴落で他の通貨が巻き込まれることが無いようにしています(^^ゞ

スワップ運用に利用するFX会社の詳しい比較はこちらの記事を参考にしてください。

関連記事:スワップ投資向けのFX会社を比較する


それからTwitterで通貨の積立を報告していますので、知りたい人は鈴(@semiritaia_suzu)をフォローしておいてください(^^ゞ


現状は上記の方針で積み立てていますが、スワップが大きく変動するなど状況が変わった場合は、随時対応していくつもりです(#^.^#)

2-2.想定する下落幅

現在の為替相場から以下の下落を想定しています。

▶想定する下落幅
  • 豪ドル/円:20円程度の下落を想定
  • 南アランド/円:2円程度の下落を想定
  • トルコリラ/円:10円程度の下落を想定
  • メキシコペソ/円:1円程度の下落を想定
チャートを見ると過去最安値ではそれ以上に下落していることもありますし、証拠金を含めると上記の金額では多少不足しますが、定期的な積立により購入価格を抑えているので、耐えられると想定しています(^^ゞ
 積み立て投資のススメ_2
また、以下の記事にスワップ投資を行う際に注意すべき点をまとめたので、参考にしてください。


関連記事:【スワップ投資のはじめ方】スワップ向けのFX会社を比較する


3.積立に必要だった資金の検証

わたしは毎月10万円積み立てていますが、当然それには余裕資金が含まれていますし、積立開始直後はもっと大きな金額を積み立てることもありました。

そこで、余裕資金を省き、本当に必要な資金はいくらだったのか検証してみます。 

ロスカットさせないためには

口座への入金必要額』+『累計利益』>『証拠金』+『含み損益

となるように資金を用意する必要があります。

運用月 口座への
入金必要額
累計
スワップ
証拠金 含み損益
2017/09 11,758円 1,606円 14,000円 242円
2017/10 105,316円 9,912円 56,400円 -58,828円
2017/11 125,492円 20,052円 67,600円 -77,944円
2017/12 3,140円 31,560円 85,700円 51,000円
2018/1 137,350円 55,825円 260,100円 66,925円
2018/2 318,079円 81,714円 291,400円 -108,393円
2018/3 302,382円 111,420円 290,900円 -122,902円
2018/4 358,798円 143,283円 341,774円 -160,307円
2018/5 671,212円 182,659円 358,671円 -495,200円
2018/6 724,057円 222,297円 381,050円 -565,304円
2018/7 500,741円 266,598円 397,667円 -369,672円
2018/8 1,181,313円 317,193円 412,211円 -1,088,295円
2018/9 737,369円 363,831円 430,485円 -670,715円
2018/10 996,830円 426,408円 455,950円 -967,288円
2018/11 633,280円 487,068円 488,527円 -631,821円
2018/12 950,974円 -228,404円 402,073円 -320,497円
2019/1 533,160円 -168,851円 453,552円 83,243円
2019/2 540,136円 -92,726円 471,419円 24,009円

口座への入金必要額:口座に入金する必要がある金額
累計利益:今までの利益の合計
証拠金:取引する際に必要となる担保金
含み損益:保有ポジション全決済した際に発生する損失または利益


ロスカットされずに運用するには『証拠金』と『含み損益』を合わせた金額より多くの資金が口座に残っている必要があります。

口座への入金必要額』+『累計利益(317,193円)』>『証拠金(412,211円)』+『含み損益(1,088,295円)』を満たすために

口座への入金必要額(1,181,313円)

が必要になります。 
運用資金
ただし、各月の含み損は月末の値にしていますので、瞬間的にはそれ以上の含み損が発生していた可能性が高いです。

わたし自身も余裕を持って、資金を投入しており、2019年2月1日時点で以下のような口座状況になっています。

ヒロセ通商【LION FX】
↓↓豪ドルを積立↓↓
ヒロセ

トレイダーズ証券(みんなのFX)
↓↓南アフリカランドを積立↓↓
みんなのFX

トレイダーズ証券(LIGHT FX)
↓↓トルコリラを積立↓↓
LIGHTFX

FXプライムbyGMO
↓↓メキシコペソを積立↓↓
FXプライム

変動の激しい高金利通貨なので、1通貨の暴落による巻き込まれロスカットを避けるために、複数の口座に分けて積み立てを行っています。

また、通貨ごとの運用状況詳細は、個別の記事にまとめています。

▶通貨ごとのトラリピ設定

4.毎月の不労所得と利益率

下の表に運用に必要だった資金(その時点での口座への入金必要額)で運用した場合のスワップの利益率をまとめました。

運用月 不労所得 利益率
2017/09 1,606円 11.47%
2017/10 8,306円 7.89%
2017/11 10,140円 8.08%
2017/12 11,508円 9.17%
2018/1 24,265円 17.67%
2018/2 25,889円 8.14%
2018/3 29,706円 9.34%
2018/4 31,863円 8.88%
2018/5 39,376円 5.87%
2018/6 39,638円 5.47%
2018/7 44,301円 6.12%
2018/8 50,595円 4.28%
2018/9 46,638円 3.95%
2018/10 62,577円 5.30%
2018/11 60,660円 5.13%
2018/12 -303,806円 -25.72%
2019/1 65,553円 5.55%
2019/2 70,125円 5.94%
平均 17,719円 5.70%

毎月積み立てていますので、徐々に受け取れるスワップが増えています(#^.^#)

ただし、2018年12月に積み立てるFX会社を変更したので、その周辺はスワップが安定していません。

スワップが積み重なるまでは実現損益がマイナスになることも多いですが、ロスカットさせないように積み立てていけば、いずれプラスになると考えています。


また、通貨ペアごとに利率を図にすると以下のような感じです。
スワップ利益率201902
初めはトルコリラ/円が圧倒的かと思いましたが、含み損が増えると必要な資金が増えるので、利益率は下がっていきます。

今のところは安定しているメキシコペソ/円が一番利益率がいいですね(^^ゞ

今後も利益率や必要な資金を確認しながら運用を続け、バランスよく積み立てていきたいと思います。

また今後の利益の目安ですが、現在のスワップの水準でわたしの積立方針をシミュレーションしてみると元手10万円でも29年経つ頃には1億円になります!!
10万円が1億に
関連記事:元手10万円が1億に化けるスワップ投資


高金利スワップは元手10万円でも大きなリターンを見込める投資法なので、大金をつぎ込む必要はないでしょう。

リスクのある投資法なので、少額で複利運用するのがコツだと思います(^^ゞ

▶利用するFX会社と毎月の積立量
1通貨の暴落に他の通貨が巻き込まれるのを防ぐために、通貨ごとに利用する口座を分散させています(^^♪

また、スワップの高いFX会社に乗り換える際は損益通算を上手く活用してください。

関連記事:スワップの高いFX会社に乗り換えるなら損益通算を活用しよう


5.スワップ投資のサイトマップ

ここから先はスワップ投資関連の内部リンクをまとめてあります(#^.^#)

▶スワップ投資の始め方
スワップ向けのFX会社を比較
税金のかからないFX会社で複利運用する
スワップの高いFX会社に乗り換える
【口座開設】ヒロセ通商
【口座開設】トレイダーズ証券(みんなのFX)
【口座開設】トレイダーズ証券(LIGHT FX)
【口座開設】FXプライムbyGMO
【口座開設】外為オンライン

▶スワップ投資の運用実績
高金利スワップ週次報告(カテゴリー)
高金利スワップ月次報告(カテゴリー)
スワップサヤ取り週次報告(カテゴリー)

▶スワップ積立実績
【全体】鈴(suzu)のスワップ積立実績
トルコリラの積立実績
南アフリカランドの積立実績
メキシコペソの積立実績
豪ドルの積立実績
NZドルの積立実績
スワップサヤ取りの積立実績

▶その他スワップ投資関係
10万円が1億円になる積立方法
155万円で月万円の不労所得を得る積立方法
積立と複利の威力を検証
政策金利とスワップ投資向けの通貨

▼『不労所得でセミリタイア』のサイトマップ▼

▼Twitterでも情報を発信中▼