税金のかからないFX会社

毎日安定収入が入ることで人気のスワップですが、単純にスワップの高さだけで利用するFX会社を選んでいませんか?

夢のスワップ生活を送るにはスワップの高さ以外にも重要な観点があります。

この観点を知らないでスワップ投資をしていると損してしまっているかもしれません(;'∀')

スワップって何?って方はこちらの記事をどうぞ。
関連記事:【スワップ投資のはじめ方】スワップ向けのFX会社を比較する


1.スワップの課税時期が重要

スワップ運用で課税されるタイミングは利用するFX会社によって大きく2つに別れます。 

①未決済でも課税
ポジションを決済しなくてもその年に発生したスワップに税金がかかる

②決済時課税
ポジションを決済しない限り発生したスワップに税金がかからない

例えばトラリピで利用しているマネースクエアは未決済でも毎年課税されます。

スワップ運用をするなら長期保有となるので『②決済時課税』のFX会社が必須でしょう。

毎年課税される『①未決済でも課税』と『②決済時課税』のFX会社を比較すると同じ条件で毎月3万円積み立てても20年間で9千万円も差がでますΣ(・□・;)

この記事の後半でシミュレーションの条件や詳細を公開していますので、参考にしてください。


2.ヒロセ、FXプライムbyGMO、トレイダーズは決済するまでスワップに税金がかからない

わたしがスワップ運用で利用しているヒロセ通商FXプライムbyGMOトレイダーズ証券は『②決済時課税』タイプのFX会社なので、ポジションを決済しない限りは税金を支払わずにスワップを受け取り続けることができます。

わたしはスワップの高さも考慮して、南アフリカランドをヒロセ通商で、トルコリラをトレイダーズ証券、メキシコペソをFXプライムbyGMOのように3つのFX会社を併用して運用しています。

1日当たりのスワップ
(2017年7月~2018年8月の平均)
FX会社



N
Z





















ヒロセ通商
【LION FX】
50円 55円 89円 15円 11円 220円
GMOクリック証券
【くりっく365】
44円 46円 97円 17円 12円 216円
FXプライム
byGMO
32円 33円 88 13円 15円 180円
トレイダーズ証券 27円 30円 100円 15円 15円 187円
SBIFXトレード 40円 41円 87円 14円 -円 181円
GMOクリック証券
【FXネオ】
39円 40円 86 14円 -円 178
セントラル短資 34円 35円 84円 11円 -円 164円
マネースクエア 16円 17円 59円 5円 -円 97円
外為ジャパン 35円 40円 -円 13円 -円 87円
DMM FX 35円 40円 -円 13円 -円 87円
※1万通貨ごとのスワップで比較しています

スワップを見るとGMOクリック証券【くりっく365】の方が多くかつ『②決済時課税』タイプのFX会社なのですが、GMOクリック証券【くりっく365】は最低取引単位が多いため、泣く泣く諦めました(;´・ω・)

↓↓豪ドル、NZドル、南アフリカランドを運用↓↓
ヒロセ通商【LION FX】の詳細(公式HP)

↓↓トルコリラを積立↓↓
トレイダーズ証券の詳細(公式HP)

↓↓メキシコペソを運用↓↓
FXプライムbyGMOの詳細(公式HP)


最低取引単位などFX会社ごとのより詳しい比較はこちらの記事を参考にしてください。

関連記事:スワップ投資向けのFX会社を比較する


3.税金の影響をシミュレーションしてみた

実際の運用を想定して税金の影響をシミュレーションしてみました。

◆シミュレーション条件◆
  • 人気のトルコリラとメキシコペソをスワップ運用
  • 毎月3万円を入金し、トルコリラ1,000通貨とメキシコペソ10,000通貨を積み立てる
  • スワップが3万円たまるごとに追加でトルコリラ1,000通貨とメキシコペソ10,000通貨を積み立てる
  • 日々のスワップはわたしが実際に運用しているFXプライムbyGMOトレイダーズ証券の値を採用

課税比較
運用を開始した直後にはそれほど変化はないというかグラフ上ではわかりませんが、10年目を超えたあたりからはっきりと差がわかるようになり、20年経つころには、1.5倍以上の差になります。

■課税時期の違いによる年間のスワップと口座資金の違い
課税なし 課税あり
運用
期間
口座資金 スワップ
(年間)
口座資金 スワップ
(年間)
1年 ¥418,500 ¥35,100 ¥410,954 ¥27,554
2年 ¥954,000 ¥105,300 ¥923,814 ¥82,661
3年 ¥1,651,500 ¥202,500 ¥1,569,938 ¥154,724
4年 ¥2,565,000 ¥332,100 ¥2,388,519 ¥247,982
5年 ¥3,748,500 ¥494,100 ¥3,418,754 ¥362,435
6年 ¥5,283,000 ¥704,700 ¥4,715,514 ¥506,561
7年 ¥7,285,500 ¥985,500 ¥6,357,191 ¥693,077
8年 ¥9,882,000 ¥1,341,900 ¥8,422,173 ¥921,983
9年 ¥13,261,500 ¥1,811,700 ¥11,028,047 ¥1,214,474
10年 ¥17,658,000 ¥2,421,900 ¥14,315,913 ¥1,583,267
11年 ¥23,368,500 ¥3,210,300 ¥18,466,070 ¥2,049,557
12年 ¥30,789,000 ¥4,236,300 ¥23,698,008 ¥2,634,539
13年 ¥40,441,500 ¥5,575,500 ¥30,293,933 ¥3,372,125
14年 ¥52,992,000 ¥7,314,300 ¥38,614,437 ¥4,304,705
15年 ¥69,304,500 ¥9,571,500 ¥49,114,184 ¥5,483,147
16年 ¥90,513,000 ¥12,509,100 ¥62,357,580 ¥6,966,797
17年 ¥118,084,500 ¥16,326,900 ¥79,057,976 ¥8,836,196
18年 ¥153,927,000 ¥21,289,500 ¥100,124,694 ¥11,197,319
19年 ¥200,515,500 ¥27,737,100 ¥126,694,391 ¥14,173,097
20年 ¥261,081,000 ¥36,123,300 ¥160,209,441 ¥17,928,851

たとえ発生するスワップが同じでも利用するFX会社の課税タイミングが異なるだけで口座資金に1.5倍以上の差が出ます。

ある程度の差がつくことは想定していましたが、想像以上の結果ですΣ(・□・;)

スワップ運用をする際はスワップの高さだけではなく、利用するFX会社の課税時期も確認するようにしてください。

わたしが利用しているFX会社については、課税時期などのスワップに関係する詳細をこちらの記事で比較していますので、参考にしてください。

関連記事:【スワップ投資のはじめ方】スワップ向けのFX会社を比較する


それからまとまった資金がある人はまとめてスワップにつぎ込まず、ソーシャルレンディングを活用するなどして、定期的に積み立てるようにすると運用状況が安定しますよ(^^♪ 

関連記事:積立投資にソーシャルレンディングを活用する


4.スワップの積立例のご紹介

わたしのスワップの積立実績は↓↓になります。

 ★鈴(suzu)の積立実績
鈴(suzu)のスワップの積み立て実績を公開しています!




また、条件を変えてスワップ投資のシミュレーション結果を以下の記事にまとめています。
 155万円で月5万円の不労所得
毎月5万円を2年7ヵ月続ければ月5万円の不労所得に!


 元手10万円が1億になる積立方法!
必要なのは10万円だけ! 


 積立投資の威力を検証してみた
積立×複利の威力を検証!




ブログへの要望や質問はツイッター、質問箱からどうぞ。
記事の更新とトラリピをはじめとする資産運用の設定変更をお知らせする
ので良かったらフォローしてやってください(^^ゞ