fantasy-2945514_1280

2018年4月のソーシャルレンディングによる不労所得は4,324円でした(^^ゞ

ソーシャルレンディングって何?って方はこちらの記事をどうぞ。

関連記事:【実績あり】初心者にもおすすめなソーシャルレンディング5社を比較



1.1ヶ月間のソーシャルレンディングの分配金

2018年3月のソーシャルレンディングの利益をまとめました(^^♪

1ヶ月間の不労所得
運用先 今月の
分配金
累計
分配金
月利 運用額
LENDEX 806円 2,497円 0.81% 100,000円
ラッキー
バンク
1,618円 6,315円 0.81% 200,000円
クラウド
バンク
538円 2,119円 0.54% 100,000円
SBI
ソーシャル
レンディング
298円 961円 0.65% 45,812円
maneo 1,0640円 1746円 1.06% 100,000円
合計 4,324円 13,638円 0.79% 545,812円
※分配金は源泉徴収前の金額です。

運用状況については、FXや株と違い相場の変動などはないので、淡々と分配金を受け取っています

maneoの利率が非常に高いように見えますが、2018年2月分と3月分の分配金がまとめて入ったためです。
03

それを除くとやはり、ラッキーバンクとLENDEXが利率が高めですね。

それから、SBIソーシャルレンディングについては、他のソーシャルレンディング会社とは異なり、毎月元本の一部が払い戻されています。

そのため運用額を50,000円から45,812円と変更しています。 わたしの投資額だと毎月、1,396円ずつ払い戻されるようです。

SBIソーシャルレンディングのこの特徴は実際に運用をはじめるまでは気づきませんでした(^^ゞ

毎月元本の一部が払い戻されるので、全額貸し倒れになるリスクを減らせますが、後半になるにつれ、運用額が減るので、分配金が減ってしまいます。

リスク軽減を取るか、利益を取るか、この辺は好みが分かれそうです(^^ゞ

まあ、いろいろ試しながら自分にベストな貸付先を探っていきます。


2.累計分配金の遷移

受け取った分配金の累計をソーシャルレンディング会社ごとにまとめていきます。
2018年4月
今月もラッキーバンクが一番多かったですね。 申し込んでいる案件の利率が高いのと投資額が多いので当然です。

案件の利率的には

1位LENDEX

2位ラッキーバンク

他3社は同じくらいの印象です。

LENDEXラッキーバンクは年利9%くらいの案件に申し込んでいるので、源泉徴収分引いたら年利7%くらいになると思います。

他3社は年利7%くらいなので、源泉徴収分引いて年利5%くらいになるのかなと思います。

利用している5社については今のところ貸し倒れは発生していないので、個人的には利率が高く、操作画面もわかりやすいLENDEXがおすすめです。

新しいソーシャルレンディング会社なのであまり有名ではありませんが、使いやすいです。


LENDEXの詳細(公式HP)

レンデックス(LENDEX)の口座開設手順




ラッキーバンクもおすすめです

ただし、ラッキーバンクは運用期間の長い案件が多いのと人気過ぎて募集開始2分で完売してしまうので、PCに張り付く必要があるのが難点です。


ラッキーバンクの詳細(公式HP)

ラッキーバンクの口座開設手順



また、各ソーシャルレンディング会社の特徴は以下の記事にまとめているので、参考にしてください。

【実績あり】初心者にもおすすめなソーシャルレンディング5社を比較



あと全体的にソーシャルレンディングの利率が下がってきた気がします。たぶん普及してきてあまり高い利率でなくても資金が集まるようになったのだと思います。

今後は年利10%の高利率の案件はなくなってくるかもしれないですね。


3.ご案内

 サイトマップ
 トラリピでセミリタイアの歩き方


初心者にもおすすめの資産運用
 おすすめの資産運用を私の運用実績と合わせて公開


トラリピランキング
750万円の利益を出したトラリピ設定を比較


ブログへの要望や質問はツイッターからどうぞ。
トラリピ設定と記事の更新をお知らせする
ので良かったらフォローしてやってください(^^ゞ