トライオートETFの始め方

トライオートETFとは上場投資信託と呼ばれるETFを対象に自動で買って売ってを繰り返してくれる仕組みです。

しかも自動売買セレクトを利用すれば、自分で細かな設定をする必要もなく、過去の実績から優秀な設定を選ぶだけで運用できます。 

今回はわたしも運用しているトライオートETFについて、口座開設から独自の仕組みである自動売買セレクトの使い方まで解説していきます(^^♪


1.トライオートETFとは

トライオートETFとは上場投資信託と呼ばれるETFを対象に自動で買って売ってを繰り返してくれる仕組みです。 

こんなイメージですね。
トライオートETFのイメージ
そもそもETFとはなにかというと特定の指数、例えば日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)などの動きに連動する運用成果をめざし、東京証券取引所などの金融商品取引所に上場している投資信託のことです。 

ETFと投資信託の違い
ETF 投資信託
上場・非上場 上場 非上場
取引時間 取引所の取引時間中 申し込み期間の9時~15時
取引価格 リアルタイムで変動する市場価格 1日1回算出される基準価格
取引場所 証券会社 ファンドごとに販売会社が異なる

ETFと投資信託の中身自体には違いはなく、リアルタイムで取引できるのがETF、1日1回しか価格がつかないのが投資信託と思っておけばいいと思います。

あとは全体的にETFの方が投資信託より取得コストが低い傾向にあります。他にもETFや投資信託は個別の株と比べて、価格が安定しやすいという特徴があります。

個別の株ですと新技術の開発で株価が数十倍になったり、逆に倒産して価値がゼロになることやもありますが、日本平均株価やアメリカの平均株価が短期間で数十倍になったり、ゼロになる可能性はきわめて低いでしょう。
リスク分散
ニュースを見ていると分かりますが、日経平均なんかは上がったり下がったりしていますよね?

数ヶ月連続で上がり続けたり、逆に数ヶ月連続で下がり続けたりしたことはないはずです。

そんな株価の指数に対して、買って、売ってを繰り返すトライオートETFは非常に理にかなった仕組みです。

もちろんわたしも積極的に運用していて、運用実績はこちらにまとめています。

関連記事:鈴(suzu)のトライオートETF設定と運用実績

↓↓ETFが3分でわかる動画ありました!!↓↓


2.口座開設の手順

口座開設のやり方を順を追って解説します。

2-1.口座開設に必要なもの

スムーズに口座を開設するために事前に以下の4点を用意しておきましょう。

1.メールアドレス
2.銀行口座(出金用)
3.マイナンバー確認書類
4.本人確認書類

2-2.口座開設の流れ

①口座開設の流れ
トライオートETFは上記の流れで口座を開設できます。

WEBで必要事項を入力し、マイナンバーと本人確認書類を提出すれば審査を待つだけです。

2-3.必要事項の入力

必要事項を記入していきます。まずは下のバナーからインヴァスト証券のプロモーションに飛びます。

トライオートETF

次に下の画像の朱枠の【無料口座開設はこちら】をクリックします。
⓪口座開設
ここから必要事項を入力していきます。
特に難しいところはないので、正直に答えていけば問題ないと思います。

▽規約等の確認▽

規約等を確認します。
②規約の確認

▽氏名や住所の記入▽

氏名、住所、連絡先などを記入します。
③氏名や住所

▽職業と出金口座情報▽

職業と出金に利用する銀行口座の情報を記入します。
④職業、金融機関

▽投資資金や投資経験の確認▽

投資資金や投資経験を記入します。
投資未経験ではじかれたという話は聞いたことがないので、正直に答えて大丈夫です。

ただ、年収、金融資産ゼロだと流石に審査に落ちるかもしれません。
⑤投資経験の確認

▽投資目的等の確認▽

投資目的やトライオートETFに関する注意事項を確認します。
トライオートETFを開設するとトライオートFXや店頭CFDも利用できるようになるので、ETF以外の注意事項も確認します。
⑥投資目的などの確認

2-4.マイナンバー確認書類および本人確認書類の提出

マイナンバーと本人確認書類をアップロードします。

わたしはマイナンバーカードと運転免許証を提出しました。
⑦マイナンバーカード
⑧本人確認書類

2-5.取引開始

あとは審査に通ればログイン情報が郵送されてくるので、マイページにログインし、取引を開始できます。
マイページ
トライオートETFはわたしもメインで運用していますので、設定や実績も参考にしてください(^^♪

関連記事:鈴(suzu)のトライオートETF設定と運用実績

トライオートETFの詳細(公式HP)


3.自動売買セレクトの使い方

トライオートETFでは選ぶだけで運用できる自動売買セレクトを利用するのが基本です。

自動売買セレクトなら

・どのレートで買って、どのレートで売る?
・次の買い注文はどのレートに設定する?
・注文は何本にする?


など本来は自分で設定しなければならないところを選ぶだけで運用できます。

過去の実績から利益率も分かるので、優秀な設定を選べばいいと思います。

わたしがメインで運用しているナスダック100トリプル_ライジングも自動売買セレクトで大人気の設定です。

関連記事:鈴(suzu)のトライオートETF設定と運用実績


自動売買セレクトの使い方は簡単です(^^♪

①セレクト一覧から運用したい銘柄を選択

①カートに入れる1

②複数の銘柄を選んでもよい(1つでもOK)
②カートに入れる2

③複数の銘柄を合成した成績が見られる
③成績確認

④成績が気に入らなければ数量を変更してから注文
④数量変更
こうして複数の銘柄の数量を調整して自分だけのオリジナルの配分を追求することができます。

選ぶだけで運用成績のシミュレーションまでできるので初心者でも利用しやすいシステムです

また、推奨証拠金と言って必要証拠金と想定される含み損を合算した資金が表示されているので、銘柄を選んで、あとは推奨証拠金を入れておけば、よほど相場が急変しない限り運用できます。

ほんとうに初心者向けのユーザビリティが優れたシステムです。

口座を開設して自動売買セレクトを体感する


わたし自身も自動売買セレクトでナスダック100トリプル_ライジングを運用しています(^^ゞ

▼わたしの設定と実績はこちら▼
ナスダック100トリプル_ライジング
関連記事:鈴のトライオートETF設定と運用実績


4.【おまけ】トライオートFXと組み合わせる

自動売買セレクトはトライオートFXと呼ばれるFXの自動売買と組み合わせることができます。

↓↓トライオートFXの詳細はこちら↓↓ 
関連記事:【トライオートFXの始め方】自動売買セレクトを解説


為替(FX)と株(ETF)という異なる特性をもつ指標を組み合わせることで、より安定性を高めることができる仕組みです。

現状ではFXとETFで運用口座が別なのが不便ですが、わたしはFX・ETFともに積極的に運用しています。 
トライオートFX週次報告20190218
関連記事:鈴(suzu)のトライオートFX設定と運用実績


一応コンポジットといって、FXとETFを同時に発注する仕組みもありますが、口座が分かれている状態で一緒に発注するとリスク管理がややこしくなるので、利用するのはやめておいた方がいいと思います。

・コンポジット
⑤
わたしはFXとETFは個別に発注しています(^^ゞ

自動売買セレクトはETF、FXともに、非常に高性能なので、ぜひ触ってみるといいと思います。

「大損したらどうしよう」という人はまずは3万円で、トライオートETF(ナスダック100トリプル_ライジング)を始めてみてください(^^ゞ

トライオートETFの詳細(公式HP)

トライオートFXの詳細(公式HP)


5.トライオートETFのサイトマップ

ここから先はトライオート関連の内部リンクをまとめてあります(#^.^#)

▶トライオートETFの始め方
口座開設のやり方と自動売買セレクトの使い方

▶トライオートETFの運用実績
週次報告(カテゴリー)
月次報告(カテゴリー)

▶トライオートETF設定
鈴(suzu)のトライオートETF設定と運用実績

▶その他トライオートETF関係
元手ゼロでもポイントだけで積立投資ができるインヴァストカード
鈴のトライオートFX設定と運用実績


▼Twitterでも情報を発信中▼