鈴(suzu)のループイフダンリアルトレード

ループイフダンとはFXの投資信託とも呼ばれ、選ぶだけで運用できる非常にシンプルなFX自動売買です。

この記事ではわたしが実際に運用しているループイフダンの運用実績をまとめています(#^.^#)

設定はもちろん、現在の利益や運用に必要だった資金も公開しているので、わたしと全く同じ運用をすることもできます。

▶この記事で分かること
  • ループイフダンの運用実績
    月1万円の不労所得
  • 現在のループイフダン設定
    ⇒3通貨ペアを運用中
  • 運用に必要だった資金
    ⇒運用実績だと40万円(僅かな下落でロスカット)
    ⇒わたしは余裕を見て100万円で運用中

↓ループイフダンの事が2分で分かる動画↓

※ひまわり証券の動画ですが、仕組みはアイネット証券も一緒です。

関連記事:【ループイフダンの始め方】口座開設から設定方法まで解説 


また、現在アイネット証券とタイアップ中ですので、口座開設特典の限定レポートも貰っちゃってください(^^ゞ

\今なら限定レポートが貰えます(^^♪/
アイネット証券
関連記事:鈴(suzu)×ループイフダンの限定キャンペーン



1.ループイフダンの運用実績の推移

下の図はループイフダンにおける通貨ペアごとの累計利益と実現損益の推移を表しています(^^♪
ループイフダン20190211

▶ループイフダンの運用実績
  • 累計利益:+136,120円
  • 実現損益:+5,599円
わたしはループイフダンを100万円で運用し、月1万円の不労所得を得ています。

グラフを見ると累計利益が増えており、順調に利益が積み重なっているのが分かると思います。

実現損益(全てのポジションを決済した時の損益)については、プラスとマイナスを繰り返していますが、ループイフダンをはじめとする自動売買は下落して含み損が多くなる⇒相場が回復して決済益が出る⇒下落して含み損が多くなる⇒…を繰り返して利益を増やしていきます。
自動売買の含み損と利益の関係
回復するときにがっつり利益を得られるはずなので、ロスカットしない範囲で下落してくれた方が利益は狙えます(^^♪


2.ループイフダンの運用方針

まず前提として相場の上り下がりは予想できないと考えて、どう動いてもいいように広いレンジでループイフダンを設定します(^^♪

その上でハーフ&ハーフの考え方を採用して、レンジの上半分を売り設定、下半分を買い設定で運用していきます。

ハーフ&ハーフとは主にトラリピを仕掛ける際のテクニックの一つで仕掛けるレンジ(範囲)の上半分に売り、下半分に買いを設定する手法です。
ハーフ&ハーフ_2
ハーフ&ハーフを活用することで必要な運用資金を半分以下に抑えることができます。

ハーフ&ハーフの詳しい説明はこちらの記事を参照してください。

関連記事:【トラリピハーフ&ハーフ】必要資金が劇的に少なくなる必須テクニック


ただし、シンプルで低コストが魅力のループイフダンは、シンプルゆえにレンジをわけて買いと売りを設定するようなことはできません。

そのため少し手間はかかりますが、買いレンジから売りレンジ、売りレンジから買いレンジに変わるときは手動で運用するループイフダンを変更する必要があります。


3.鈴のループイフダン設定を公開

わたしが実際に運用しているループイフダンの設定をまとめました(^^♪

3-1.ユーロ/米ドルのループイフダン設定(50万円)

2018年5月7日から運用しているユーロ/米ドルのループイフダンです。
ループイフダンユーロ米ドル

必要目安資金が50万円程度となる設定で、運用開始時のレートはおよそ1.180ドルでした。

それではなぜこのような設定にしたのか解説していきます。

以下はユーロ/米ドルのチャート図です。
ユーロ米ドル
チャートを見るとおおよそ1.050ドル~1.350ドルの間で推移していますので、ユーロ/米ドルは1.050ドル~1.350ドルのレンジ相場だと仮定して、買って、売ってを繰り返すループイフダンを仕掛けていきます。

ハーフ&ハーフなのでちょうど中心の1.200ドルを境界にして、『1.200ドル~1.350ドルを売り』、『1.200ドル~1.050ドルを買い』として、ループイフダンを仕掛けます。
ユーロ米ドルチャート
実は2000年代前半を含めるともっと広いレンジを想定する必要があるのですが、ユーロは2002年に現金が発行された比較的歴史の浅い通貨です。

そのため、発行直後からの数年間はあまり参考にならないと判断してこのレンジを設定しました。

今後の値動きの推移を見ながらレンジを広げる必要があれば設定を修正していく予定です。

また、1.200ドルちょうどで買いと売りを切り替えることは現実的ではないので、1.220ドルよりも上昇するようなら買いのループイフダンを停止して、売りのループイフダンに切り替えます。

その後、1.180ドルよりも下落するようなら今度は売りのループイフダンを停止し、買いのループイフダンに切り替えます。

1.200ドル付近を推移しているときはメンテナンスが必要になります。

3-2.豪ドル/円のループイフダン設定(40万円)

2018年5月7日から運用している豪ドル/円のループイフダンです。
ループイフダン豪ドル円

必要目安資金が40万円程度となる設定で運用開始時のレートはおよそ81円でした。

それではなぜこのような設定にしたのか解説していきます。

まず以下は豪ドル/円のチャートです。
豪ドル円
チャートを見るとおおよそ70円~100円の間で推移していますので、豪ドル/円は70円~100円のレンジ相場だと仮定して買って、売ってのループイフダンを仕掛けていきます。

ハーフ&ハーフなので、ちょうど中心の85円を境界にして、『100円~85円を売り』、『85円~70円を買い』として、ループイフダンを仕掛けます。
豪ドル円チャート
豪ドル/円は実際にはもっと広いレンジで推移しているのですが、2008年のリーマンショック前後は値動きが激しすぎるので、一旦はレンジから除外しました。

今後の値動きの推移を見ながらレンジを広げる必要があれば設定を修正していく予定です。

また、85円ちょうどで買いと売りを切り替えることは現実的ではないので、87円よりも上昇するようなら買いのループイフダンを停止して、売りのループイフダンに切り替えます。

その後、83円よりも下落するようなら今度は売りのループイフダンを停止し、買いのループイフダンに切り替えます。

85円付近を推移しているときはメンテナンスが必要になります。

3-3.豪ドル/米ドルのループイフダン設定(25万円)

2018年7月16日から運用している豪ドル/米ドルのループイフダンです。
豪ドル/米ドルは積み重なった利益で運用を開始しました。
ループイフダン豪ドル米ドル
必要目安資金が20万円程度となる設定で運用開始時のレートはおよそ0.74ドルでした。

それではなぜこのような設定にしたのか解説していきます。

まず以下は豪ドル/米ドルのチャートです。
豪ドル米ドル
チャートを見るとおおよそ0.700ドル~1.000ドルの間で推移していますので、豪ドル/米ドルは0.700ドル~1.000ドルのレンジ相場だと仮定して買って、売ってのループイフダンを仕掛けていきます。

ハーフ&ハーフなので、ちょうど中心の0.850ドルを境界にして、『1.000ドル~0.850ドルを売り』、『0.850ドル~0.700ドルを買い』として、ループイフダンを仕掛けます。
豪ドル米ドルチャート
豪ドル/米ドルは実際にはもっと広いレンジで推移しているのですが、2008年に発生したリーマンショック直後は値動きが激しすぎるので、一旦はレンジから除外しました。

今後の値動きの推移を見ながらレンジを広げる必要があれば設定を修正していく予定です。

また、0.850ドルちょうどで買いと売りを切り替えることは現実的ではないので、0.870ドルよりも上昇するようなら買いのループイフダンを停止して、売りのループイフダンに切り替えます。

その後、0.830ドルよりも下落するようなら今度は売りのループイフダンを停止し、買いのループイフダンに切り替えます。

0.850ドル付近を推移しているときはメンテナンスが必要になります。

3-4.ループイフダン設定の補足

各設定を運用するために必要な資金は以下のようになっています。

▶運用に必要な資金
  • ユーロ/米ドル:50万円
  • 豪ドル/円:40万円
  • 豪ドル/米ドル:25万円
  • 合計:115万円
ただし、わたしは合計100万円程度の資金で運用しています。

それは上記の必要資金(必要目安資金)は想定するレンジ下限まで行ったときに必要な資金だからです。

実際に運用していると分かりますが、ユーロ/米ドルが下落したときでも豪ドル/円にはさほど影響が無かったり、逆に上がったりします。

そのため、全ての通貨が同時に安値を更新する可能性は低いと考え、少なめの資金で運用しています

ただし、確実に大丈夫とは言い切れないので、心配な場合は必要目安資金通り、115万円を用意するようにしましょう(^^♪

わたしもいざというときは資金を追加するつもりです。

また、ループイフダンの設定を変えたときはTwitterで発信するので、気になる人はフォローしておいてください(^^ゞ 





4.運用に必要だった資金の検証

運用資金の目安を紹介しましたが、目安資金は運用している通貨ペアが全て同時に想定するレンジ下限まで下落した場合に必要となる資金です。

ただし、全ての通貨ペアが同時に最安値を更新する可能性は低いので、運用実績から本当に必要だった資金を検証してみました。

ロスカットさせないためには

口座への入金必要額』+『累計利益』>『証拠金』+『含み損益

となるように資金を用意する必要があります。

運用に必要だった資金
運用月 口座への
入金必要額
累計利益 証拠金 含み損益
2018/05 319,352円 12,655円 311,910円 -20,097円
2018/06 311,924円 25,758円 311,910円 -25,772円
2018/07 362,048円 38,175円 374,800円 -25,423円
2018/08 388,694円 53,025円 374,800円 -66,919円
2018/09 387,395円 66,442円 374,800円 -79,037円
2018/10 390,778円 80,601円 374,800円 -96,579円
2018/11 364,246円 94,823円 374,800円 -84,269円
2018/12 395,258円 121,242円 374,800円 -134,928円
2019/1 361,477円 130,976円 374,800円 -117,653円

口座への入金必要額
:口座に入金する必要がある金額
累計利益:今までの利益の合計
証拠金:取引する際に必要となる担保金
含み損益:保有ポジション全決済した際に発生する損失または利益


ロスカットされずに運用するには『証拠金』と『含み損益』を合わせた金額より多くの資金が口座に残っている必要があります。

2018年12月の『含み損益(134,928円)』が最大となっているので、

口座への入金必要額』+『累計利益(121,242円)』>『証拠金(374,800円)』+『含み損益(134,928円)』を満たすために

口座への入金必要額(395,258円)

が必要になります。 
運用資金
ただし、各月の含み損はもっとも含み損が多かった週末の値にしていますので、瞬間的にはそれ以上の含み損が発生していた可能性があります。

当然わたし自身もこの金額では運用せずに、余裕を持って資金を投入しています。

▼2019年2月2日時点▼

・口座状況 
ループイフダン_口座状況20190128

5.通貨ペアごとの利益率の比較

運用に必要だった資金(その時点での口座への入金必要額)で運用した場合のループイフダンの利益率を比較しました。

利益率
運用月 ユール/米ドル 豪ドル/円 豪ドル/米ドル
2018/05 3.41% 4.87% -
2018/06 4.07% 4.16% -
2018/07 2.44% 4.78% 2.91%
2018/08 3.19% 4.32% 4.04%
2018/09 1.85% 6.02% 2.56%
2018/10 2.55% 5.43% 2.48%
2018/11 2.78% 4.88% 2.47%
2018/12 1.26% 9.92% 5.88%
2019/1 3.36% 5.06% 3.48%
平均 2.77% 5.49% 3.40%

2019年1月までの実績では豪ドル/円が一番パフォーマンスがいいですね。

月利5%とちょっと異常なほど好調です。

また、グラフにするとこんな感じです。
利益率201812
ただ今後、含み損が大きくなればもう少し利率は大人しくなるかなという気がします。

流石に今の数値は運が良すぎだと思います(^^ゞ

ループイフダンの詳細(公式HP)


6.『シストレちゃんねる』で連載中

解説したループイフダンの運用実績ですが、実はアイネット証券が運営する『シストレちゃんねる』というポータルサイトで連載しています。

このブログでは月に1回の報告ですが、シストレちゃんねるでは『鈴(suzu)のループイフダン リアルトレード』というタイトルで毎週更新しているので、興味がある人はそちらも確認してみてください(^^♪

外部リンク:シストレちゃんねる 

また現在、アイネット証券とタイアップしており、わたしのブログから口座を開設して、初回10万円入金すると、マル秘レポート【鈴(suzu)のループイフダン指南書】がもらえます!! 

\今なら限定レポートが貰えます(^^♪/
アイネット証券

口座を開設していない人はついでにレポートも貰っちゃってください(^^ゞ

関連記事:鈴(suzu)×ループイフダンの限定キャンペーン


7.FX自動売買のサイトマップ

ここから先はトラリピ関連の内部リンクをまとめてあります(#^.^#)

▶FX自動売買の始め方
FX自動売買の選び方
ループイフダンの始め方
トラッキングトレードの始め方
トラリピの始め方
トライオートFXの始め方

▶FX自動売買の設定
自動売買比較の設定
鈴のループイフダン設定
鈴のトラッキングトレード設定
鈴のトラリピ設定
鈴のトライオートFX設定

▶その他FX自動売買関係
ロスカットレートが分かるトラリピ運用試算表
トラリピとループイフダンを比較
トラリピとトラッキングトレードを比較
トライオートFXで鈴のトラリピ設定を再現


▼Twitterでも情報を発信中▼