株式型クラウドファンディングタイトル

また、新しい投資に手を出してしまいました(^^ゞ

今回は株式型クラウドファンディングです。

株式型クラウドファンディングとは

わたしが普段利用しているソーシャルレンディングは融資型クラウドファンディングと呼ばれています。

ソーシャルレンディング
maneoより引用)

関連記事:【実績】初心者にもおすすめなソーシャルレンディング5社を比較


今回、挑戦するのは”株式型”クラウドファンディングです。

ソーシャルレンディングはお金を貸して利息(お金)を受け取りますが、株式型クラウドファンディングはお金を貸して株式を受け取ります。

しかも未上場企業の株式を受け取ることができます。

これってつまりIPO(新規公開株)より前に株を受け取れてしまうわけですΣ(・□・;)
株式型クラウドファンディング

皆さんIPO(新規公開株)ってやったことありますか?

わたしもトラリピの追加資金として余っているお金でちょくちょく申し込んでいます。 (ここ1年くらいはやっていませんが。。。)

あれって滅多に当たらないんですよね。

色々な証券会社から申し込んでも1年で1回とか2回とかそんなもんです。

でもこの株式型クラウドファンディングなら先着順で買えます。

上場した際には株価が数十倍になることも珍しくない株が手に入ってしまうんです。





ただ、もちろんそんなうまい話はありません。

大きなリスクとしてそもそも上場しない可能性があります。

つまりお金集めて、頑張ったけどやっぱダメでしたってパターンですね(^^ゞ

これは普通にあり得ますよね。

もちろん事業者側で選別はしていますが、それでも上手く行く企業を確実に見抜けるなんてはずはありません。

そして事業の立ち上げに失敗してしまえば株式は紙切れ同然になってしまいます。

また、上手く行くにしてもそれが1年後なのか10年後なのかわかりません。

仮に上場が10年後ならそれまでは取引所で扱われていない株なので、換金するのは非常に難しいでしょう。

というわけでこれは投資というよりも『応援』とか『支援』みたいなイメージです。

募集をかけている事業内容をみて「頑張って欲しいな」とか「これ実現できたらすごい」みたいな企業に出資するイメージだと思います。

とりあえず発展中の業界で奇をてらってもしょうがないので有名どころのエメラダ・エクイティFUNDINNO(ファンディーノ)に申し込んでみました。

どちらも10数万円くらいから出資できるみたいです。

とはいえ、この投資は損失額こそ限定されていますが、ハイリスクハイリターンです。

出資したお金がゴミになるか数十倍になるかみたいな感じです。

そのため初心者お断りで、投資経験がない人はダメとのことです。 

実際に結構審査に落ちている人がいるみたいです。 

あとは投資の動機とか選択する欄があったので、そこで短期間で儲けたいみたいな選択をすると落ちるかもです。

エメラダ・エクイティの投資目的の設問
エメラダ投資目的

FUNDINNO(ファンディーノ)の投資目的の設問

ファンディーノ投資目的

私はとりあえず2社とも審査に通ったので、案件を吟味して応援したい企業があったら出資していこうと思います。

ただ、これ成果が出るのは数年後ですし、初心者向けではないので、応援した企業があれば寄付のつもりで、出資するのがいいと思います。 

宝くじ感覚で出資するのはやめましょうね(^^ゞ

エメラダ・エクイティの詳細(公式HP)

FUNDINNOの詳細(公式HP)



初心者が企業に融資したいならソーシャルレンディングがおすすめです。

これなら短い案件なら数ヶ月で資金が返ってきます。

関連記事:【実績】初心者にもおすすめなソーシャルレンディング5社を比較


ブログへの要望や質問はツイッターからどうぞ。
記事の更新とトラリピ設定の変更などをお知らせする
ので良かったらフォローしてやってください(^^ゞ