自動売買のロスカットが分かるトラリピ運用試算表の使い方

わたしは5つの自動売買を実際に運用しています(^^♪

関連記事:【実績まとめ】人気のFX自動売買5つを比較検証中

今回はわたしが自動売買で設定を組むときに必ずやっている事前準備を紹介します。

これをやるのとやらないのとでは自動売買に対する理解が全く違ってくるので、ぜひ実践してください。


1.トラリピ運用試算表を活用する

トラリピ運用試算表とはトラリピのマネースクエアで提供されているリスク管理のツールです。

そもそもトラリピって何って人はこちらの記事をどうぞ。

関連記事:【トラリピのはじめ方】トラリピとは?

・トラリピ運用試算表
運用試算表_トラリピ買い
マネースクエアで口座を開設すれば無料で利用することができるのに非常に便利なツールです。

使い方も簡単で、トラリピを設定するために必要な情報を入力すればレートがどの水準まで来たらロスカットされるのか分かります。 

試しにわたしが実際に運用している以下の設定を入力してみましょう!!

・設定
トラリピ買い

・トラリピ運用試算表の結果
運用試算表_トラリピ買い
1.0532ドルでロスカットすることが分かります。

注文は1.0560ドルまでなので、ギリギリですがOKでしょう(^^♪

ちなみにこの設定を30万円で運用しようとするとこうなります。
失敗例
1.1011ドルでロスカットとなりますので、かなり危険な運用になりますね。

このシミュレーションは1.20ドルから1回もリピートせずに下落し場合のロスカット値なので、実際は今1.20ドルではなですし、1回もリピートしないなんてこともないので、もっと下の水準まで下落しても耐えることもできます。

それでも安全を考えて、仕掛けるレンジ幅より下の値に【東京15時ロスカット】が来るように資金を調整するのが常道です。

あとわたしの場合はハーフ&ハーフで買いと売りを設定しているので、売り側の設定もトラリピ資産運用表で計算しておきます。

関連記事:【トラリピのテクニック】含み損を劇的に抑えられるハーフ&ハーフとは 

・売り設定
トラリピ買い

・トラリピ運用試算表の結果
運用試算表_トラリピ売り
東京15時ロスカットは1.3449ドルとレンジ上限の1.3480ドルを上回っていますので、OKですね。

売りの場合は、買いのときとは逆でレンジの上方にロスカット値がきます。 

このようにトラリピを運用する際には必ず『トラリピ運用試算表』を使って

①どのくらいの資金が必要なのか?
②どのくらいでロスカットするのか?


を確認するようにしています。

しかもこのトラリピ運用試算表はトラリピ以外の自動売買でも活用できるのです。

ここからはわたしが運用している5つの自動売買で、どうやってトラリピ運用試算表を活用するのか紹介していきます。

わたしが運用している自動売買
トラップ
トレード
特徴
ループイフダン
  • 一番初心者向け
  • 選ぶだけで運用できる
  • シンプルゆえに細かな設定はできない
  • 手数料は1番安い
トラッキングトレード
  • 2番目に初心者向け
  • ループイフダンでは物足りない人向け
  • 値幅を細かく調整したくなったらこれ
  • 手数料は同率2位
サイクル2
  • 中級者向け
  • トラッキングトレードでは物足りない人向け
  • 買いと売り両方を同時に使いたくなったらこれ
  • 手数料は同率2位
トラリピ
  • 中級者向け
  • 上記3つでは物足りない人向け
  • 値幅と利益幅を変えたくなったらこれ
  • 手数料は最下位
トライオートFX
  • 上級者向け
  • トラリピでは物足りない人向け
  • FXの最終形なので何でもできる
  • 初心者には使いこなせないかも
  • 手数料は同率2位
※コストは1,000通貨当たりの米ドル/円の場合で比較しています。

↓各自動売買の詳細はこちらの記事で解説しています。↓
関連記事:人気のFX自動売買トラップトレード5つの特徴を比較


2.トラリピ運用試算表を他の自動売買に適用する

大抵の自動売買には資金の目安が分かる仕組みが用意されています。

そのため、成績が良かったものを選んで、用意された目安の通りに資金を入金しておけばとりあえず運用はできます。

ただ、どれくらいの暴落でロスカットするのかが分からないので、暴落した際は「よくわからないけど何かロスカットしてる」という状態になります。

もしロスカット水準を把握していて、10万円追加で入金していたらロスカットされなかったかもしれません。。。

そういったことにならないためにもというのもありますが、わたしとしては『自分が運用しているお金がどれくらいのリスクなのかわからない』というのは正直怖いので、かならず『トラリピ運用試算表』リスクを確認しています。

①ループイフダン

まずは最も初心者向きの自動売買ループイフダンです。

わたしが実際に運用しているこの設定で確認していきます。

・設定
ループイフダンユーロ米ドル

入力方法
トラリピ運用試算表 ループイフダン
通貨ペアは? 売買システム
運用予定額は? 必要目安資金
仕掛けるレンジ幅は? 運用開始時のレート※
1本あたり何通貨? 取引数量
1本1本を何ドルおきに? 売買システム(B40)
合計で何本並べる? 最大ポジション数
1回のリピートでねらう利益は? 売買システム(B40)
ストップロス設定は? 損切り設定
現在のレートは? そのままでOK
※運用通貨ペアの運用開始時点のレートを入力する

・トラリピ運用試算表
運用試算表_ループイフダン
設定レンジの下限は1.0460ドルでロスカットは1.0428ドルとイイ感じですね(^^♪

やってみると分かりますが、ループイフダンの資金目安はレンジ加減でもギリギリロスカットしない資金に設定されています。


②トラッキングトレード

続いて値幅を調整できるトラッキングトレードです。

わたしが実際に運用しているこの設定で確認していきます。

・設定
トラッキングトレード

入力方法
トラリピ運用試算表 トラッキングトレード
通貨ペアは? 通貨ペア
運用予定額は? 対象資産
仕掛けるレンジ幅は? 運用開始時のレート※
1本あたり何通貨? 注文ロット
1本1本を何ドルおきに? ポジション間隔
合計で何本並べる? 注文数
1回のリピートでねらう利益は? ポジション間隔
ストップロス設定は? -
現在のレートは? そのままでOK
※運用通貨ペアの運用開始時点のレートを入力する

・トラリピ運用試算表
運用試算表_トラッキングトレード
設定レンジの下限は1.0460ドルでロスカットは1.0428ドルとイイ感じですね(^^♪

やってみると分かりますが、トラッキングトレードは対象資産から値幅が算出されるので、レンジ加減でもギリギリロスカットしない資金に設定されています。


③サイクル2

続いて1回の注文で買いと売りが注文できるサイクル2です。

わたしが実際に運用しているこの設定で確認していきます。

・設定
サイクル2

入力方法
トラリピ運用試算表 サイクル2
通貨ペアは? 通貨ペア
運用予定額は? 対象資産
仕掛けるレンジ幅は? 【中心レート-値幅】
1本あたり何通貨? 数量
1本1本を何ドルおきに? 注文ターゲットレートから算出
合計で何本並べる? 最大ポジション数
1回のリピートでねらう利益は? ポジション間隔
ストップロス設定は? -
現在のレートは? そのままでOK

・トラリピ運用試算表
運用試算表_トラッキングトレード_サイクル2買い
レンジ下限1.06ドルに対して、ロスカット1.0519ドルと問題ない水準ですね(^^♪

ちなみにサイクル2のワイド注文の場合は同じ要領で売りも確認しておきましょう。

 

④トライオートFX

最後は何でもできるトライオートFXです。

わたしが実際に運用しているこの設定で確認していきます。

・設定
トライオートFX設定1
トライオートFX設定2

入力方法
トラリピ運用試算表 トライオートFX
通貨ペアは? 通貨ペア
運用予定額は? 項目なし(運用したい金額)
仕掛けるレンジ幅は? 初回注文額+想定レンジ幅
1本あたり何通貨? 取引額
1本1本を何ドルおきに? 想定レンジ÷注文本数
合計で何本並べる? 注文本数
1回のリピートでねらう利益は? 利確幅
ストップロス設定は? -
現在のレートは? そのままでOK

・トラリピ運用試算表
運用試算表_トラッキングトレード_トライオートFX買い
ちょっと難しいですね(^^ゞ

ただ、初心者がトライオートFXのカスタムをやることはないので、まあいいでしょう。

実際は数字を変更しながら調整することになると思います。

わたしも一発でこの設定をいれたわけではなく想定レンジ幅とか初回注文額とかいじりながら注文しました。


3.自動売買運用前にやるべきことまとめ

各自動売買のリスクを確認して分かったと思いますが、用意された『資金目安』やら『推奨証拠金』で運用すれば問題ない水準になっています。

そのため、やらなくても特に問題はないのですが、何もわからずに言われた通りにしかやっていない人は応用が何もできません。

これを理解して運用している人は他の通貨も複数運用したり、もっと応用のきく別の自動売買を利用したりと運用の幅が広がります。

言われた通り運用するのではなく自分で選ぶことができるようになりますので、例えば設定が簡単なループイフダンを専門にしている人も是非『トラリピ運用試算表』で自分のリスクを確認してみてください。

ちなみに現在、『鈴(suzu)×トラリピ』の限定キャンペーン中なので、わたしのブログから口座を開設した上で条件を満たすと、マル秘レポート【ブログに書けない『鈴(suzu)のトラリピ設定』の真実】がもらえます!!

マネースクエア

口座開設がまだの人はついでにレポートももらっちゃってください(^^ゞ

関連記事:鈴(suzu)×マネースクエア(トラリピ)の限定キャンペーン!



ブログへの要望や質問はツイッター、質問箱からどうぞ。
記事の更新とトラリピをはじめとする資産運用の設定変更をお知らせする
ので良かったらフォローしてやってください(^^ゞ