地球儀1

2018年7月の株価指数CFDによる不労所得は-7,800円でした(^^ゞ

予想できたこととは言え、7月はFTSE100の配当金が2番目に少ない月なので、金利の支払いでマイナスになっちゃいましたね(^_^;)

また、株価指数CFDの概要を詳しく知りたい方はまずはこちらの記事をどうぞ!

関連記事:【株価指数CFDのはじめ方】株価指数CFDとは



1.1ヶ月の株価指数CFD不労所得

1ヶ月の株価指数CFD不労所得
株価指数 保有数 配当金 累計
配当金
含み損益
日経225 1単位 145円 55,226円 359,700円
NYダウ 0単位 0円 127,569円 0円
FTSE100 35単位 -7,945円 715,796円 1,374,000円
合計 36単位 -7,800円 898,591円 1,733,700円
※金利の支払いを差し引いて配当金を算出しています。

2018年7月はマイナスでした(^^ゞ

7月は1月に続いてFTSE100の配当金が少ない月なので、仕方がないですね。

ただし、配当が出ない代わりに含み益がどんどん増え、時価残高は260万円超えと過去最高を記録しました\(^o^)/

しかも、8月はFTSE100の配当金が最も多い月なのです!!
配当金

わたしはFTSE100を35枚保有しているので、月20万程度の配当益が期待できます(#^.^#)

ただ、FTSE100はまだ十分高値の水準にいるので、8月の配当金が多いからって、あまり買い過ぎないように注意しないといけません。

FTSE100を積み立てたときはタイミングと金額をツイートするようにしているので、知りたい人はTwitterをフォローしておいてください(#^.^#)




また、今までの積立実績と月ごとの成績はこちらの記事にまとめているので、株価指数CFDをはじめる場合は参考にしてください。

関連記事:鈴(suzu)の株価指数CFD運用実績


それから口座状況はこんな感じです。
株価指数CFD201807
ブログでは岡三オンライン証券をおすすめしていますが、実はマネースクエアで運用しています。

別にマネースクエアがおすすめなわけではなく、ポジション取り直すのが嫌だなーと躊躇していたらここまでずるずると来てしまいました。。。


岡三オンライン証券の詳細(公式HP)

⇒株価指数CFDをはじめるなら岡三オンライン証券がおすすめ!!


2.累計配当金と時価残高の推移

下の図は株価指数CFDの累計配当金時価残高累計配当金含み損益)の推移を表しています(´∀`) 

株価指数CFD月次2018年7月

金利の支払いが発生することから2017年12月にNYダウをすべて決済しました。
金利についてはこちらの記事で解説しています。

関連記事:【実績】株価指数CFDで想定以上の金利負担が発生
 

配当金が順調に増えてきているので、このままFTSE100を積み立てていきます。

株価指数CFDは配当金だけでなく値上がり益も期待できるので、積み立てるのが楽しいです(^^♪

また、積立投資はソーシャルレンディングと相性がいいので、まとまった資金がある人は組み合わせて運用するとより、運用効率が上がります

関連記事:積立投資にソーシャルレンディングを活用する


3.FTSE100を中心に積み立てている理由

株価指数CFDでは4つの銘柄を積み立てることができますが、わたしはそのうちのFTSE100を中心に積み立てています。

その理由は単純で一番配当金の利率がいいからです(#^.^#)

1年間の配当予想額(2018年7月時点)
銘柄 必要
証拠金
配当金 金利 合計 年利
日経225 96,000円 40,983円 0円 40,983円 42.69%
NYダウ 106,000円 56,397円 -56,420円 -23円 -0.02%
DAX 54,000円 0円 -2,404円 -2,404円 -4.45%
FTSE100 32,000円 31,408円 -7,360円 24,048円 75.15%
※買いポジションのときは配当金を受け取って金利を支払います。
※必要証拠金を必要資金として年利を計算しています。

年利を比較するとFTSE100が圧倒的であることが分かります。

実際には必要証拠金以外に下落時の含み損を考慮した余裕資金が必要となりますが、それでも非常に高い利率をほこっています。

また、上記4銘柄は複数の有名企業を対象とした株価の指数なので、長い目で見ると右肩上がりの傾向にあります。

・FTSE100のチャート(約10年分)
FTSE100

そのため、FTSE100を積み立てると値上がり益と配当金のダブルの利益を得ることができます

株価指数CFDは無理せず淡々と積み立てていけば、非常に魅力的な不労所得になると思います(#^.^#)


岡三オンライン証券の詳細(公式HP)
 ⇒株価指数CFDをはじめるなら岡三オンライン証券がおすすめ!!


ここから先は『株価指数CFDのはじめ方』や『積立例』など株価指数CFD関連の内部リンクをまとめています。セミリタイアに向けて参考にしてください(#^.^#)


4.株価指数CFDのはじめ方

株価指数CFDをはじめるにあたり、株価指数CFDの概要から実際に口座を開設し、配当金を受け取るまでの流れを下の記事にまとめました。

セミリタイアに向けて不労所得を得たいと考えている方は参考にしてください。

 ①株価指数CFDとは
株価指数CFDの概要と魅力を解説しています


 ②口座開設の仕方
口座開設の手順をスクショ付きで解説しています


 ③株価指数CFDの買い増し方
株価指数CFDの買い増す条件を解説しています


 ④配当金の受け取り方
配当額を減らさずに配当金を受け取る方法を解説しています




5.株価指数CFDの積立例のご紹介

わたしの株価指数CFDの積立て実績は↓↓になります。

 ★鈴(suzu)の運用実績
鈴(suzu)の株価指数CFDの積み立て実績を公開しています!


また、株価指数CFDをいくつかの条件で積み立てた場合の配当金、口座残高の推移を以下の記事で掲載しています。 参考にしてください(´∀`)

 30万円で月10万円の不労所得
必要なのは元手30万円と年月だけ 


 元手10万円が1億になる積立方法!
10万円を用意したらひたすら複利運用していくだけ 


 積立投資の威力を検証してみた
積立×複利のとんでもない威力 



ブログへの要望や質問はツイッター、質問箱からどうぞ。
記事の更新とトラリピをはじめとする資産運用の設定変更をお知らせする
ので良かったらフォローしてやってください(^^ゞ