スワップ月次実績

2018年8月のスワップによる不労所得は50,595円でした(^^ゞ

先月約5万円の不労所得を生み出したわたしのスワップの積立状況もこの記事の最後に公開しているので、セミリタイアに向けた参考にしてください(^O^)

そもそも、スワップって何?って方はまずはこちらの記事をどうぞ!

関連記事:【スワップ投資のはじめ方】スワップ向けのFX会社を比較する


1ヶ月間のスワップ不労所得


1ヶ月間のスワップ不労所得
通貨ペア 保有数 月次スワップ 累計スワップ 含み損益
AUD/JPY 8,000通貨 1,215円 8,095円 -44,524円
NZD/JPY 5,000通貨 725円 8,002円 -27,895円
TRY/JPY 66,000通貨 17,085円 124,511円 -771,756円
ZAR/JPY 260,000通貨 12,899円 83,999円 -272,730円
MXN/JPY 470,000通貨 18,671円 92,568円 28,610円
合計 809,000通貨 50,595円 317,193円 -1,088,295円

2018年8月のスワップ収入は約5万円でした(#^.^#)

メインで積み立てている、トルコリラ、南アフリカランド、メキシコペソは毎月1万円を超えるスワップ収入になっています。

これで何もしなくても毎月約5万円のお小遣いが手に入ります(^^♪

含み損益については、メキシコペソ/円以外はマイナスです。

それでもスワップ運用については、積み立てている間はある程度含み損があるくらいの方が安く積み立てられるので、全く問題ないです。

と言いたいのですが、流石にここまで一方的に下落すると心配になります。

わたしがやる分には構わないと思うんですが、これ人に勧めていいんだろうか?とちょっと悩んでいます(^^ゞ

ただ、よく見てもらうと分かるんですが、含み損の7割以上はトルコリラなんですよね。

わたしは、積立初期にトルコリラを多めに積み立てているので、含み損がかなり多くなってしまっていますが、今の積立方針に沿ってちょっとずつ積み立てる分にはそこまで危なくないのかなとも思います。

といいつつもトルコリラが超ハイリスクなことは一目瞭然なので、トルコリラを積み立てずに豪ドルを積み立てたり、メキシコペソの積立量を増やしたりするもの”あり”だと思います。

わたし自身も9月からは月のスワップが5万円を超えた事ですし、

・豪ドル/円:1,000通貨(2万円)
・南アフリカランド/円:20,000通貨(4万円)
・トルコリラ/円:1,000通貨(1万円)
・メキシコペソ/円:20,000通貨(3万円)


として、トルコリラを3,000通貨から1,000通貨に減らして、豪ドルを積み立てようかなと考えています。

それから2018年8月からヒロセFXプライムbyGMOトレイダーズ証券の3社を併用して、通貨を積み立ています(^^♪

現状は、同じ通貨を複数のFX会社で積み立ててしまっていますが、最終的には通貨ごとに利用するFX会社を分けるつもりなので、どこかでポジションを取り直すと思います。

例えば、『ヒロセで持っているトルコリラを全て決済して、トレイダーズ証券でポジションを取り直す』ということをやるつもりです。

なぜそんなことをするかと言いますと、一つの通貨の暴落で他の通貨が巻き込まれて、ロスカットされるのを防ぐためです。

特にトルコリラはここ数年下落し続けており、急落する可能性も否定できないので、利用するFX会社を分けておきたい思いが強いです。

含み損のあるポジションを取り直せば、節税にもなるので、年末あたりに実施しようかなと考えています。

まあ、FX会社のスワップ競争が落ち着いてからですね(^^ゞ

直近のスワップの比較
通貨ペア トレイダーズ証券 ヒロセ FXプライムbyGMO
南アランド/円 20円 15円 20円
トルコリラ/円 100円 80円 60円
メキシコペソ/円 15円 11円 13円

直近のスワップから以下のFX会社を利用しています。

↓↓豪ドル、NZドル↓↓
ヒロセ
ヒロセ通商【LION FX】の詳細(公式HP)


↓↓南アフリカランドを運用↓↓
FXプライム
FXプライムbyGMOの詳細(公式HP)


↓↓トルコリラ、メキシコペソを運用↓↓
トレイダーズ
トレイダーズ証券の詳細(公式HP)


2.累計スワップと時価残高の推移

下の図はスワップ投資における累計スワップ時価残高累計スワップ含み損益)の推移を表しています(´∀`)
スワップ月次201808
スワップは順調に積み重なっていますが、時価残高はマイナスになっています。 

時価残高がマイナスということはそれだけ安く積み立てられるので、積立初期はマイナスくらいの方がいいです。

正直に言うと、トルコリラについては流石に下落しすぎだと思いますが、ロスカットするほどではないので、引き続き積み立てています。

それから積立投資はソーシャルレンディングと相性がいいので、まとまった資金がある人は以下の記事も参考にしてください。

関連記事:積立投資にソーシャルレンディングを活用する


3.スワップ投資に利用するFX会社

スワップの水準を考慮してヒロセ通商【LION FX】FXプライムbyGMOトレイダーズ証券を利用していきます。

また、この3社は

ポジションを決済するまでスワップに税金がかからない
②ポジションを決済しなくてもスワップを証拠金にできる

ため、税金を払わなくとも複利運用ができるというスワップ運用にはうってつけのFX会社です(^^♪

関連記事:スワップ生活をするなら税金のかからないFX会社で複利運用しよう


1日当たりのスワップ
(2017年7月~2018年7月の平均)
FX会社



N
Z





















ヒロセ通商
【LION FX】
50円 56円 90円 15円 11円 221円
GMOクリック証券
【くりっく365】
45円 46円 96円 17円 12円 215円
FXプライム
byGMO
32円 34円 89 12円 15円 182円
トレイダーズ証券 26円 30円 100円 14円 14円 185円
SBIFXトレード 40円 41円 87円 14円 -円 182円
GMOクリック証券
【FXネオ】
39円 40円 87 14円 -円 181
セントラル短資 34円 36円 85円 11円 -円 166円
マネースクエア 16円 18円 60円 5円 -円 99円
外為ジャパン 35円 40円 -円 14円 -円 89円
DMM FX 35円 40円 -円 14円 -円 89円
※1万通貨ごとのスワップで比較しています

スワップを見るとGMOクリック証券【くりっく365】の方が多いですが、GMOクリック証券【くりっく365】は最低取引単位が多いため、泣く泣く諦めました(;´・ω・)


ヒロセ通商【LION FX】の詳細(公式HP)


FXプライムbyGMOの詳細(公式HP)


トレイダーズ証券の詳細(公式HP)



スワップ投資について、FX会社ごとの詳しい比較は以下の記事を参考にしてください。

関連記事:【スワップ投資のはじめ方】スワップ向けのFX会社を比較する

4.スワップの積立例のご紹介

先月約5万円の不労所得を生み出したわたしのスワップの積立実績は↓↓になります。

 ★鈴(suzu)の積立実績
鈴(suzu)のスワップの積み立て実績を公開しています!




また、条件を変えてスワップ投資のシミュレーション結果を以下の記事にまとめています。
 155万円で月5万円の不労所得
毎月5万円を2年7ヵ月続ければ月5万円の不労所得に!


 元手10万円が1億になる積立方法!
必要なのは10万円だけ! 


 積立投資の威力を検証してみた
積立×複利の威力を検証!



ブログへの要望や質問はツイッター、質問箱からどうぞ。
記事の更新とトラリピをはじめとする資産運用の設定変更をお知らせする
ので良かったらフォローしてやってください(^^ゞ