【実績】人気のFX自動売買5つを比較検証

トラップトレードと呼ばれるFXの自動売買の比較検証しています。

FXの自動売買は設定さえすれば仕事中も寝ているときも勝手に利益が積み重なってくれるので、忙しいサラリーマンに人気の手法です。

この自動売買の中から特に使い勝手のいい5つをわたしが実際に運用し比較していきます(^^♪

トラップトレードの特徴
トラップ
トレード
特徴
ループイフダン
  • 一番初心者向け
  • 選ぶだけで運用できる
  • シンプルゆえに細かな設定はできない
  • 取引コストは1番安い
トラッキングトレード
  • 2番目に初心者向け
  • ループイフダンでは物足りない人向け
  • 値幅を細かく調整したくなったらこれ
  • 取引コストは同率3位
サイクル2
  • 中級者向け
  • トラッキングトレードでは物足りない人向け
  • 買いと売り両方を同時に使いたくなったらこれ
  • 取引コストは最下位
トラリピ
  • 中級者向け
  • 上記3つでは物足りない人向け
  • 値幅と利益幅を変えたくなったらこれ
  • 取引コストは2番目に安い
トライオートFX
  • 上級者向け
  • トラリピでは物足りない人向け
  • FXの最終形なので何でもできる
  • 初心者には使いこなせないかも
  • 取引コストは同率3位
※コストは1,000通貨当たりの米ドル/円の場合で比較しています。

また、各自動売買の詳細はこちらの記事にまとめているので、参考にしてください。

関連記事:人気のFX自動売買トラップトレード5つの特徴を比較


↓↓元祖自動売買であるトラリピのことが90秒でわかる動画です↓↓



1.1週間の不労所得を比較

自動売買ごとの不労所得を比較していきます。

取引通貨は世界中で最も取引量が多いユーロ/米ドルです。

1週間の不労所得
自動売買 利益 累計利益 含み損
ループイフダン 423円 30,430円 -27,364円
トラッキングトレード 441円 30,500円 -27,654円
サイクル2 423円 30,275円 -27,534円
トラリピ -9円 26,659円 -31,123円
トライオートFX 0円 35,307円 -27,578円
合計 1,278円 153,171円 -141,253円

運用21週目は全部で約千円の不労所得でした。

なかなか渋いですね(^^ゞ

トラリピに至っては、ついに『決済したけどスワップでマイナスだった』という事態が発生しました。

ユーロ/米ドルはマイナスのスワップが多いことは分かっていましたが、予想以上です。

まあ、比較なのでこのまま運用を続けますが、やはり『マイナスのスワップが大きいレンジでは勝負をしない』のが賢い運用になるかもしれません。

ユーロ/米ドルならスワップがプラスの売りレンジで取引を行い、スワップがマイナスになる買いレンジでは別の通貨を運用するといった感じです。
ユーロドル_ハーフ
あとそもそもユーロって意外と歴史の浅い通貨なので、中心値をどこに置くべきか悩むんですよね(^^ゞ

こうやって考えていくとNZドル/米ドルや豪ドル/米ドルはプラスもマイナスも対してスワップがつかないので、運用しやすい通貨ではありますね。

また、今回はだいぶ含み損を蓄積できたので、次回以降は決済が狙えるかもしれません。

初回から言っているように、トラリピ系の自動売買は下落して含み損が多くなる⇒相場が回復して決済益が出る⇒下落して含み損が多くなる⇒…を繰り返して利益を増やしていくので、ロスカットしない範囲なら含み損は多くても全く問題ないです(^^ゞ
自動売買の含み損説明_ちょっと回復


2.自動売買の運用実績を比較検証

運用実績を比較検証していきます。 

2-1.累計利益の比較


FX自動売買_累計利益の比較検証20180924
累計利益(決済益の合計)は前回に引き続きトライオートFXがトップです(^^♪

トライオートFXはFXの最終形態との謳い文句の通り、なんでもできる自動売買です。

もちろん、『鈴(suzu)のトラリピ設定』も再現できてしまうできる優れものです。

関連記事:トラリピ完全再現インヴァスト証券のトライオートFXとは


ただし、それゆえに設定項目が多く初心者にはちょっと難しいかもそれませんが、使いこなせれば大抵のことは実現できてしまいます。

また、今回一点報告があります。

7月30日のループイフダンの累計実績が誤っており、実は8月以降はトラッキングトレードが2位でした。

トラッキングトレードごめんなさい(>_<)

数10円程度の僅差ですが、ずっとループイフダンに勝っていました。

今後、気を付けます<(_ _)>

2-2.時価残高の比較

こちらは累計利益とは異なり、推移図にしていきます。

FX自動売買_時価残高の比較検証20180917
時価残高(ポジションを全決済した時に残る金額)でもトライオートFXがトップです。

やはり設定は難しくともしっかり稼働してやれば、トライオートFXが最強なのでしょうか。

また、上級者向けのトライオートFXですが、初心者向けに自動売買セレクトという機能もあります。

こちらは選ぶだけなので、初心者でも簡単に運用できると思います。

自動売買セレクトはわたしも運用していますので、参考にしてください。

関連記事:鈴(suzu)のトライオートFX設定と運用実績


ただ、トラリピも手数料無料化が決まり、トライオートFXよりコストが安くなりました

関連記事:トラリピの手数料は高い? いえ、手数料無料です!!



今、トラリピがトライオートFXに負けているのはトラリピの独自機能である決済トレールがマイナスに働いているからです。
決済トレール
決済トレールは利益を拡大してくれる素晴らしい仕組みなのですが、『①逆方向のトレンド相場』、『短期運用で非常に狭い値動き』こういった場合には利益が小さくなってしまいます。

今後、運用期間が長期化してくればトラリピが逆転するとわたしは予想しています(^^ゞ

ちなみに各自動売買の口座状況は以下のようになっています。

ループイフダン
ループイフダン
アイネット証券運営のポータルサイト『シストレちゃんねる』で連載中の『鈴(suzu)のループイフダンリアルトレード』のため、豪ドル/円も運用しています。

関連記事:【実績まとめ】鈴(suzu)のループイフダンリアルトレード 


トラッキングトレード
トラッキングトレード
タイアップ記念の企画でユーロ/米ドルの他、『NZドル/米ドル』『豪ドル/米ドル』『豪ドル/NZドル』を運用しています(^^♪

関連記事:鈴(suzu)のトラッキングトレード設定と運用実績

サイクル2
サイクル2

トラリピ
トラリピ
トラリピはわたしがメインで運用している自動売買なので、資金量が1,000万円以上あります(^^ゞ 

関連記事:鈴(suzu)のトラリピ設定と運用実績 


トライオートFX
トライオートFX
※トライオートFXはPC画面だと小さくて分かりずらいので、スマホアプリのスクショにしました。

同じ口座で自動売買セレクトのコアレンジャー_豪ドル/NZドルを運用しているので、資金がだいぶ多めです。

関連記事:鈴(suzu)のトライオートFX設定と運用実績


自動売買ごとの特色が出てきて非常に面白い感じですね。

実はこのFX自動売買比較の試みは、公開するためというよりもわたしが自動売買をはじめるときに欲しかった情報をまとめることを目的としています。

自動売買をはじめるときに同じリスクでFX自動売買の運用実績を比較をしているサイトを探したんですけど見つからなかったんですよね。

そんなわけで自分で作っています(^^ゞ

この記事を見ればどの自動売買を使えばいいか分かるコンテンツにしていきます(^^)/

そして、一番優秀な自動売買を集中して運用していこうかなと思ってます。

ただ、仮にトラリピが敗れてもトラリピはトラリピで非常に使いやすいので、このまま運用を続けると思います。

ちゃんと利益出てますしね(^^ゞ
トラリピ月次グラフ用201808
関連記事:鈴(suzu)のトラリピ設定と運用実績


3.各自動売買の設定と詳細な比較について

自動売買ごとの設定や実際に必要になった資金などの詳細な比較については、こちらの記事を日々アップデートして報告していきます。 

関連記事:【実績まとめ】人気のFX自動売買5つを比較検証中


また、各FX自動売買の概要については『人気のFX自動売買トラップトレード5つの特徴を比較』にまとめていますので、あわせて参考にしてください。

関連記事:人気のFX自動売買トラップトレード5つの特徴を比較


自動売買をはじめてみたいけどどうやっていいかわからないという人は、50万円でわたしと同じ設定が組めますので、ピンと来た自動売買で真似してみてください(#^.^#)

まずはわたしの設定を真似して、感覚を掴んだら自分のオリジナルの設定を追求しましょう!!


それから現在『ループイフダン』、『トラッキングトレード』、『トラリピ』で限定キャンペーンを行っています。

口座を開設して条件を満たすとわたしの書き下ろしレポートがもらえます。

・ループイフダン
アイネット証券
関連記事:鈴(suzu)×ループイフダンの限定キャンペーン

・トラッキングトレード
FXブロードネット
関連記事:【鈴(suzu)のトラッキングトレード攻略ガイド】の詳細

・トラリピ
マネースクエア
関連記事:【ブログに書けない『鈴(suzu)のトラリピ設定』の真実】の詳細


そして実はこれらレポートに書いてあるテクニックは自動売買ならどれでも応用できます

勿論、これらのレポートはそれぞれの自動売買用にチューンナップした内容になっていますが、テクニックの根幹は自動売買なら共通です。

あまり大きな声で言えませんが、レポートをもらってそのテクニックを他の自動売買で活用このレポートを読めば『ループイフダン』、『トラッキングトレード』、『トラリピ』が運用がしたくなることでしょう(^^ゞ

ループイフダンの詳細(公式HP)

トラッキングトレードの詳細(公式HP)

トラリピの詳細(公式HP)


自分のお気に入りの自動売買を探してみてください。

関連記事:人気のFX自動売買トラップトレード5つの特徴を比較 



それから自動売買の設定を変更した際はTwitterから【速報】を流すので、良かったらフォローしてやってください(^^ゞ