トルコリラ/円のスワップ積立実績

現在、高金利通貨を積み立てることで、月6万円程度のスワップ収入を得られています(^^♪

関連記事:鈴(suzu)のスワップ積立実績

わたしはリスク分散のために複数の高金利通貨を積み立てていますが、この記事ではその中の一つトルコリラ/円の積立実績をまとめていきます。

▶この記事で分かること
  • スワップ投資(トルコリラ)の積立実績
    月1万円の不労所得
  • 現在のスワップ積立方針
    ⇒毎月1万円入金で1,000通貨積立
  • 必要な資金の検証
    ⇒必要最低限なら70万円
    ⇒わたし自身70万円で積立中
スワップの概要を詳しく知りたい方はまずはこちらの記事をどうぞ!

関連記事:【スワップ投資のはじめ方】スワップ向けのFX会社を比較する



1.スワップ積立実績の推移

下の図はわたしが実施しているスワップ投資における累計利益と時価残高の推移です(^^♪
トルコリラ月次201810
わたしはトルコリラを70万円運用することで、月1万円のスワップ収入を得ています。

現在はリスク分散のため、南アフリカランド、トルコリラ、メキシコペソ、豪ドルの4通貨を積み立てています。

また、時価残高(累計スワップから含み損を引いた値)はマイナスになっていますが、しばらく安めの水準が続いた方が、低価格で積み立てられて有利でしょう。

既にスワップ投資により月6万円の不労所得を得られていますが、引き続き毎月10万円を積み立て、スワップ収入の拡大を目指します(^^ゞ


2.トルコリラの積立方針

わたしは資金1万円に対して、トルコリラを1,000通貨積み立てています(^^♪

▶トルコリラの積立方針
  1. 毎月1万円入金⇒1,000通貨積立
  2. スワップが1万円発生⇒1,000通貨積立
ボーナスのタイミング多めに積み立てたりもしていますが、基本的には上記の方針です(^^ゞ

積み立てによる複利運用を行っているため、時間が経てば経つほど、スワップが蓄積されていき、発生する利益が爆発的に増えていきます(^^♪

また、Twitterで通貨の積立を報告していますので、知りたい人は鈴(@semiritaia_suzu)をフォローしておいてください(^^ゞ

3.積立に必要な資金の検証

わたしは毎月1万円積み立てていますが、当然そこには余裕資金が含まれていますし、積立開始直後はもっと大きな金額を積み立てることもありました。

そこで、余裕資金を省き、本当に必要な資金はいくらだったのか検証してみます。 

ロスカットさせないためには

口座への入金必要額』+『累計スワップ』>『証拠金』+『含み損益

となるように資金を用意する必要があります。

運用月 数量
(万)
口座への
入金必要額
累計
スワップ
証拠金 含み損益
2017/09 0.3 4,119円 852円 3,900円 -1,071円
2017/10 1.6 42,482円 5,348円 19,700円 -28,130円
2017/11 1.9 62,732円 10,592円 21,800円 -51,524円
2017/12 2.4 39,180円 16,730円 28,300円 -27,610円
2018/1 3.8 71,299円 27,195円 45,600円 -52,894円
2018/2 4.2 111,706円 37,216円 50,400円 -98,522円
2018/3 4.7 156,362円 48,774円 51,700円 -153,436円
2018/4 5.1 146,072円 60,807円 55,968円 -150,911円
2018/5 5.5 288,734円 75,396円 55,546円 -308,584円
2018/6 5.9 272,078円 90,550円 59,410円 -303,218円
2018/7 6.3 345,928円 107,426円 63,245円 -390,109円
2018/8 6.6 703,072円 124,511円 55,827円 -771,756円
2018/9 6.9 559,946円 140,004円 58,347円 -641,603円
2018/9 7.0 605,569円 161,840円 59,478円 -546,091円

口座への入金必要額:口座に入金する必要がある金額
累計スワップ:今までのスワップの合計
証拠金:取引する際に必要となる担保金
含み損益:保有ポジション全決済した際に発生する損失または利益


ロスカットされずに運用するには『証拠金』と『含み損益』を合わせた金額より多くの資金が口座に残っている必要があります。

口座への入金必要額』+『累計スワップ(124,511円)』>『証拠金(55,827円)』+『含み損益(771,756円)』を満たすために

口座への入金必要額(703,072円)

が必要になります。 
スワップ投資の運用資金201809
ただし、各月の含み損は月末の値にしていますので、瞬間的にはそれ以上の含み損が発生していた可能性が高いです。

わたし自身はトルコリラ1千通貨に対し、1万円を入金していますが、想定が甘かったようで、2018年8月のトルコショックの時には追加資金が必要になる事態でした

今のところ、積立方針は変えずに相場急変時には資金を追加することで対応するつもりですが、もう少し多めに資金を投入しておいた方がいいかもしれません。 

4.毎月の不労所得と利益率

下の表に運用に必要な資金(その時点での口座への入金必要額)で運用した場合のスワップの利益率をまとめました。

運用月 不労所得 利益率
2017/09 852円 21.05%
2017/10 4,496円 10.58%
2017/11 5,244円 8.36%
2017/12 6,138円 15.67%
2018/1 10,464円 14.68%
2018/2 10,021円 8.97%
2018/3 11,558円 7.39%
2018/4 12,033円 7.70%
2018/5 14,589円 5.05%
2018/6 15,154円 5.25%
2018/7 16,876円 4.88%
2018/8 17,085円 2.43%
2018/9 15,493円 2.20%
2018/10 21,836円 3.11%
平均 11,560円 8.38%

これまでの運用結果からすると70万円あれば月平均約1万円の不労所得(スワップ)を得ることができます。

スワップが積み重なるまでは時価残高(スワップ ー 含み損益)がマイナスになると思いますが、ロスカットさせないように積み立てていけば、いずれプラスになると考えています。


また、わたしの場合はトルコリラだけでなく複数の通貨を積み立てることでリスクを分散させていますが、わたしの積立方針をシミュレーションしてみると元手10万円でも29年経つ頃には1億円になります!!
10万円が1億に
関連記事:元手10万円が1億に化けるスワップ投資



また、シミュレーションではなく実際の積立実績はこちらになります。
スワップ月次201810
関連記事:鈴(suzu)のスワップ積立実績

元手10万円でも大きな利益が期待できる投資法なので、少額で始めてみてはどうでしょうか(^^ゞ
▶利用するFX会社と毎月の積立量
1通貨の暴落に他の通貨が巻き込まれるのを防ぐために、通貨ごとに利用する口座を分散させています(^^♪


5.スワップ投資のサイトマップ

ここから先はスワップ投資関連の内部リンクをまとめてあります(#^.^#)

▶スワップ投資の始め方
スワップ向けのFX会社を比較
税金のかからないFX会社で複利運用する
【口座開設】ヒロセ通商
【口座開設】トレイダーズ証券(みんなのFX)
【口座開設】トレイダーズ証券(LIGHT FX)
【口座開設】FXプライムbyGMO
【口座開設】外為オンライン

▶スワップ投資の運用実績
高金利スワップ週次報告(カテゴリー)
高金利スワップ月次報告(カテゴリー)
スワップサヤ取り週次報告(カテゴリー)

▶スワップ積立実績
【全体】鈴(suzu)のスワップ積立実績
トルコリラの積立実績
南アフリカランドの積立実績
メキシコペソの積立実績
豪ドルの積立実績
NZドルの積立実績
スワップサヤ取りの積立実績

▶その他スワップ投資関係
10万円が1億円になる積立方法
155万円で月万円の不労所得を得る積立方法
積立と複利の威力を検証
政策金利とスワップ投資向けの通貨


ブログへの要望や質問はツイッター、質問箱からどうぞ。
記事の更新とトラリピをはじめとする資産運用の設定変更をお知らせする
ので良かったらフォローしてやってください(^^ゞ