ロボアドバイザー比較

ロボアドバイザーとはコンピュータが個々の投資家の好みに合わせて、最適な運用資産の配分を提案してくれるサービスです。

わたしは3つのロボアドバイザーとバランス型の投資信託を運用し、83週間で+2,847円という状況です(^-^;

ロボアドバイザーの概要を詳しく知りたい方はまずこちらの記事をどうぞ

関連記事:おすすめのロボアドバイザーを比較


1.各ロボアドバイザーの運用実績

◆ロボアドバイザーの収益◆
WealthNavi:-3,295円
THEO:-477円
マネックスアドバイザー:-2,971円
投資信託:+9,590円
合計:+2,847円

下の図は積立原資と時価残高の推移を表しています。
運用83週目のロボアドバイザー収益
WealthNavi、THEOともに2017年11月より10万円の投資からスタートし、毎月1万円ずつ積み立てる設定にしています。

2018年5月よりマネックスアドバイザー2019年1月より投資信託(eMAXIS Slim バランス(8資産均等型))も比較に加えました。こちらも毎月1万円ずつ積み立てる設定にしています。

投資信託については、ロボアドバイザーと結局あまり変わらないのでは?と思い、株、債券、リートなどバランス型の投資信託を比較用に積み立てることにしました(^^ゞ

運用状況を見ると、プラスとマイナスを繰り返していますが、今回は投資信託のみプラスです……

ロボアドバイザーは株価が低迷している時期でも大きなマイナスにはならなかったので、投資初心者の導入としてはいい商品だと思います。

大火傷することはなさそうですし、ドルコスト平均法で様々な商品をバランスよく積み立てているので、世界経済が発展している限りは長期的にはプラスになりそうです(^^♪
価格の変動

ただし、おそらく自分で商品を選べる人はロボアドバイザーより、手数料の安い投資信託の方が成績がよくなると思います(^_^;)


2.各ロボアドバイザーのポートフォリオ

ロボアドバイザーの構成銘柄を整理しました。

2-1.WealthNaviのポートフォリオ

6銘柄に分散投資しています。
米国株(VTI)が3割、米国を除いた先進国株(VEA)が3割と全体の6割ほどを先進国の株で運用しています。
さらに3番手が新興国株(VWO)の1割と株メインの運用です。

日本株が足を引っ張っていますね。
ウェルスナビ


2-2.THEOのポートフォリオ

14銘柄に分散投資しています。
日本、米国、ユーロ圏など先進国の株を筆頭に全体の6割以上を株で運用しています。

多くの銘柄に分散しているので、値動きは他のロボアドバイザーに比べてマイルドです。
テオ1
テオ2


2-3.マネックスアドバイザーのポートフォリオ

6つの資産クラスに分散投資しています。 国内、先進国、新興国を合わせて6割程度を株で運用しています。

総合的にマイナスですが、相変わらずどの項目がプラスでどの項目がマイナスなのかよくわからないですね。

まあ、分かったからといって何かするわけではないですが(^^ゞ
マネックスアドバイザー

2-4.投資信託(eMAXIS Slim バランス)のポートフォリオ

国内株式、先進国株式、新興国株式、国内債券、先進国債券、新興国債券、国内リート、先進国リートと8つの資産を12.5%ずつ均等に保有しています(^^♪
投資信託
積み立てを開始した所なので、まだまだこれからですね。


3.各ロボアドバイザーの運用方針

各ロボアドバイザーの運用方針を整理しました。 ロボアドバイザーごとで表現が違うのでちょっとわかりずらいですが、どのロボアドバイザーも株中心でそれなりにリスクをとった運用方針になっています。

3-1.WealthNaviの運用方針

リスク許容度は5/5で運用しています。 WealthNaviの運用方針の中ではもっともリスクを取る運用になっており、株中心のポートフォリオです。

WealthNaviのホームページからできる無料診断で個々人に合ったリスク許容度が診断できます。登録なしで無料でできます。

WealthNaviで登録なしの無料診断を行う

3-2.THEOの運用方針

株を中心とし、ある程度リスクを許容する運用にしています。

詳細な構成方針
グロース(株):63%
インカム(債券):26%
インフレヘッジ(実物資産):11%

THEOの場合は構成方針をお任せにもできますし、グロース(株)100%など自分の好きな設定にもできます。 ちなみに私はお任せで運用しています。

THEOで登録なしの無料診断を行う


また、docomoユーザーならdポイントも貯まるTHEO+ docomoがお得です(^^♪

関連記事:ドコモユーザはdポイントが貯まっておつり積立もできるTHEO+docomoがお得

3-3.マネックスアドバイザーの運用方針

株が半分とある程度リスクを許容する運用にしています。
マネックスアドバイザー_ポートフォリオ20190406

マネックスアドバイザーの場合はTHEOのように完全に自分の好きな設定にはできないようで、『株価は上がると思うか?』『新興国に積極的に投資したいか?』『不動産価格はどうなると思うか?』などの質問に答えることで、ポートフォリオが決まります。

マネックスアドバイザーで登録なしの無料診断を行う


3-4.投資信託(eMAXIS Slim バランス)の運用方針

国内株式、先進国株式、新興国株式、国内債券、先進国債券、新興国債券、国内リート、先進国リートと8つの資産を12.5%ずつ均等に保有していきます(^^♪
eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)
ロボアドバイザーではないので、バランス型の投資信託を淡々と積み立てていくだけです(^^ゞ

わたしは楽天証券で投資信託を積み立てています。

楽天証券の詳細(公式HP)


楽天証券だとポイント積立もできるので、わたしの場合はつみたてnisaやiDeCoも楽天証券で運用しています(^^♪

関連記事: 【楽天投資で無限コンボ】ふるさと納税×ポイント投資×ブログ(つみたてnisa、iDeCo)

4.ロボアドバイザーの関連情報細

ロボアドバイザーは長期運用を前提とした運用方法なので、気長にやることが大切です。

ロボアドバイザーを選ぶ基準としては

・少額から試したい人は1万円からはじめられるTHEO
・コストが気になる人はコストが安いマネックスアドバイザー
・資金量が多い人はデタックス(自動税金最適化)のあるWealthNavi


って感じだと思います。

ただ、今のところTHEOが一番好成績ですね。

ロボアドバイザーを検討している人はこちらの記事で『WealthNavi』、『THEO』、『マネックスアドバイザー』の特徴を整理したのであわせてどうぞ(#^.^#) 

関連記事:【実績】おすすめのロボアドバイザーを比較検証中

ただ、ロボアドバイザーは手数料を取られるので、楽天証券でバランス型の投資信託を積み立てるだけでも大差ないのではと言う気がしています(^^ゞ

関連記事:【楽天投資で無限コンボ】ふるさと納税×ポイント投資×ブログ(つみたてnisa、iDeCo)

それからロボアドバイザーじゃ物足りないという方は、月平均20万円の不労所得を得ているトラリピをどうそ( ^^) _旦~~
鈴のトラリピ設定の実績201904
▶鈴(suzu)のトラリピ運用実績
  • 累計利益:+7,878,211円
  • 含み損益:-1,827,841円
  • 実現損益:+6,050,370円
関連記事:鈴(suzu)のトラリピ設定と運用実績

トラリピは2,000万円運用しています


▼Twitterでも情報を発信中▼