【仮想通貨ドルコスト積立】
4種の仮想通貨を毎月1日に1万円ずつ積み立てるだけの非常に単純な投資法です(^^♪

積立て112週間で『-154,024円』でした。


1.仮想通貨の積立原資と時価残高の遷移

下の図は積立原資と時価残高の推移を表しています。 
コイン積立112週目
4仮想通貨を毎月1万円ずつ積み立てています。
(2018年11月モナコインの積立を中止)

2019年2月からリップル(XRP)の積み立てを開始しました(^^♪

他の通貨同様に毎月1万円ずつ積み立てていくつもりです。

現状は、積立112週間で154,024円のマイナスです。

全体ではマイナスですが、ビットコインだけはプラスをキープしています。

というかまとめて500万円くらいビットコインに投資しようとチャンスを伺っていたら、1BTC=100万円を超えてしまいました(;'∀')

▼ビットコインチャート▼

ビットコイン20200131
やはりわたしはタイミングを見計らって買うのが苦手です。

いやー毎月定額積み立てをしていて、ホントよかったと思います(^^ゞ

本当は下がったタイミングでカッコよくまとめ買いしたいのですが、ダメダメですね……

仮想通貨はドルやユーロと違い数倍~数千倍まであり得る業界なので、2017年のような仮想通貨バブルを期待して、引き続き毎月1万円ずつ積み立てて行こうと思います(^^ゞ

ちなみに自動で積み立てられるZaifのコイン積立は2018年11月からサービスを停止しているので、各通貨を手動で1万円分積み立ています(^^♪

Zaifはもう昔の勢いがないですし、基本的にはbitbankでイイかなと思います。

bitbankで積み立てる

それから、価格をチェックする場合、国内取引所ならコインチェックが取り扱い通貨も多く見やすいです(^^ゞ

コインチェックのアプリ▼
coincheckのアプリ20191123
ネムの流出とかありましたが、結局ここが一番見やすいんですよね。

また、コインチェックでアルトコインを購入するとコストがかかりますが、ビットコインだけは取引所を利用すれば低コストで売買できます。

ビットコイン目当てならアプリも使いやすいですし、コインチェックでいいと思います(^^♪

コインチェックでビットコイン


……やっぱりビットコインだけは積み立てとは別に多めに買おうかな(^^ゞ


2.コイン積立とは

毎月定額を積み立てることで、安い時はたくさん買い、高い時は少しだけ買うことが出来ます。

これはドルコスト平均法と呼ばれる手法で、高値掴みを防ぐことができ、初心者でも取り組みやすい投資法です。
価格の変動
ドルコスト平均法は長期投資に向いており、比較的リスクを抑えた投資スタイルです。

3.コイン積立の方針

以下の4通貨を毎月1万円ずつ、積み立てます。

■以下の4通貨を毎月1万円ずつ積立
・ビットコイン
・イーサリアム
・ネム
・モナコイン
・リップル
※モナコインは積み立てを終了

毎月1回淡々と積み立てていきます(^^♪

bitbankの口座開設(公式HP)

コインチェックの口座開設(公式HP)


Instagramでも情報を発信中▼
鈴@セミリタイア生活中さん(@semiritaia_suzu)がシェアした投稿 -


Twitterでも情報を発信中▼