ループイフダンとは?FXなのに投資初心者にも人気な理由

どうもFX自動売買で3,000万円運用している鈴(@semiritaia_suzu)です(^^♪

今回は最も初心者向けのFX自動売買であるループイフダンについて、『ループイフダンとは?』という疑問に答えられるように、特徴や仕組み、メリット・デメリットについて、解説していきます。

ループイフダンを一言で表すと『何年かかるか分からないけど、待っていれば勝てる仕組み』です!!

▼ループイフダンの事が2分で分かる動画▼

※ひまわり証券の動画ですが、仕組みはアイネット証券も一緒です。

▶この記事で分かること
  • 結論:ループイフダンは初心者向けのFX自動売買
  • 利用者の80%が資産を増やしている
  • 相場の上がる下がるを予想しないFX
  • チャートに張り付かないでほったらかし
  • 選ぶだけで運用開始
  • 手数料が無料
\今なら限定レポートが貰えます(^^♪/
アイネット証券
関連記事:限定レポート『鈴のループイフダン指南書』の詳細



1.ループイフダンとは?実績とその設定は?

【公式】アイネット証券発表の実績

ループイフダンを提供しているアイネット証券の実績ではなんと80%の利用者が資産を増やしています
ループイフダンとは?-ループイフダンの実績・評判
個人的には80%はちょっと出来過ぎなのでは?と思っていますが、わたし自身もコツコツと利益が積み重なっています(^^♪

鈴のループイフダン運用実績(2019年6月時点)

ループイフダン設定の実績20190527

ループイフダン口座の推移
運用月 実現損益 評価損益 合計損益
2018/05 12,655円 -20,097円 -7,422円
2018/06 25,758円 -25,772円 -14円
2018/07 38,175円 -25,423円 12,752円
2018/08 53,025円 -66,919円 -13,894円
2018/09 66,442円 -79,037円 -12,595円
2018/10 80,601円 -96,579円 -15,978円
2018/11 94,823円 -84,269円 10,554円
2018/12 121,242円 -134,928円 -13,686円
2019/1 132,979円 -117,653円 15,326円
2019/2 143,396円 -145,313円 -1,917円
2019/3 149,692円 -160,738円 -11,046円
2019/4 156,641円 -187,404円 -30,763円
2019/5 162,248円 -253,841円 -91,593円

元本は100万円でEUR/USD、AUD/JPY、AUD/USDの3通ペアを運用し、月1万円程度の利益が出ています。

現在は『下落して含み損が増えるフェーズ』なので、含み損が先行していますが、『利益が積み重なるフェーズ』まで待てばプラスになると思います。

▼ループイフダンのフェーズ▼
ループイフダンとは?-ループイフダンのフェーズ
詳しくはこの記事を読み進めれば理解できると思います(^^ゞ


鈴が運用しているループイフダンの設定

鈴のループイフダン設定
売買システム 取引
数量
最大
ポジション数
損切り
設定
必要目安資金
B40(AUD/JPY) 1 37 なし 403,300円
B40(EUR/USD) 1 37 なし 499,866円
B80(AUD/USD) 1 19 なし 234,270円
わたしが運用しているループイフダンの詳細な実績とその設定については『鈴のループイフダン設定と運用実績』にて毎週更新しているので、合わせて確認してみてください(^^♪

また、今なら口座開設特典として【鈴(suzu)のループイフダン指南書】もついてくるので、そちらでループイフダンの選び方の解説をしています(^^ゞ


2.アイネット証券のループイフダンとは?仕組みは?

ループイフダンとはアイネット証券(&ひまわり証券)が提供するサービスで、選ぶだけで運用できるFXの自動売買(リピート系注文)です。

つまり簡単に説明すると、米ドル/円などの為替を対象に買い⇒売りを繰り返してくれる仕組みになります。
ループイフダンとは?仕組みと特徴
為替相場の約70%が上がったり、下がったりするレンジ相場と言われているため、通常のFX(安く買って、高く売る)よりもチャンスの多い仕組みになっています。
ループイフダンとは?-裁量FXとループイフダンの違い
実際にここ15年の豪ドル/円のチャートをみると55円~110円の間を行ったり来たりしていることが分かります。

▼豪ドル/円チャート(15年間)▼
ループイフダンとは?メリット・デメリット-レンジ相場
リーマンショック時の急変を含めてもこのレンジでループイフダンを運用していれば利益を積み重ねることができたわけです。

凄く大雑把に説明すると何年かかるか分からないけど、始めた時よりも上の水準になるまで待っていれば勝てる仕組みと言うわけです(^_^;)

FXというと複数のディスプレイを並べてチャートに張り付いているイメージがあるかもしれませんが、ループイフダンは最初に設定をしてしまえば、自動で取引してくれます。

平日忙しいサラリーマンに最適な仕組みと言えるでしょう(*´▽`*)

相場の上がる下がるではなく、レンジ(〇円~◯円)を予想して後はほったらかし!!


3.ループイフダンとは?メリットとデメリット

メリット①:相場の上がる下がるを予想する必要がない

FXで勝つには相場(チャート)の上がり下がりを予想して、『安い時に買い』、『高い時に売る』と思っていませんか?

その方法も間違いではありませんが、 FXで勝つ方法はそれだけではありません。もっと難易度の低い勝ち方があります(^^♪ 

▶FXの勝ち方
  1. 短期集中で利益を狙う上級者向けの方法(短期戦略)
     ⇒狭いレンジで早めに損切りを行う
  2. 広いレンジに仕掛ける初心者向けの方法(長期戦略)
     ⇒レンジを広く取ってどこまでも耐えていく
FXで勝つと言われてほとんどの人はパターン1を想像したと思います。 

相場の上がる下がるを予想して取引を行い、予想が外れれば早めに損切りして、戦略を切り替える。

確かにこのやり方も正解でプロの専業トレーダーの方々は『テクニカル(チャートを読む)分析』や『ファンダメンタルズ(様々な情報を集積)分析』を行い、日々相場の上下を予想して勝負しています。

ただし、相場を読むやり方は上級者向けで、相場の読めない素人がこのやり方で勝負しても勝つこと非常に難しいです。

そこで、ループイフダンを活用し、レンジ相場になっている通貨ペアに対して、幅広く注文を仕掛ける方法を採用します。
ループイフダンとは?-米ドル円チャート(5年)_レンジ
レンジ相場に幅広く仕掛けるやり方なら相場の上下を予想できない初心者でも利益を得ることが出来ます。


メリット②:チャートに張り付かないほったらかし投資

サラリーマンだと仮に相場が読めたとしても、仕事中に取引を行うことなんてできませんよね(^^ゞ

ループイフダンなら事前に設定さえしておけば、自動で買い⇒売りを行ってくれるので、チャートを気にする必要はありません。
ループイフダンとは?仕組みと特徴
仕事中も寝ている時も自動場で売買してくれます。

……とはいっても初めのうちはどうしても気になってしまうので、朝一で確認して、通勤中に確認して、昼休憩で確認して、トイレ休憩で確認して……となると思います。

わたしも経験したので断言できます(;''∀'')

ただ、慣れてくると段々と気にならなくなってくるので、そうなれば本当の意味でほったらかし投資になります。

ちなみにわたしは2019年4月現在、1年ほどループイフダンを放置プレイで運用しています

メリット③:ループイフダンは選ぶだけで運用開始

ループイフダンは非常にシンプルな仕組みで『売買タイプ(B・S)』+『設定値幅』+『通貨ペア』で構成されています。
ループイフダンの見方
例えば『米ドル/円』を『1円(100銭)間隔』で『買い⇒売り』と繰り返したいなら

ループイフダンB100(USD/JPY)

のように表現されます。

とてもシンプルですよね(^^ゞ

あれこれと難しい事を考える必要はありません。

関連記事:【やり方は簡単】ループイフダンの注文方法を解説



メリット④:ループイフダンは手数料無料

自動で売買していくれるループイフダンですが、なんと利用手数料は無料です。

取引コストは『手数料』+『スプレッド(買値と売値の差)』で表せるのですが、ループイフダンは他の自動売買と比べても圧倒的に安いです。

FX自動売買の手数料比較
(米ドル/円、1,000通貨当たり)
自動売買 手数料(往復) スプレッド 総コスト
ループイフダン なし 20円 20円
トラッキングトレード 40円 3円 43円
サイクル2 40円 10円 50円
トラリピ なし 40円 40円
トライオートFX 40円 3円 43円

ループイフダンはシンプルな仕組みにすることで、圧倒的な低コストを実現
しています(^^♪


デメリット①:好きな時に辞められない

ループイフダンとは?-デメリット_含み損は回避できない
ループイフダンは自動で買い⇒売りを繰り返す仕組みです。

為替相場がレンジ相場(上がったり下がったり)になっている以上、買いのループイフダンなら下落したタイミング、売りのループイフダンなら上昇したタイミングで含み損が発生することは避けられません。

そして、決済益よりも含み損が多いタイミングでやめようとするとマイナスになってしまいます。

為替がレンジを形成している限り、待っていれば必ず含み損の無い元の水準に戻ってきますが、相場は予想できないので、それがいつになるかはわかりません。

そのため、自分が辞めたいタイミングではなく、相場が戻ってきたタイミングで辞める必要があるので、ループイフダンはすぐ使う予定のない余裕資金で運用することが大切です(^^♪

▼下落⇒上昇⇒下落⇒上昇…を繰り返して利益を積み重ねる▼
自動売買の含み損と利益の関係


デメリット②:ループイフダンは細かな設定ができない

ループイフダンは『売買タイプ』+『値幅』+『通貨ペア』と非常にシンプルな構成なので、細かな設定はできません。

▼触れるところが少ない▼
ループイフダンとは?-見方
初心者にも使いやすいように複雑な機能を省いているので、仕方がない部分ではあります。

もし複雑な設定を組みたいという人はコストは上がりますが、トラリピを使うといいでしょう(^_^;)

関連記事:トラリピとループイフダンの違いを比較!初心者向けのループイフダンと中級者向けのトラリピ


4.【評判】ループイフダンの口コミを紹介

ループイフダンとは?-評判口コミ
ループイフダンを継続して利用したい』、『ループイフダンの仕組みが分かりやすい』、『ループイフダンの操作はかんたん』と非常に評判が高いです。

ただし、これは公式サイトが公開している評判なので、これ本当なの?言う事で、Twitterで評判を集めてみました(^^ゞ

・コツコツ利益が出ている 





・コストの安さでNo.1でスワップも高い&細かい設定を組むなら他の自動売買



利益が出ている』、『コストの安さでNo.1でスワップも高い』といった好意的な意見が多いです。

ただ、やはり『細かい設定を組むなら他の自動売買』という意見もあるようです(^^ゞ 
▶口コミ・評判まとめ
  1. 利益が出ている
  2. コストが一番安い
  3. 細かい設定は組めない

5.【必要資金】ループイフダンはいくらから始められる?

個人的には30万円程度欲しいですね。

厳密にいうと上級者向けのやり方なら、もっと少ない金額でも十分利益は狙えます。

▶FXの勝ち方
  1. 短期集中で利益を狙う上級者向けの方法(短期戦略)
     ⇒狭いレンジで早めに損切りを行う
  2. 広いレンジに仕掛ける初心者向けの方法(長期戦略)
     ⇒レンジを広く取ってどこまでも耐えていく
ただ、相場を読めない初心者が運用するなら、広いレンジに仕掛ける事になるので、30万円くらいは欲しいかなという考えです。

ループイフダンを提供しているアイネット証券では【目安資金表】といって、設定ごとに必要となる資金の目安が掲載されているので、参考にするといいと思います。
ループイフダンとは?-目安資金表
外部リンク:アイネット証券の資金目安表

▼目安資金表の見方▼
ループイフダンとは?-目安資金表の見方
また、わたし自身が運用している100万円のループイフダンの設定も鈴のループイフダン設定と運用実績で公開しているので、そちらも参考にしてください(^^♪


6.【検証】ループイフダンで最適な値幅は?

ループイフダンは選ぶだけで始められるとは言え、じゃあどれを選べばいいの?というのは永遠のテーマです(^^♪

そこでわたしなりに最適な値幅を検証してみました。 【理論】ループイフダンで最適な値幅の検証
これが2019年時点での最適な値幅です(^^♪

簡単に説明するとループイフダンの利益が最大になるのは買い⇒売りのタイミングがチャートの波と一致したときです。 ループイフダンとは?-ループイフダンの設定で最適な値幅を検証-チャートの変動と値幅が同じ
そして過去の実績から波の大きさを割り出すと上記の数値が最適となりました(^^♪

バックテストによる検証もしているので、詳しく知りたい場合は以下の記事を参考にしてください。

関連記事:【2019年版】ループイフダンの設定で最適な値幅を検証!迷ったらこれでOK 



7.ループイフダンで失敗する3つの理由

利用者の80%が資産を増やしているということは裏を返すと20%は減らしているわけです。

失敗する理由としては、以下の3つが大半だと思います。

▶ループイフダンで失敗する3つの理由
  1. レンジ相場になっていない通貨ペアを運用する
  2. 想定するレンジが狭すぎる
  3. 含み損に耐えられずに損切りする

つまり、『①レンジ相場になっている通貨ペアに対して』、『②幅広いレンジに仕掛けて』、『③含み損を気にせずほったらかし』にすることができればまず負けません。

油断してロスカットしないように、しっかりとリスク管理を行いましょう。

関連記事:【ロスカット対策】ループイフダンのリスク管理は目安資金表でOK


また、わたしの失敗談も記事にしているので、同じ失敗をしないように確認しておきましょう。わたしは『3.含み損に耐えきれずに損切りする』をやらかして悔しい思いをしました(;'∀')

関連記事:【絶対NG】ループイフダンで失敗する3つの理由!私の失敗談を公開


\今なら限定レポートが貰えます(^^♪/
アイネット証券


8.【Q&A】ループイフダンのよくある質問

①ループイフダンが初心者向けって本当?

初心者でも非常に取っつきやすい仕組みだと思います。

ループイフダンは『相場の上がる下がるを予想しない』、『チャートに張り付かないでほったらかし』、『選ぶだけで運用開始』、『手数料が無料』、その上で『利用者の80%が資産を増やしている』と言う事で、非常に初心者向けの要素が揃っていると思います。

関連記事:
「ループイフダンは初心者に向かない」という意見もありましたので、その意見が事実かどうか開設してみました(^^♪
>>【初心者に向かない?】ループイフダンが本当に初心者向けなのか解説

②ループイフダンランキングの上位を選べばいいの?

アイネット証券ではループイフダンランキングと言って、過去の実績から成績が良かったものがランキング表示されています。
ループイフダンとは?-【おすすめしない】ループイフダンランキング
ただし、単純に利益順で表示されているので、ハイリスクハイリターンでたまたま上手く行ったものも上位表示されています

参考にはなると思いますが、このランキングに頼るのは避けた方がいいと思います(^_^;)

③ループイフダンは他の自動売買とはどう違うの?

両建てループイフダン-FX自動売買を選ぶポイント
関連記事:あなたにおすすめのFX自動売買の選び方

ループイフダンの強みはコストの安さとシンプルな仕組みです。ループイフダンで実現可能な設定ならループイフダンが最適だと思います。

もしループイフダンでは実現できない設定が組みたくなったら、トラリピがおすすめです(^^ゞ

関連記事:【徹底比較】トラリピVSループイフダン!2,500万円運用して分かった違い 

わたしとしては『設定に強い拘りが無い人』はループイフダンが最適かと思います。

④両建てループイフダンって儲かるの?

『相場が予想できる上級者なら儲かる』と思います。

逆に相場が予想できない初心者が手を出しても損するだけなのでやめましょう(^^ゞ

▶両建てループイフダンの手順
  1. 両建てループイフダンを運用
  2. 上昇し出したら、売りのループイフダンを停止
  3. 上昇しきったら買いのループイフダンを停止
ループイフダンとは?-両建てループイフダンの手順①
関連記事:
両建てループイフダンが儲かるかは以下の記事で検討してみたので、参考にしてください。
>>【利益2倍?】両建てループイフダンは儲かるのか考えてみた 

⑤ループイフダンで意識しておくことは?

ループイフダンは『下落して含み損が増えるフェーズ』と『上昇して利益が積み重なるフェーズ』が交互に来ることを忘れずに運用しましょう!!

▼ループイフダンのフェーズ▼
ループイフダンとは?-ループイフダンのフェーズ
為替がレンジ相場(上がったり、下がったりを繰り返す)である以上、『下落して含み損が増えるフェーズ』を経験することは避けられません。

初心者の多くがこの『下落して含み損が増えるフェーズ』で怖くなって損切りしてしまいます。

想定レンジ内で下落する分には全く問題ないので、ループイフダンの特性をよく理解して運用しましょう(^^)/





色々と説明していきましたが、ループイフダンは何年かかるか分からないけど、始めた時よりも上の水準になるまで待っていれば勝てる仕組みです。

時間制限が無い人は早々負けない仕組みになっているので、挑戦してみてください!!

以上、ループイフダンとは?運用して分かったメリット・デメリットを解説…でした(^^♪

▶ループイフダンまとめ
  • 結論:初心者向けのFX自動売買
  • 利用者の80%が資産を増やしている
  • 相場の上がる下がるを予想しないFX
  • チャートに張り付かないでほったらかし
  • 選ぶだけで運用開始
  • 手数料が無料
\今なら限定レポートが貰えます(^^♪/
アイネット証券
関連記事:限定レポート『鈴のループイフダン指南書』の詳細

ループイフダンはシンプルな仕組みと低コストが強み

関連記事:
ループイフダンの口座開設のやり方は以下の記事にまとめてありますので、参考にどうぞ。開設の手順を画像付きで解説しています(^^♪
【ループイフダンの始め方】口座開設のやり方を画像10枚で解説(特典あり)


▼Twitterでも情報を発信中▼