米ドル/円のループイフダン設定と運用実績

ループイフダンとはFXの投資信託とも呼ばれ、選ぶだけで運用できる非常にシンプルなFX自動売買です。

ただし、当然ながらどんな設定を選んでも利益が出るわけではないので、今回はわたしが実際に運用している米ドル/円のループイフダン設定と運用実績を解説していきます(#^.^#)

運用するループイフダンを選ぶときの参考にしてください。

関連記事:
「そもそもループイフダンって?」という人は以下の記事をどうぞ。仕組みや特徴を詳しく解説しています(^^♪ 
>>【保存版】ループイフダンとは?運用して分かったメリット・デメリットを解説

\今なら限定レポートが貰えます(^^♪/
アイネット証券



1.米ドル/円のループイフダン設定との運用実績

下の図はわたしが運用している米ドル/円のループイフダン設定の実現損益と合計損益の推移を表しています(^O^) 
準備中
7月から運用を開始するので、準備中です。

2.米ドル/円のループイフダン設定を公開

7月15日から運用を開始する米ドル/円のループイフダン設定を以下の表にまとめました。 

鈴のループイフダン設定
(米ドル/円)
売買システム 取引
数量
最大
ポジション数
損切り
設定
必要目安資金
S100(USD/JPY) 1 26 なし 468,000円

値幅(ループ幅)については、『【2019年版】ループイフダンの設定で最適な値幅を検証!迷ったらこれでOK』を参考にしてください。

また、実際の注文画面のスクリーンショットを載せておきますので、わたしと全く同じ設定にもできると思いますよ(^^♪
米ドル/円のループイフダン設定と実績-設定


米ドル/円のレンジ設定

まず以下は約15年の米ドル/円のチャートです。
米ドル/円のループイフダン設定と実績-レンジ
チャートを見るとおおよそ75円~125円の間で推移していますので、米ドル/円は75円~125円のレンジ相場だと仮定して買って、売ってのループイフダンを仕掛けていきます。

ハーフ&ハーフなので、ちょうど中心の100円を境界にして、『125円~100円を売り』、『100円~75円を買い』として、ループイフダンを仕掛けます。
米ドル/円のループイフダン設定と実績-ハーフ
また、100円ちょうどで買いと売りを切り替えることは現実的ではないので、98円よりも下落するようなら売りのループイフダンを停止して、買いのループイフダンに切り替えます。

その後、102円よりも上昇するようなら今度は買いのループイフダンを停止し、売りのループイフダンに切り替えます。

100円付近を推移しているときはメンテナンスが必要になります。

3.【実績】ループイフダンの運用に必要だった資金の検証

わたしは9通貨ペアをまとめて250万円で運用しているので、個々の通貨ペアに必要な資金を正確には把握できていません。

そこで、過去の運用実績から米ドル/円を運用するために必要な資金はいくらだったのか検証してみました。

準備中
2019年7月から運用を開始したので、まだ準備中です。

▼目安資金表▼
米ドル/円のループイフダン設定と実績-目安資金表
関連記事:【ロスカット対策】ループイフダンのリスク管理は目安資金表でOK


4.【実績】毎月の不労所得と利益率

下の表に運用に必要だった資金(その時点での口座への入金必要額)で運用した場合の米ドル/円の利益率をまとめました。 
準備中
また、全体のループイフダン設定はこちらの記事にまとめているので、参考にしてください(^^♪

ループイフダン設定の実績20190624

▶ループイフダンの運用実績
  • 実現損益:+167,714円
  • 評価損益:-196,151円
  • 合計損益:-28,437円
関連記事:鈴のループイフダン設定と運用実績


ちなみに『鈴(suzu)×アイネット証券(ループイフダン)』で限定キャンペーンを行っているので、今ならわたしの書き下ろしレポートがもらえちゃいます(^^ゞ
アイネット証券

関連記事:【タイアップ】鈴×ループイフダン限定キャンペーン中!マル秘レポートプレゼント


関連記事:
ループイフダンの口座開設のやり方は以下の記事にまとめてありますので、参考にどうぞ。開設の手順を画像付きで解説しています(^^♪
【ループイフダンの始め方】口座開設のやり方を画像13枚で解説(特典あり)


▼Twitterでも情報を発信中▼