トラリピ通貨の選び方
トラリピにおすすめの通貨を選定するために通貨毎の特徴をまとめていきますヽ(´▽`)/
マネースクウェア・ジャパンで扱っている全通貨11ペアを比較します。


為替レートの推移とスワップ

通貨毎に過去10年の安値、高値、変動幅(最大)、変動率(平均)、安定性とスワップを整理しました。

■為替レートの推移(2007年~2016年)
通貨ペア 最高値
最安値
変動幅
(最大)
変動率
(平均)
安定生
USD/JPY 125.85円 75.54円 5,031pips 3位 16.56% 10位
EUR/JPY 169.93円 94.1円 7,583pips 11位 20.26% 9位
EUR/USD 1.60ドル 1.03ドル 5,700pips 8位 15.38% 11位
AUD/JPY 107.81円 55.02円 5,279pips 5位 25.15% 4位
AUD/USD 1.11ドル 0.60ドル 5,100pips 4位 22.77% 6位
NZD/JPY 97.75円 44.21円 5,354pips 6位 26.1% 3位
NZD/USD 0.88ドル 0.49ドル 3,900pips 2位 23.25% 5位
CAD/JPY 125.54円 70.56円 5,498pips 7位 21.66% 8位
GBP/JPY 251.07円 116.81円 13,426pips 11位 22.54% 7位
TRY/JPY 99.67円 30.61円 6,906pips 9位 27.58% 2位 ×
ZAR/JPY 17.79円 6.39円 1,140pips 1位 28.50% 1位 ×


■スワップ(2017年2月)
通貨ペア 金利
(利益)
金利
(リスク)
順位
USD/JPY 12円 -32円 7位
EUR/JPY 1円 -21円 11位
EUR/USD 25円 -45円 2位
AUD/JPY 20円 -40円 3位
AUD/USD 15円 -35円 5位
NZD/JPY 19円 -39円 4位
NZD/USD 15円 -35円 5位
CAD/JPY 4円 -24円 9位
GBP/JPY 2円 -22円 10位
TRY/JPY 48円 -68円 1位
ZAR/JPY 5円 -15円 8位
※スワップは1ドル100円で計算しています。


トラリピ通貨選びのポイント

評価基準の詳細については↓↓こちらの記事『通貨選びのポイント』でまとめています。
VJ005251_img_sam
先にこちらを見ていただくとわかりやすいと思います(^O^)


利益を上げやすい通貨の特徴

1.値動きの激しさ
値動きが激しい通貨が『決済収益』を上げやすい通貨になります。
つまり、表『為替レートの推移』の変動率が大きい通貨が利益を上げやすい通貨になります。

pics3670.png ZAR/JPY

pics3669.png NZD/USD

pics3666.png USD/JPY


2.金利(利益)
プラスのスワップが大きい通貨が『スワップ収益』を上げやすい通貨になります。
つまり、表『スワップ』のプラスのスワップが大きい通貨が利益を上げやすい通貨になります。

ただし、プラスのスワップが大きい通貨は『買い』と『売り』逆にするとマイナスのスワップが大きい通貨でもあります。

そのため、おすすめ通貨の比較項目からは外しています。


リスクの小さい通貨の特徴

3.最安値と最高値の幅
最安値と最高値の幅(レンジ)が小さな通貨がリスクの小さい通貨になります。 つまり、表『為替レートの推移』の変動幅(最大)が小さな通貨がリスクの小さい通貨になります。

pics3670.png ZAR/JPY

pics3669.png TRY/JPY

pics3666.png NZD/JPY


4.安定性(レンジ相場)
レンジ相場になっている通貨がトラリピに向いているリスクの小さい通貨になります。 過去の値動きから一方的に値動きをしておりレンジ相場になっていない通貨ペアは『表の安定性』を『×』としています。

レンジ相場になっていない通貨ペアはトラリピの基本の元の水準に戻るまで耐える戦略が使えないので、おすすめすることはできません。

5.金利(リスク)
マイナスのスワップが大きい通貨がリスクの大きい通貨になります。
つまり、スワップ表のマイナスのスワップが大きい通貨がリスクの大きい通貨になります。

しかし、マイナスのスワップが大きい通貨は『買い』と『売り』逆にするとプラスのスワップが大きい通貨でもあるので、敬遠する必要はありません。

ただやはり、プラスとマイナスが表裏の関係になるので、おすすめ通貨の比較項目からは外しています。


おすすめの通貨

上記の結果を踏まえると私がトラリピにおすすめしたい通貨はNZD/USDです。

1.値動きの激しさ』 は第5位とそれなりですが、『3.最安値と最高値の幅』が第2位と非常に狭く、低リスクで運用することができます。

また、『1.値動きの激しさ』と『3.最安値と最高値の幅』だけをみるとZAR/JPYは最高なのですが、『4.安定性(レンジ相場)』がないので、おすすめの通貨から外しています。

過去の値動きをみると、かなり一方的に円高に動いているので、円安になったタイミングでポジションを持ってしまうと同じ水準まで回復するのが難しいと判断しました。

NZD/USDだけでなく、もう少しリスクを取っても良いという人はAUD/JPYと分散して投資すると良いと思います。

値動きの激しさで考えるとNZD/JPYでもいいですが、AUD/JPYにしたほうが、投資先が分散されてより安定すると思います。

「あっ!リピートしてる!」喜びが見えるFX注文
株式会社マネースクウェア・ジャパン



トラリピFX解説記事

トラリピFXの解説記事です。
①から順番に読んでいただくと分かりやすいと思います。

①トラリピ運用方針

②トラリピ通貨選びのポイント

③トラリピおすすめの通貨ペア


ランキング

ランキングに参加しています↓m 勉強になるブログがいっぱいです!!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 為替ブログ FX トラリピ・トラップトレード派へ
にほんブログ村


セミリタイア ブログランキングへ


FXトラップトレード(トラップリピート) ブログランキングへ