【比較】トライオートFXで鈴のトラリピ設定を再現する方法

鈴のトラリピ設定をやってみたいんだけど、実はトラリピがあんまり好きじゃない……トライオートFXでもトラリピ式の発注が出来るらしいけどホント?
トライオートFXで鈴のトラリピ設定を再現する方法を教えて!!

こういった疑問に答えていきます!!

どうもリピート系の自動売買で約7,000万円を運用中の鈴(@semiritaia_suzu)です(^^♪

鈴と言えば『2,000万円をトラリピで運用することで月平均20万円の不労所得を得ています』がよく使う文言で、わたしのブログでも一番人気となっています。
鈴のトラリピ設定の運用実績202010
▶鈴(suzu)のトラリピ運用実績
  • 実現損益:+11,210,000円
  • 評価損益:-3,163,370円
  • 合計損益:+8,046,630円

鈴のトラリピ設定と運用実績


ただ、同じく人気の仕組みである「トライオートFXでこの鈴のトラリピ設定を再現したい」という要望を度々いただくので、やり方を解説していきます。

トラリピもトライオートFXも一長一短あるので、比較しながら解説していきます。

ちなみにスペック比較だけしたい人は「【比較】トラリピとトライオートFXの違いは?」から読めばOKです(^^ゞ

▼トライオートFXのことが3分で分かる動画▼


鈴のトラリピ設定を再現/
トライオートFX



1.【比較】鈴のトラリピ設定とは

鈴のトラリピ設定とはわたしが運用している現時点で月平均20万円の不労所得を生み出しているトラリピの設定です(^^♪
鈴のトラリピ設定の運用実績202010

▶鈴(suzu)のトラリピ運用実績
  • 実現損益:+11,210,000円
  • 評価損益:-3,163,370円
  • 合計損益:+8,046,630円

鈴のトラリピ設定と運用実績


ただ、トラリピ用の設定とは言え、やっていることは買い⇒売り、売り⇒買いの繰り返し注文を複数通貨ペアで行っているだけなので、他の自動売買でもやろうと思えば実現できます。

▼自動売買の仕組み
自動売買の含み損と利益の関係
厳密には機能をシンプルにして、使いやすさに力を入れているループイフダンなどでは完全再現はできないのですが、拡張性の高いトライオートFXなら問題なく再現することが出来ます。

今回はそのやり方を紹介していきます(^^♪


2.【比較】鈴のトラリピ設定をトライオートFXで再現する

実際にトライオートFXで鈴のトラリピ設定の一部をトラリピを再現してみます。

発注するのはトラリピで表現すると以下の設定になります。

米ドル/円のトラリピ設定
新規・買い注文 新規・売り注文
通貨ペア USD/JPY USD/JPY
注文金額 0.1万(通貨) 0.1万(通貨)
レンジ 新規・買い
95.10~105.00
新規・売り
105.10~115.00
トラップ本数 100本 100本
利益金額 700円 700円
決済トレール 設定しない 設定しない

▼設定レンジ
トラリピとトラオートFXの比較-設定例
この買いレンジと売りレンジを分けた『トラリピハーフ&ハーフ』と呼ばれる技法を使った設定をトライオートFXで入力していきます(^^♪

トラリピハーフ&ハーフとは


ビルダー機能を利用して、トラリピ式の設定を発注

トライオートFXでは自動売買セレクトと呼ばれる1クリックで発注できる仕組みの他に自分でオリジナルの設定を組めるビルダーという機能があります。

ビルダー機能を使えばトラリピ式の設定も発注可能です(^^♪

『ビルダー【FXで作る】』を選択

トライオートFXで鈴のトラリピ設定を再現-入力例①

『マルチカスタム』を選択

トライオートFXで鈴のトラリピ設定を再現-入力例②

『通貨ペア』を選択

トライオートFXで鈴のトラリピ設定を再現-入力例③


買いのトライオートFX(95.10円~105.00円)

買い:95円~105円
-
トライオートFXで鈴のトラリピ設定を再現-買い
白紙
▶入力値
  • 売買:
  • レンジ幅(pips):1000
  • 本数:100
  • 数量(万):0.1
  • スタート価格:価格指定
  • 105
    OCO:なし
  • 利確幅(pips):70
  • 損切幅(pips):なし
  • フォロー値(pips):なし
  • カウンター値(pips):-70
  • カウンター固定:あり

上記のように入力すると95.10円~105.00円まで10銭間隔で100ポジションを発注する設定になります。

注意点として、買い設定の時は『カウンター値』がマイナスの値になることを意識しておきましょう。

売りのトライオートFX(105.10円~115.00円)

売り:105円~115円
-
トライオートFXで鈴のトラリピ設定を再現-売り
白紙
▶入力値
  • 売買:
  • レンジ幅(pips):1000
  • 本数:100
  • 数量(万):0.1
  • スタート価格:価格指定
  • 105.1
    OCO:なし
  • 利確幅(pips):70
  • 損切幅(pips):なし
  • フォロー値(pips):なし
  • カウンター値(pips):70
  • カウンター固定:あり

上記のように入力すると105.10円~115.00円まで10銭間隔で100ポジションを発注する設定になります。 

注意点としては、売り設定の時は買い設定とは逆に『カウンター値』がプラスの値となることを意識しておきましょう。

ちなみに注文は『注文設定』に全て表示されているので、自分が発注したい設定になっているかよく確認してください(^^ゞ 

▼注文設定(注文一覧)
トライオートFXで鈴のトラリピ設定を再現-確認

通貨ごとのトライオートFXの設定

通貨ごとに鈴のトラリピ設定をトライオートFXで再現する際の入力方法をまとめました。

量が多いので、通貨ごとに記事を分けてあります(^^♪

米ドル/円のトライオートFX設定


ユーロ/円のトライオートFX設定


豪ドル/円のトライオートFX設定


豪ドル/米ドルのトライオートFX設定


NZドル/円のトライオートFX設定


NZドル/米ドルのトライオートFX設定


加ドル/円のトライオートFX設定


豪ドル/NZドルのトライオートFX設定


ちなみにビルダーで入力するのが面倒と言う人はわたしが組んだ設定を1クリックで発注できる仕組みもあります(^^ゞ

【1クリック発注】大暴落想定の6通貨ペア分散



3.【比較】トラリピとトライオートFXの違いは?

トライオートFXでトラリピを再現できることは分かったけど結局どっちがいいの?ということで、スペックを比較してみました(^^ゞ

トラリピとトライオートFXを比較すると以下のようになります。

トラリピとトライオートFXの比較
トラリピ トライオートFX
通貨ペア 14ペア 17ペア
取引単位 1,000通貨 1,000通貨
スプレッド※1 4銭 0.3銭
手数料 無料 40pip
総コスト※2 40円 43円
レンジの設定 固定 固定・追尾
設定の自由度
設定の手間 普通 普通
繰り返し回数 無制限 無制限
総建玉件数 無制限 1,000件
有効注文数 無制限 2,500件
用途 長期的な資産形成 短期~中期の運用


結論から言うとそこまで差はないので、好みでOKです!!

とはいえ、これだけではあんまりなので、運用する上で重要な項目を詳細に比較していきます(#^.^#)

トラリピとトライオートFXの比較:取引コスト

トラリピとトライオートFXでそれぞれ運用できる通貨ペアと1,000通貨当たりの取引コストの比較です。 

1,000通貨当たりのコスト
通貨ペア トラリピ トライオートFX
取扱数 14ペア 17ペア
USD/JPY 30~40円 43円
EUR/JPY 20~40円 45円
GBP/JPY 30~50円 50円
AUD/JPY 30~50円 46円
NZD/JPY 30~50円 57円
CAD/JPY 20~40円 59円
CHF/JPY - 60円
TRY/JPY 40~60円 55円
MXN/JPY 10~30円 -
ZAR/JPY 20~30円 58円
AUD/NZD 21~28円 81円
EUR/USD 30~50円 43円
AUD/USD 20~40円 54円
NZD/USD 20~40円 60円
GBP/USD 40~50円 54円
USD/CHF - 60円
EUR/GBP - 67円
EUR/AUD - 54円
※1米ドル100円で計算
※1NZドル70円で計算
※1スイスフラン100円で計算
※1英ポンド140円で計算
※1豪ドル70円で計算
※トラリピのスプレッドは結構ブレます

スプレッドは圧倒的にトライオートFXの方が狭いのですが、1,000通貨当たり往復で40円の手数料がかかるので、総コストだと若干トラリピの方が安いくらいですかね。

ただ、トラリピのスプレッドってその日によっても結構替わるので、実質はいい勝負だと思います。

また、トライオートFXは取引数量が10,000通貨以上になると手数料の優遇措置があるので、1万通貨以上で取引する場合はトラオートFXの圧勝です。

▼トライオートFXの手数料▼ 
トラリピとトラオートFXの比較-通貨当たりの手数料


トラリピとトライオートFXの比較:スワップ

トラリピとトライオートFXでそれぞれ運用できる通貨ペアとスワップの比較です。

スワップの比較
通貨ペア トラリピ トライオートFX
買い 売り 買い 売り
USD/JPY 2円 -99円 3円 -33円
EUR/JPY -65円 1円 ‐32円 2円
GBP/JPY 1円 -33円 2円 ‐62円
AUD/JPY 0円 ‐30円 1円 ‐55円
NZD/JPY 0円 ‐30円 1円 ‐55円
CAD/JPY 1円 ‐4円 1円 ‐45円
CHF/JPY - - --
TRY/JPY 3円 ‐53円 5円 ‐65円
MXN/JPY -- - -
ZAR/JPY 2円 ‐14円 2円 ‐12円
AUD/NZD 0円 0円 ‐7円 -14円
EUR/USD ‐65円 1円 ‐65円 2円
AUD/USD ‐64円 15円 ‐53円 0円
NZD/USD -64円 15円 ‐53円 0円
GBP/USD - - - -
EUR/AUD - - - -
EUR/GBP - - - -
USD/CHF - - - -
※2020年11月時点
※片方にしか扱いのない通貨ペアは未記載

スワップはわずかにトライオートFXの勝利です!!

通貨ペアや売買の方向にもよりますが、全体的にはトライオートFXの方が高さそうです。

ただし、鈴のトラリピ設定は基本的にスワップ益ではなく決済益を最大化することを目指した手法です。

わたしの運用実績でもスワップの影響は10%程度と言う結果が出ているので、10%のスワップ益に拘るより、90%を占める決済系を最大化するように設定を組む方が効果的だと思います。
トラリピの決済益とスワップ-202010
▶決済益とスワップ(全体)
  • 決済益:+12,436,396円
  • スワップ:-1,279,570円
  • 合計:+11,156,826円

【検証】トラリピのマイナススワップの影響は?【結論⇒10%程度】



トラリピとトライオートFXの比較:発注上限

トラリピとトライオートFXの発注上限の比較です。

トラリピとトライオートFXの比較
トラリピ トライオートFX
総建玉件数 無制限 1,000件
有効注文数 無制限 2,500件

総建玉件数:1度に保有できるポジションの数
有効注文数:1度に発注できる注文数

トライオートFXに発注上限があります。

非常に数が多いので、問題ないかと思いきや実は鈴のトラリピ設定を入力するとこの上限をオーバーしてしまいます(^^ゞ

【鈴のトラリピ設定の発注件数(最大値)】
総建玉件数:2,050件
有効注文数:4,100件

複数の通貨ペアを運用しているので、実際は全てのポジションを同時に持つことはあり得ないですし、注文も例えば米ドル/円の125円~135円は現時点では不要でしょうから、外しておくである程度は対応できます。

しかし、厳密に同じ発注をすることはできません。

そのため鈴のトラリピ設定をトライオートFXで再現する際には1,000通貨単位で0.1円間隔を2,000通貨単位で0.2円間隔にするのがおすすめです。

こうすれば建玉数、注文数ともに半分になるので、問題なく運用できます。

決済回数はおおよそ半分になりますが、1回の利益が倍になるので、総利益はそれほど変わらないはずです(^^ゞ


4.結局トラリピとトライオートFXってどっちがいいの?

ぶっちゃけ好みでいいと思います(^^♪

▶トラリピとトライオートFXの比較
  • コスト:互角
  • スワップ:トライオートFX
  • 発注上限:トラリピ
鈴のトラリピ設定はトライオートFX向けに考えた設定ではないので、ほぼ再現できるとは言えちょっと変則的な設定になります。

とはいえ、スワップではトライオートFXが勝っていますし、使い勝手の面でも特に不便はないでしょう。

そのため、最終的には発注のインターフェイスとかアプリの見やすさとか直感で決めていいと思います(^^♪

トラリピもトライオートFXも自分の戦略を自動で繰り返してくれる補助ツールでしかありません。

自身が実現したい戦略が上手く行けばどちらを使っても利益を出すことができます。

気に入った方を使えばOKでしょう!!


5.【比較】トライオートFXのQA

トライオートFXでよくある質問をまとめてみました。

鈴はなぜトラリピを使っているのか?

トラリピとトライオートFXの違いと言うよりは、マネースクエアとインヴァスト証券のスタンスの違いが大きいです。

例えばマネースクエアはスリーミリオン倶楽部など長期間かつ高額の資産運用をフォローする仕組みに力を入れています。

・スリーミリオン倶楽部とは
マネースクエア独自のコンシェルジュサービス。
条件を達成することで、マネースクエアから特別なサービスを受けることができます。 スリーミリオン倶楽部のメンバーになるには?
スリーミリオン倶楽部:https://www.m2j.co.jp/3million

対してインヴァスト証券は長期的な運用と言うよりは、短期~中期のトレードで勝つことに力を入れているような気がします。

システムリニューアルから分かるトラリピとトライオートFXのユーザ属性 


別にどちらが上とかは無いのですが、死ぬまで利益を受け取り続けるというわたしのスタンスに合致しているのはマネースクエアのトラリピかなと思っています(^^ゞ 

一応、発注上限のせいで鈴のトラリピ設定を完全に再現しきれないという問題はありますが、わたしの中ではクリティカルな問題ではないですね。

【トライオートFXの発注上限】
総建玉件数:1,000件
有効注文数:2,500件 

【鈴のトラリピ設定の発注件数(最大値)】
総建玉件数:2,050件
有効注文数:4,100件

結局は運用してみて自分に合っていると納得できる事が大切です。

あとはぶっちゃけ、先に出会ったのがトラリピだったというのも大きいと思います。

最初にトライオートFXに出会っていたら、ちょっと変形した鈴のトライオートFX設定が誕生していたかもしれません(^^ゞ

トライオートFXで通貨ペアを増やすのはありか?

これはありです!!

ここだけはトラリピからトライオートFXに乗り換えたら面白そうだなーと考えている部分です。

トラリピで扱っていない通貨ペアにも分散して運用してみたいという欲求はあります

ただし、1点だけ注意して欲しいのは必ずレンジ相場になっている通貨ペアを選んでください。

鈴のトラリピ設定の戦略で通貨ペアを選ぶ際には『レンジを形成していること』が前提条件なので、トルコリラ/円のようにレンジになっていない通貨ペアを運用しても悪戯に損失が出るだけで終わります。

▼トルコリラは自動売買向きじゃない
トルコリラチャート_レンジになっていない

1クリックで発注できる『大暴落想定の6通貨ペア分散』ではトラリピでは運用できないユーロ/英ポンドを組み込んでいます(#^.^#)

【1クリック発注】大暴落想定の6通貨ペア分散






トライオートFXについて、載せた方がいいなという質問がきたら増やしていくつもりです(^^ゞ

以上、【比較】トライオートFXで鈴のトラリピ設定を再現!ワイドレンジのハーフ&ハーフ戦略で月20万円の不労所得を目指す…でした!!

【トライオートFXの始め方】口座開設のやり方


鈴のトラリピ設定をトライオートFXで再現!!


鈴のトラリピ設定を再現!!/
トライオートFX


\今なら限定レポートが貰えます(^^♪/
マネースクエア


LINEで更新通知を受け取る▼




Instagramでも情報を発信中▼


Twitterでも情報を発信中▼