background-2883692_1280

現在、ヒロセ通商【LION FX】でスワップ投資を行っていますが、一部通貨の積み立てをFXプライムbyGMOに変更します(#^.^#)

スワップ運用って何?って方は以下の記事をどうぞ( ^^) _旦~~

【スワップ投資のはじめ方】スワップとは





1.ヒロセとFXプライムbyGMOを併用してスワップ運用

私は現在、ヒロセ通商の口座で以下の5通貨のスワップ運用をしています。

【鈴(suzu)が運用している通貨】
・豪ドル/円
・NZドル/円
・南アフリカランド/円
・トルコリラ/円
・メキシコペソ/円

ヒロセ通商【LION FX】はスワップは高水準で素晴らしいのですが、全てのスワップが最高かというと当然ながらそう言わけではありません。

以下の表は私が運用している期間のスワップの平均値を各FX会社ごとにまとめたものです。

1日当たりのスワップ
(2017年7月~2018年2月の平均)
FX会社



N
Z





















ヒロセ通商
【LION FX】
50円 60円 92円 150円 119円 382円
GMOクリック証券
【くりっく365】
44円 48円 96円 171円 126円 388円
FXプライム
byGMO
34円 37円 94円 107円 150円 310円
SBIFXトレード 40円 42円 87円 145円 -円 314円
GMOクリック証券
【FXネオ】
40円 43円 91円 138円 -円 312円
セントラル短資 36円 39円 89円 112円 -円 276円
マネースクウェア
ジャパン
17円 20円 66円 57円 -円 159円
外為ジャパン 36円 44円 -円 143円 -円 223円
DMM FX 36円 44円 -円 143円 -円 223円
※豪ドル・NZドル・トルコリラは1万通貨、南アフリカランド・メキシコペソは10万通貨ごとのスワップ

上記の表を見てもらえればわかりますが、豪ドル、NZドルについてはヒロセ通商【LION FX】のスワップが最高ですが、他の通貨はよりスワップの高いFX会社があります。

そこでトルコリラとメキシコペソについてはよりスワップの高いFXプライムbyGMOに変更します。

FXプライムbyGMOはトルコリラとメキシコペソのスワップが高く、特にメキシコペソについては、頭一つと飛びぬけています。
main_749_261
(引用元:FXプライムbyGMO

また、表を見ると南アフリカランドとトルコリラについてはGMOクリック証券【くりっく365】の方がスワップが高いのですが、GMOクリック証券【くりっく365】は取引単位が大きいので私の資金だと毎月の積立が難しいです。

もし仮にトルコリラ、南アフリカランド、メキシコペソをGMOクリック証券【くりっく365】で運用しようとすると、最低取引単位がトルコリラ1万通貨南アフリカランド10万通貨メキシコペソ10万通貨なので、最低取引単位だけ積み立てるとしても私の運用方針だと毎月45万円も必要になってしまいます(;'∀')

それはさすがに厳しいので、GMOクリック証券【くりっく365】の利用は断念しました。 GMOクリック証券【くりっく365】を利用するなら通貨を1つか2つに絞って運用するか、数ヶ月に1回の積み立てにするのがいいと思います(^^♪

それに対してFXプライムbyGMOトルコリラ、メキシコペソともに1,000通貨から取引できるので、毎月の積立がやりやすいです。


2.複数のFX会社を利用することの影響

スワップ投資で複数のFXを利用する場合のメリットとデメリットを考えていきます。

2-1.複数のFX会社を利用するメリット

①FX会社のスワップが急変しても影響が限定的

受け取れるスワップですが、政策金利の変更や相場の変動などにより日々変動します。それ以外にもFX会社の方針など個々のFX会社の事情によってもスワップは影響を受けます。

つまり、今まで高スワップだったFX会社のスワップが低くなることもあります。そうなった際に複数のFX会社を利用していれば影響を少なくすることができます。

②強制ロスカットをくらっても他の口座は大丈夫

よくあるパターンとして、豪ドル/円は堅調だけどトルコリラ/円が急落して強制ロスカット、同じ口座で運用していた豪ドル/円も巻き添えで強制ロスカットなんてことがあります。

口座を通貨ごとに分けていれば、一つの通貨ペアの急落に他の通貨ペアが巻き込まれることはありません。

まあ、最初から損切りの設定をしておけばいいのですが、スワップ運用の場合は日々スワップが蓄積されることでロスカットしなければ危険な水準は変わっていくので損切りの設定をしていないことが多いです。

ちなみに私もしていないです(^^ゞ 

③一つのFX会社が倒産しても影響を限定できる

あまり考えたくはないですが、運用しているFX会社が倒産した場合に影響が少なくてすみます。 日本の大手FX会社の場合、信託保全がしっかりしているので、FX会社が倒産したからと言って預けていた資金が返ってこないということはまずありません

ただ、FX会社が倒産すると持っていたポジションはすべて決済されてしまいますし、預けていた資金を返金してもらうのにもある程度時間がかかるでしょう。

スワップ収入で食べていくつもりなら、完全に収入がなくなることが無いように複数のFX会社に分けておいた方がいいでしょう。

2-2.複数のFX会社を利用するデメリット

①口座の管理が手間

複数の口座に分けると入金など単純に手間が増えます。

一つの口座なら資産の状況が一目でわかりますが、複数の口座を利用している場合、自分で計算しないと分かりません。

複数のFX会社を利用することで発生する明確なデメリットはこれくらいでしょう。

 

3.まとめ

いろいろ考えましたが、4月からは以下のように複数のFX会社を利用してスワップ投資をしていきます。

ヒロセ通商【LION FX】:豪ドル、NZドル、南アフリカランド
FXプライムbyGMO:トルコリラ、メキシコペソ


今まではスワップ投資に割く金額が少なかったこともあり、一つのFX会社で運用していましたが、今後は金額も大きくなってきたので、複数のFX会社を使って、分散投資していきます(^^♪

スワップもより高いFX会社にしましたので、来月からのスワップも期待したいです。

↓↓豪ドル、NZドル、南アフリカランドを運用↓↓
ヒロセ通商【LION FX】の詳細(公式HP)

↓↓トルコリラ、メキシコペソを運用↓↓
FXプライムbyGMOの詳細(公式HP)


スワップ投資のはじめ方

スワップ投資をはじめるにあたりスワップ投資の概要と運用する前に決めておくべきことを下の記事にまとめました。

セミリタイアに向けて不労所得を得たいと考えている人は参考にしてください。

 ①スワップとは
 スワップ投資の概要と魅力を解説しています


 ②スワップの使い道と運用通貨を決める
 運用する前に決めておくべきことを解説しています


 ③積み立て方法を決める
 定期的に積み立てることの利点を解説しています



 ④FX会社を決める
 ケースごとにおすすめのFX会社を紹介しています



 ★スワップ投資向けのFX会社を比較する
 通貨ごとのスワップなどFX会社を比較しています




スワップの積立状況のご紹介

私のスワップの積立状況は↓↓になります。

 ★鈴(suzu)の積立状況
鈴(suzu)のスワップの積み立て状況を公開しています!




また、条件を変えてスワップ投資のシミュレーション結果を以下の記事にまとめています。
 135万円で月5万円の不労所得
毎月5万円を2年3ヵ月続ければ月5万円の不労所得に!


 元手10万円が1億になる積立方法!
必要なのは10万円だけ! 


 積立投資の威力を検証してみた
積立×複利の威力を検証!




ご案内

 サイトマップ
 トラリピでセミリタイアの歩き方


初心者にもおすすめの資産運用
 おすすめの資産運用を私の運用状況と合わせて公開


性格ごとに向いている商品
 相性の良い組み合わせと性格による向き不向き 


ブログへの要望や質問はツイッターからどうぞ。
トラリピ設定と記事の更新をお知らせする
ので良かったらフォローしてやってください(^^ゞ