鈴(suzu)のトライオートETF設定
現在、トライオートETFを運用することで、月平均15万円の不労所得を得られています(^^♪

トライオートETFはETFを対象とした自動売買の仕組みで、わたしは長期的に上昇傾向にある米株インデックスのナスダック100トリプルを運用しています。

そんなトライオートETFについて、わたしの設定と運用実績を公開しているので、『労働から解放されたセミリタイア生活』を目指す参考にしてください!!

▶この記事で分かること
  • トライオートETFの運用実績
    月平均15万円の不労所得
  • 現在のトライオートETF設定
    ⇒ブロック戦略で運用中
  • 運用に必要だった資金
    ⇒運用実績だと300万円
    ⇒0ドルの暴落まで耐えられる1,500万円で運用
    ⇒1セット100万円×15
    1クリックで発注可能


関連記事:

そもそもトラオートETFって何?って人は以下の記事をどうぞ。トライオートETFの特徴と仕組みをまとめています(^^♪
>>【トライオートETFの始め方】口座開設から設定方法まで解説

\米株インデックスの破壊力&安定性(^^♪/
トライオートETF



1.トライオートETF設定と運用実績

下の図はわたしが運用しているトライオートETFにおける実現利益と合計損益の推移を表しています(^^♪

トライオートETF設定の実績202103

▶鈴のトライオートETF運用実績
  • 実現損益:+5,358,988円
  • 評価損益:-482,573円
  • 合計損益:+4,876,415円

わたしはトライオートETFを1,500万円で運用し、月平均15万円の不労所得を得ています。


ナスダック100トリプル×トライオートETFの相性は最高で、信じられない勢いで利益が積み重なっております。

しかも2020年3月の歴史的な大暴落(コロナショック)でも若干のマイナス程度で、あっという間に積み重ねた利益(実現損益)が評価損益を上回り、全く問題ない状態でした(^_^;)

目標としている月平均10万円の利益を達成しているので、このまま利益を安定させ、このトライオートETF戦略をATMとしたいですね。



2.鈴のトライオートETF設定_ブロック戦略を公開

ブロック戦略_ナスダック100トリプルの設定
銘柄
数量 想定レンジ 注文本数 利益金額
ナスダック100
トリプル
1 120ドル

160ドル
20本 8ドル
1 80ドル

120ドル
28本 8ドル
1 40ドル

80ドル
46本 8ドル
1 0ドル

40ドル
8本 140ドル


1,500万円で上記設定を15セット運用(1セット100万円)しています(^^♪

【1クリック発注】大暴落でも継続運用(100万円プラン)

※公式に登録されているため1クリックで発注可能


運用しているのはトライオートETFと相性抜群のナスダック100トリプルです。


▼ナスダック100トリプルの長期チャート(約10年)
トライオートETFの必要資金-ナスダック100トリプル

アメリカの優良企業100社の詰め合わせのため長期的に上昇傾向が見込める上に、3倍激しく上下するように設定された、正にチート指数!!

なにせダメな企業はクビして、好調の企業に入れ替えるんですから、ちょっとズルいですよね(^_^;)

▶ナスダック100トリプルとは

ナスダックに上場する金融銘柄を除く、時価総額上位100銘柄の時価総額加重平均によって算出される株価指数のことです。

NYダウやS&P500とならびアメリカの主要な指数と言われています。


ブロック戦略ではこのチート指数を『3つのブロック』と『2つのエリア』に分け、運用していきます(#^.^#)


▼ブロック戦略の構成エリアとブロックの解説

トライオートETFのブロック戦略-ブロックとエリアの特徴

基本的には0ドル~160ドルまでに注文を敷きつめたほったらかし戦略ですが、随所に利益率を向上させる工夫をちりばめています(#^.^#)



3つのブロック

取引の中心となる3つのブロック(40ドル~160ドル)では、

▶注文数

 3倍ブロック(46本) > 2倍ブロック(28本) > 1倍ブロック(20本) 


と、少ない必要資金で済む低レートの時ほど、より多くのポジションを持つように注文数を調整しました。


バイ&ホールドエリア

確率は低いですが、40ドル以下まで下落した場合はラッキーポジションと考え、ホールドします。

現在は低金利のため、金利の負担も少なく、すぐに決済したら勿体ないです(^^ゞ


利確&準備エリア

資金効率を上げつつ0ドルまで耐えられる設定にするため、160ドルを超える高値では保有したポジションを利確するだけで新規のポジションは持ちません。

次の分割に備える準備期間という位置づけ!!


利確幅について

ナスダック100トリプルは上昇傾向の指数のため、レンジを形成する為替以上に大きな値動きが有効と考えています。

トラリピのように細かな値動きを取るのではなく、押し目(下落したタイミング)でしっかりとポジションを取り、次の上昇で利確するイメージ。

広めの利確幅になっているのは、動きがなく停滞している時に無理やり利益を出すのではなく、動きの大きい時にしっかりと利益を出す方針を取ったからです(^^♪

為替と株式の最適な利益幅の考え方の違い

決済が少なくてつまらないって人は簡単なので、ぜひ自分で利確幅を変更してみてください(#^.^#)

【トライオートETFで最適な利確幅】利確幅の変更方法も解説!!



利確幅を弄っても0ドルまでの暴落に耐えられることに変わりはないので、好きに弄ってOKです!!



3.鈴のトライオートETF設定_ブロック戦略の必要資金

ブロック戦略の必要資金は1セット100万円です。


▼ブロック戦略の必要資金(ブロックごと)
トライオートETF-ブロック戦略の必要資金


最も高値に設定した160ドルでポジションを保有し、その後0ドルまで一直線に暴落した場合の総必要資金は”998,445円”になります。(米ドル/円:110円の場合)

1ブロック約33万円×3+バイ&ホールドエリア


上記1セットあたり、100万円を入金しておけば0ドルまで暴落してもロスカットしません。

わたしは15セットで1,500万円運用しています。


さらに細かく、ポジションごとの必要資金が知りたい方はこちら( ^^) _旦~~

▼ブロック戦略の必要資金(ポジションごと)
トライオートETF-ブロック戦略の必要資金

【必要証拠金について】
必要証拠金は保有した時のレートではなく、前営業日の終値のレートのため、日々変動します。
上記は0ドルまで暴落した想定の必要資金なので、必要証拠金は最低金額の500円で計算しました。(インヴァスト証券の必要証拠金




4.資金効率を2倍 or 3倍に向上させる方法

【概要】資金効率を向上させるスタートダッシュ

レートが低い時ほど、多くのポジションを持つようにするなど工夫していますが、さらに資金効率を上げる方法があります。

それは運用開始時に上位ブロックの必要資金を下位ブロックに貸し出す方法です。

トライオートETFのブロック戦略-資金効率向上

例えば、運用開始時のレートが90ドルの場合、1倍ブロック(120ドル~160ドル)の注文は要らないと思いませんか?

そこで1倍ブロックを発注せず、1倍ブロックの運用に必要な33万円を2倍ブロックに貸し出してしまいます。


▼各ブロックの必要資金は33万円以下
トライオートETF-ブロック戦略の必要資金(各ブロック)

すると2倍ブロックには66万円を割り当てることが出来るので2セットの運用が可能となります。


▼2倍ブロックに貸し出した場合
1倍⇒2倍に貸し出し

80ドル~120ドルで推移している間は2セット運用できるので、2倍の利益が見込めるわけです!!

その後、相場が上昇しスタートダッシュのポジションが全て決済されたら(120ドルを少し超えたレート)、スタートダッシュを停止させ、1倍ブロックを再稼働させます。

これで1倍ブロック~3倍ブロックまで1セットずつと元通りです(^^♪



▼3倍ブロックに貸し出した場合
3倍に貸し出し

また、もし運用開始時のレートが80ドル以下の場合、1倍ブロックと2倍ブロックの資金を3倍ブロックに貸し出してしまいます。

すると40ドル~80ドルで推移している間は3セット運用できるので、3倍の利益が見込めるわけです!!

その後、相場が上昇しスタートダッシュのポジションが全て決済されたら(80ドルを少し超えたレート)、3倍ブロックのスタートダッシュを停止させ、今度は2倍ブロックでスタートダッシュを行います。

後は『2倍ブロックに貸し出した場合』と一緒の対応です(#^.^#)


スタートダッシュ限定の裏ワザではありますが、通常の2倍 or 3倍の利益が狙えます!!


……ちなみにリスクを取ることでさらに利回りを向上させるスタートダッシュ_ターボというテクニックもあります(^^ゞ

トライオートETFの利回りを向上させるスタートダッシュ_ターボ



【発注方法】資金効率を向上させるスタートダッシュ

インヴァスト証券には認定ビルダーという制度があり、インヴァスト証券が認めた設定は他のユーザも1クリックで発注することができます。

わたしのブロック戦略も『ナスダック100トリプル_大暴落でも継続運用』という名称で登録されているため、1クリックで発注が可能です。

ただし、スタートダッシュするにはちょっとした操作が必要なので、スクショを載せておきます(#^.^#)

大暴落でも継続運用を発注


ブロック戦略発注①
ブロック戦略発注②


ブロック戦略発注③
ブロック戦略発注④


不要な注文を停止


ブロック戦略発注-スタートダッシュ①
ブロック戦略発注-スタートダッシュ②


大暴落でも継続運用をもう1セット発注


ブロック戦略発注②
ブロック戦略発注④


不要な注文を停止


ブロック戦略発注-スタートダッシュ⑤
ブロック戦略発注-スタートダッシュ②


▼スタートダッシュ完成形
ブロック戦略発注-スタートダッシュ完成

スタートダッシュするブロックだけ倍の数量になっていればOK!!

上記は1セット100万円のスクショですが、これが5セットでも10セットでも同じ考え方です(#^.^#)

※停止させた設定はタブの【稼働/建玉】を【すべて】に変更すると確認できます。


▼鈴の口座画面
ブロック戦略_鈴

例えばわたしは1,500万円なので15セット運用していますが、見た目は一緒です(^^ゞ


ちなみに比較の意味も兼ねて、スタートダッシュ分だけ利確幅を8ドル⇒4ドルに変更しています。




5.【実績】トライオートETFの運用に必要だった資金の検証

わたしは0ドルまでの暴落に耐えれるように資金を投入していますが、これまで0ドルまで暴落したことはありません(^_^;)

そこで、これまでの運用で実際に必要だった資金を分析してみました。

2018年
運用月 口座への
入金必要額
実現
損益
証拠金 評価
損益
推奨
証拠金
2018/04 483,356円 89,961円 415,200円 -157,044円 1,067,481円
2018/05 312,070円 170,412円 456,300円 -25,109円 1,239,878円
2018/06 578,132円 314,560円 608,400円 -283,219円 1,662,271円
2018/07 453,769円 448,634円 655,200円 -246,130円 2,004,527円
2018/08 5,691円 544,127円 491,400円 -24,072円 1,599,375円
2018/09 59,973円 544,127円 491,400円 -78,354円 1,674,975円
2018/10 1,773,641円 556,101円 1,014,000円 -1,314,669円 3,200,000円
2018/11 1,931,965円 556,101円 1,014,000円 -1,472,993円 3,200,000円
2018/12 2,970,428円 556,101円 1,014,000円 -2,511,456円 3,200,000円

2019年
運用月 口座への
入金必要額
実現
損益
証拠金 評価
損益
推奨
証拠金
2019/01 2,137,447円 556,101円 1,014,000円 -1,678,475円 3,200,000円
2019/02 2,104,631円 589,168円 1,188,000円 -1,504,726円 4,200,000円
2019/03 1,566,647円 700,521円 1,188,000円 -1,078,095円 4,200,000円
2019/04 761,911円 817,684円 1,188,000円 -390,522円 3,400,000円
2019/05 2,012,229円 886,911円 1,188,000円 -1,710,067円 4,400,000円
2019/06 836,574円 1,127,139円 1,188,000円 -774,640円 4,400,000円
2019/07 440,955円 1,196,141円 1,188,000円 -448,023円 2,600,000円
2019/08 521,103円 1,260,065円 957,600円 -822,495円 2,600,000円
2019/09 485,795円 1,334,068円 957,600円 -861,190円 2,600,000円
2019/10 -92,420円 1,376,005円 957,600円 -324,912円 2,600,000円
2019/11 -446,333円 1,427,728円 957,600円 -22,722円 1,000,000円
2019/12 -863,780円 1,512,844円 628,200円 -19,791円 1,000,000円

2020年
運用月 口座への
入金必要額
実現
損益
証拠金 評価
損益
推奨
証拠金
2020/01 -1,132,164円 1,613,907円 376,200円 -104,470円 1,000,000円
2020/02 376,859円 1,801,987円 1,152,000円 -1,025,773円 4,000,000円
2020/03 2,242,688円 2,383,561円 1,900,800円 -2,724,376円 7,000,000円
2020/04 178,254円 2,557,990円 1,382,400円 -1,352,771円 6,000,000円
2020/05 -702,407円 2,659,504円 1,231,200円 -724,824円 5,000,000円
2020/06 -1,498,065円 2,829,287円 1,108,800円 -221,349円 5,000,000円
2020/07 -2,377,175円 3,112,282円 633,600円 -100,434円 2,000,000円
2020/08 -2,908,979円 3,429,142円 504,000円 -15,090円 1,000,000円
2020/09 -1,240,881円 3,765,863円 1,613,140円 -910,769円 4,000,000円
2020/10 -2,164,656円 3,940,996円 595,370円 -1,179,897円 3,000,000円
2020/11 -3,195,776円 4,317,811円 950,400円 -170,562円 3,000,000円
2020/12 -4,243,730円 4,558,114円 304,000円 -9,311円 1,000,000円

2020年
運用月 口座への
入金必要額
実現
損益
証拠金 評価
損益
推奨
証拠金
2021/01 -3,496,810円 4,671,692円 964,000円 -209,809円 8,659,440円
2021/02 -3,450,088円 4,989,547円 1,020,000円 -518,386円 8,659,440円
2021/03 -3,741,342円 5,358,988円 1,134,000円 -482,573円 8,659,440円
口座への入金必要額:口座に入金する必要がある金額
実現損益:今までの利益の合計
証拠金:取引する際に必要となる担保金
評価損益:含み損益のこと。保有ポジションを全決済した際に発生する損益
推奨証拠金:インヴァスト証券で推奨している運用資金(証拠金+想定される含み損)


ロスカットされずに運用するには『証拠金』と『評価損益』を合わせた金額より多くの資金が口座に残っている必要があります。

2020年3月の評価損益が『-2,724,376円』が最大となっています。 ただし、2018年12月の方が評価損益が『-2,511,456円』と小さいですが、運用を始めたばかりで利益が積み重なっていないため、『口座への入金必要額』が大きくなっています。

口座への入金必要額』+『実現損益(556,101円)』>『証拠金(1,014,000円)』+『評価損益(-2,511,456円)』を満たすために


口座への入金必要額(2,970,428円)


が必要になります。 

スワップ積立実績-必要資金の考え方

今のところは推奨証拠金よりも少ない金額で運用できていることが分かります。


ただし、各月の含み損は月末の値にしていますので、瞬間的にはそれ以上の含み損が発生していた可能性が高いです。 

検証データとして口座への入金必要額(2,970,428円)を出してみましたが、わたしはそもそも0ドルまでの暴落に耐えられるように資金を投入しています(^^ゞ


▼2021年4月1日時点の口座状況
トライオートETF



6.【実績】毎月の不労所得と投資元本

毎月の不労所得と実際に入金していた資金をまとめました。

実際に運用に必要だった資金である口座への入金必要額と合わせて参考にしてください( ^^) _旦~~

2018年
運用月 不労所得 投資元本
2018/04 89,961円 1,000,000円
2018/05 80,451円 1,000,000円
2018/06 144,148円 2,200,000円
2018/07 134,074円 1,050,000円
2018/08 95,493円 1,050,000円
2018/09 0円 1,050,000円
2018/10 11,974円 4,250,000円
2018/11 0円 4,250,000円
2018/12 0円 4,250,000円

2019年
運用月 不労所得 投資元本
2019/01 0円 4,250,000円
2019/02 33,067円 5,250,000円
2019/03 111,353円 5,250,000円
2019/04 117,163円 5,250,000円
2019/05 69,227円 5,250,000円
2019/06 240,228円 5,250,000円
2019/07 69,002円 5,250,000円
2019/08 63,924円 5,250,000円
2019/09 74,003円 5,250,000円
2019/10 41,937円 5,250,000円
2019/11 51,723円 5,250,000円
2019/12 85,116円 5,250,000円

2020年
運用月 不労所得 投資元本
2020/01 101,063円 5,250,000円
2020/02 188,0880円 5,250,000円
2020/03 581,574円 6,250,000円
2020/04 174,429円 5,250,000円
2020/05 101,514円 5,250,000円
2020/06 169,783円 5,250,000円
2020/07 282,995円 5,250,000円
2020/08 316,860円 5,250,000円
2020/09 336,721円 5,250,000円
2020/10 175,133円 5,250,000円
2020/11 376,815円 5,250,000円
2020/12 240,303円 5,250,000円

2021年
運用月 不労所得 投資元本
2021/01 113,578円 9,838,033円
2021/02 317,855円 9,628,033円
2021/03 369,441円 9,418,033円
平均 148,861円 4,860,669円


2018年4月からの運用実績を集計すると月平均約15万円の不労所得が得られています。

ただし、表を見てもらうと分かりますが、毎月の利益には非常に大きな波があるので、注意が必要です。

トライオートETFはコツコツ利益が積み重なるというより、……ドカーン、……ドカーン、……ドカーンのように爆発する感じなので、そこは覚悟しておきましょう(^^ゞ

ただ、そもそもナスダック100トリプルは上昇傾向の指数なので、ロスカットさせずに待ち続けていれば利益が積み重なります

もちろん、今後も右肩上がりが続くかは保証できませんが、ナスダック100トリプルはアメリカ株のセット商品なのでアメリカが成長を続ける限りは、上昇を見込めるはずです。

「長期的に上昇傾向の米国株」×「強烈に乱高下するナスダック100トリプル」×「自動売買の仕組み」ということで、今後も継続して利益を得られることを期待しています(^^♪

\米株インデックスの破壊力&安定性(^^♪/
トライオートETF



7.鈴のトライオートETF設定のQA

ここからはよくある質問をまとめてあります。

Q.鈴のトライオートETF設定を少ない資金で運用する方法はありますか?

現在のブロックだけ運用すれば33万円で運用可能です。


ブロック戦略を少額(33万円)で運用する方法



Q.追加投資する時はどうしたらいいですか?

100万円なら1セット、33万円なら1ブロックを追加発注可能です。


【トライオートETFの複利運用】追加投資する方法を解説



Q.必要資金(100万円)と推奨証拠金が違うんですが?

算出根拠が違います。

  • 必要資金:0ドルまで耐えられる資金量
  • 推奨証拠金:インヴァスト証券がおすすめする資金量

推奨証拠金


推奨証拠金は0ドルまでは耐える資金量にはなっていません(^_^;)


Q.ナスダック100トリプルが大暴落したらどうなりますか?

併合という処理が行われる可能性が高いです。

極端な高値や安値のレートでは取引がしづらいので、『口数をまとめる併合』や『1口を分ける分割』が行われます。

仮に9ドルなど一桁まで下落したとしても3:1などの併合を行えば、『9ドル×3口』⇒『27ドル×1口』のように、資産価値を変えずに取引しやすいレートに変更可能です。

ただ、併合が間に合わないほど急激に暴落した場合は繰上償還⇒強制ロスカットとなるリスクがあります。

まあ、上昇傾向のナスダック100トリプルの場合、高値になり過ぎて分割されたことはありますが、安値になり過ぎて併合されたことはないので、実際にどういう対応になるかは未知な部分がありますね(^^ゞ


ナスダック100トリプルが大暴落したらどうなる?



Q.繰上償還の場合どの程度の損失になりますか?

最大で1セット100万円の損失の可能性があります。

【1セット100万円のリスク】トライオートETFで大損する時の損失額は?



Q.最短でセミリタイアするにはどうしたらいいですか?

超ハイリスクな設定ですが、数年でセミリタイアを目指す逃げ切りプランがあります。

トライオートETFでセミリタイアを目指す逃げ切りプラン



Q.米株への投資なら株価指数CFDとトライオートETFどちらがいいですか?

爆発力ならトライオートETF、コツコツ積み上げたいなら株価指数CFD。 

繰上償還が起こらない限りはトライオートETFの方が大きな利益を見込めると思います。

ただし、未だ発生したことが無いとは言え、もし繰上償還が起きれば1セット100万円の損失があり得るので、コツコツ利益を積み上げたいなら株価指数CFDの方が向いています(^^ゞ


鈴の株価指数CFD積立実績
 


Q.トライオートETFは金利の影響が大きいって本当ですか?

わたしの実績だと金利の影響は3%程度です

以下がわたしの実績から決済益、分配相当額、金利等を切り分けたグラフです。

トライオートETFの金利の影響202103

▶鈴のトライオートETF設定の金利負担
  • 決済益:+4,902,834円
  • 分配相当額:+96円
  • 金利等:-95,974円
  • 合計:+4,806,956円
※CSVファイルが残っていた2019年4月からの実績


金利の影響は非常に小さいことがわかります(^^♪

これはトライオートETFの仕組上、買い⇒売りを繰り返すので、長期間保有するわけではないからですね。


トライオートETFの金利負担



Q.初めからブロック戦略で運用していたんですか?

2020年12月までは無限ナンピン戦略で運用していました。

トライオートETFの運用方針_無限ナンピン戦略

無限ナンピン戦略の詳細










鈴のトライオートETF設定について、載せた方がいいなと思う質問が来たら追加していく予定です(^^♪

以上、鈴のトライオートETF設定と運用実績…でした!!


関連記事:
トライオートETFの口座開設のやり方は以下の記事にまとめてありますので、参考にしてください。画像付きで紹介しているので、簡単に開設できると思います( ^^) _旦~~

【トライオートETFの始め方】口座開設から設定方法まで解説



トライオートETFの詳細(公式HP)】 


\米株インデックスの破壊力&安定性(^^♪/
トライオートETF


LINEで更新通知を受け取る▼



Instagramでも情報を発信中▼


Twitterでも情報を発信中▼