トライオートETF月次

2019年11月のトライオートETFによる不労所得は51,723円でした。

トライオートETFとはETFを対象とした自動売買の仕組みで、設定さえすれば自動で取引を行ってくれます(^^♪

わたしは長期的には上昇傾向である米国株のインデックス『ナスダック100トリプル』を対象に自動で買い⇒売りを繰り返し、利益を積み重ねています

わたしのトライオートETF設定も公開しているので、セミリタイアの参考にしてください(^^ゞ

また、トライオートETFの概要を詳しく知りたい方はまずは以下の記事をどうぞ!

【トライオートETFの始め方】口座開設から設定方法まで解説



1.1ヶ月間のトライオートETF不労所得

1ヶ月間のトライオートETF不労所得
銘柄 今月の利益 累計利益 評価損益
ナスダック100トリプル
_スリーカード
-63,869円 445,912円 0円
ナスダック100トリプル
_ライジング
115,592円 969,468円 -22,722円
ナスダック100トリプル
_カウンター
0円 11,275円 0円
高利回り社債
_カスタム
0円 1,073円 0円
合計 51,723円 1,427,728円 -22,722円

2019年11月は約5万円の不労所得でした(^^ゞ

ナスダック100トリプルが好調で運用しているライジングは約12万円の利益だったのですが、旧戦略で放置していたスリーカードがマイナスで決済されたので、合計で5万円ほどになってしまいました。

ただ、これでポジションがきれいになったので、新戦略に集中できます……と思いきやなんと12月からトライオートETFがリニューアルされ、ナスダック100トリプル_ライジングが無くなってしまいましたΣ(・□・;)

(注)ここからはちょっと愚痴が続きます( ̄▽ ̄;)

非常に絶好調なのに公式が仕組みを無くしてくるという非常事態です。

まあ、ライジングって完全なほったらかしだと下落時に含み損ドーンなので、何も考えずにそのまま運用した初心者が撤退していくのは分かります。

ただ、上昇相場で力を発揮するライジングはちゃんと使いこなせば上昇傾向の指標とは相性抜群だったのに残念です。。。

そもそもトライオートETFのロジックって初心者でも始めやすいけど、初心者では利益を出しにくい仕組みばっかりなんですよね。

ただ、ちゃんと考えて活用すればいい仕組みなので、初心者向けを謳わずにしっかりと教育して欲しいところです。

しかもトライオートETFって明確な競合他社がいないんですよ。

なんでこうなっちゃうかな……残念で仕方がありません(´;ω;`)

まあ、とは言っても例え一部の利用者が利益を上げていようと会社として提供していくメリットがないと判断されたのなら仕方がないでしょう。

新たな仕組みを考えます!!

※ここから戦略についてです

最初はカスタムで疑似ライジングを作成してしまおうかと思いましたが、利幅の設定など相場に合わせて変更など手間がかかり過ぎるので、新たなに登場したヘッジャーというロジックを活用しようと考えています。

▼ロジック:ヘッジャー▼
ヘッジャー
上昇相場を追いかけますが、暴落時には売りでヘッジを狙うという一見悪くなさそうな仕組みです。

ただ、以下の2点が気になります。

  1. 高い時に買いポジションを持ち、安い時に売りポジションを持つ
  2. ⇒普通逆ですよね……

  3. 損切り幅が非常に大きく、損大利小になっている
  4. ⇒基本は損は小さく利益は大きくする「損小利大」を目指す 

というように基本から外れているんですよね……

まあ、名前通り評価損をヘッジしているので、これまでのロジックに比べて大負けはしにくいかなと思いますが、ほったらかしても勝てるとは思えません。

と言うわけで、基本はヘッジャーをカスタムして売り設定を無くした上での無限ナンピン戦略で行こうと思います!!

ただ、高値の局面では売りを入れるのもありだと思うので、以下のようするつもりです。

▶ライジングの買い増し方針
  • 最高値:ヘッジャー⓪
  • 最高値から10%下落:ヘッジャー①
  • 最高値から20%下落:ヘッジャー②
  • 最高値から30%下落:ヘッジャー(売り無し)③
ライジングだった時と同様に最大で10セットですが、ナスダック100トリプルが0ドルになる事は考えにくいので、現実的には8セットくらいになると想定しています。

1セット100万円なので、およそ800万円程度となります。
(予算100万円以下の人は1セット10万円で運用すればいいでしょう。)

また、現在のナスダック100トリプルの最高値が約78ドルなので、ヘッジャーの稼働レートは以下のようになります。
▶ヘッジャーの稼働レート
  • 最高値:78ドル
  • ヘッジャー⓪:78ドル
  • ヘッジャー①:70ドル
  • ヘッジャー②:62ドル
  • ヘッジャー③(売り無し):54ドル
  • ヘッジャー④(売り無し):46ドル
  • ヘッジャー⑤(売り無し):38ドル
  • ヘッジャー⑥(売り無し):30ドル
  • ヘッジャー⑦(売り無し):22ドル
  • ヘッジャー⑧(売り無し):14ドル
  • ヘッジャー⑨(売り無し):6ドル
わたしはライジング⓪が稼働中ですが、今から始める人はヘッジャー⓪として、1セット稼働させればいいですね(^^ゞ

下落する指標で買い下がっても被害を拡大させるだけですが、ナスダック100トリプルのように上昇傾向の指標では安値で買い増すことで利益を向上させられます

ただ、上昇局面で大量のポジションを保有して、その後大暴落するとダメージが大きいので、稼働するヘッジャーは常に1つまでとし、下落して新たなヘッジャーを稼働させる場合は、より高値のヘッジャーを停止させる予定です。
トライオートETFの運用方針_ヘッジャー
ヘッジャーを停止させても、ポジションと決済注文は残るので、ほっておけば相場が回復した時に勝手に決済されます。

さらに高値付近の⓪①②では売り注文でのリスクヘッジが入っているので、暴落時のダメージも最小限で済むでしょう。

※上昇傾向のナスダック100トリプルで安値で売りポジションを持ってしまうと後で地獄を見ることになるので、売り注文を稼働させるのは高値の時だけです

ちなみに売り設定を⓪~②としたことに大きな意味はないので、③以降も設定するかどうかは今後の検証課題ですね。

このやり方ならある程度安定して利益が発生する上に10%下落するごとに買い増していくので、推奨証拠金で運用していてもロスカットはしないかなと考えています。(ここは今後の検証課題です)

戦略の詳細は鈴のトライオートETF設定を確認してください(^^♪

▼2019年12月1日の口座状況▼
トライオートETF
注文名で言うと【ナスダック100トリプル_ライジング⓪】が鈴のトライオートETF設定です。

【世界株ITF自動売買1.5倍】と言うのはインヴァストカードというクレジットカードのポイントで運用している仕組みになります。

いきなり資金を投入するのは……という人はインヴァストカードでポイント運用がお手軽です。

ハッキリ言って、ポイント運用では額が小さいので、大して増えませんが、元手はかからないので、資産運用初心者の導入にはいいと思います。

インヴァストカードの詳細が知りたい方は『元手ゼロでもポイントだけで積立投資ができるインヴァストカード』を参考にしてください。
インヴァストカード103週目
元手ゼロでもポイントだけで積立投資ができるインヴァストカード


また、今後は相場状況に応じて、ナスダック100トリプル_ライジングの停止・稼働を行うことになります。

設定を変更する時はまずTwitterで連絡するようにするので、フォローしておいてもらえるとすぐわかると思います(^^♪




2.実現損益と合計損益の推移

下の図はわたしが運用しているトライオートETFの実現損益と合計損益の推移です(^^♪   トライオートETF設定の実績201911

▶鈴のトライオートETF運用実績
  • 実現損益:+1,427,728円
  • 評価損益:-22,722円
  • 合計損益:+1,405,006円
わたしはトライオートETFを600万円で運用し、月平均7万円の不労所得を得ています。

現在絶好調のトライオートETFですが公式がライジングの提供を停止するというまさかの暴挙に出たので、ちょっとピンチです!!

まあ、新ロジックのヘッジャーでも売り設定を無しにすれば近い動作をすると思うので、問題なはずですが、また検証が必要ですね( ̄▽ ̄;)

新戦略とわたしの設定については『鈴のトライオートETF設定』を参照してください。(12月13日までにはヘッジャーを活用した新戦略になっているはずです)

鈴のトライオートETF設定


また、トライオートETFが気になったという方は概要と具体的な始め方を以下の記事を参考にしてください(^^ゞ

【トライオートETFの始め方】口座開設から設定方法まで解説


トライオートETFの詳細(公式HP)


Instagramでも情報を発信中▼
鈴@セミリタイア生活中さん(@semiritaia_suzu)がシェアした投稿 -


Twitterでも情報を発信中▼