【927】AUDNZD_コア&ホールドの運用を開始!!

自分年金作りは順調だけど、値動きが無さ過ぎて退屈。
もう少しリスクを取って攻めたい。
やっぱり攻めるなら、豪ドル/NZドル_コア&ホールド戦略かな?


こういった疑問に答えていこうと思います(^^♪

▶この記事で分かること


どうも鈴(@semiritaia_suzu)です!!

わたしが約2,000万円運用している豪ドル/NZドルの設定を33万円で運用できるようにカスタムした暴落局面でも攻める豪ドル/NZドル_コア&ホールド戦略を9月27日(月)から運用します(^^♪

ここ1年で約30%の利回りになっている設定の少額版なので、わたしの戦略を参考にしている人は、この記事を読んでぜひ取り入れて見てください!!

\AUD/NZDコア&ホールド戦略を1クリック発注/
トライオートFX


豪ドル/NZドル_コア&ホールド戦略の役割

わたしは『必要最低限の生活費を受け取る鈴のトラリピ設定ワイドレンジ)』と『リスクを取って大きな利益を狙うコンサルトラリピナローレンジ)』の2階建てトラリピを約5,000万円で運用しています。

【初心者向けのワイドレンジ】  鈴のトラリピ設定の運用実績202108
▶鈴(suzu)のトラリピ運用実績
  • 実現損益:+11,428,572円
  • 評価損益:-1,555,670円
  • 合計損益:+9,872,902円
鈴のトラリピ設定

【上級者向けのナローレンジ】  コンサルトラリピの運用実績202108
▶コンサルトラリピの運用実績
  • 実現損益:+5,245,568円
  • 評価損益:-1,734,512円
  • 合計損益:+3,511,056円
コンサルトラリピ

順調に利益を積み重ねている戦略とは言え、いきなり5,000万円なんて用意できませんよね?


そこで5,000万円で運用しているわたしの2階建て戦略を『トラリピ自分年金作り(30万円)』と組み合わせて計63万円で運用するために構築した設定が豪ドル/NZドル_コア&ホールド戦略です(^^♪

2階建て戦略の比較_コア&ホールド

▶現在の利回り
  • 2階:豪ドル/NZドル_コア&ホールド戦略⇒約30%
  • 1階:自分年金作り⇒約10%

【2階建てトラリピ】自分年金作り×AUD/NZDダイヤモンド戦略で攻める方法

※ダイヤモンド戦略とコア&ホールド戦略の違いは利確幅だけ

【補足】
豪ドル/NZドル_コア&ホールド戦略は豪ドル/NZドルが安値圏にある時にしか機能しないので、運用できるのは今だけです。

相場から大きく逸脱した利益率なので、常にこの利回りが出せるとは思わないでください(^_^;)




【9/27開始】豪ドル/NZドル_コア&ホールド戦略の発注手順

豪ドル/NZドル_コア&ホールド戦略は「暴落局面でも攻める豪ドル/NZドル_コア&ホールド戦略」という名前でトライオートFXの認定ビルダーに登録されています。


【1クリック発注】暴落局面でも攻める豪ドル/NZドル_コア&ホールド戦略(33万円プラン)


認定ビルダーとはインヴァスト証券から認められたユーザーのことで、認定ビルダーが登録した設定は他のユーザも1クリックで発注することができます


使い方も非常に簡単!!

わたしが入力した設定が保存されているので、それを選ぶだけで運用できるというわけです(^^♪


ただし、今回は期間限定で利益が7倍になるスタートダッシュを行うので、ちょっと手間を掛けて4つのSTEPで発注していきます!!

【利益7倍】コア&ホールド戦略でスタートダッシュする方法



まずは普通に暴落局面でも攻める豪ドル/NZドルコア&ホールド戦略を発注します。

STEP①:普通に発注


認定ビルダー発注①
認定ビルダー発注②


認定ビルダー発注③
認定ビルダー発注④


本来ならこれで発注完了なんですが、ここからスタートダッシュの操作です。

資金を貸し出すために2つの買いコアレンジを停止させます。

STEP②:買いコアの停止


1
2


3
4


5
6


買いコアレンジを停止させることで資金が浮いたため、いよいよスタートダッシュしていきます。

STEP③:スタートダッシュ分の発注


7
8


9
10


11
12


13
14


15
16

【注意点】
スマホアプリだとカート内でグループ名が表示されません。

判別が難しいためPCで操作するか、相場の動いていない土日に全てのグループを発注⇒ホーム画面で不要なグループの削除と数量の変更をした方が楽だと思います。


ここまででスタートダッシュ自体は出来ているのですが、ホールドレンジでも利益を積み重ねたいので、利確幅を狭くしておきましょう!!


利確幅を狭くしておけば、コアレンジまで相場が回復した時にスタートダッシュのポジションが無くなるので、通常形への変更もスムーズに行えます(^^♪

STEP④:利確幅の変更方法


利確幅変更①
②


③ ④


⑤ ⑥


⑦ ⑧


今回は通常分についてもNZの利上げが先行しており、暫く下目線が続く見込みであることから、利確幅を狭くしました(^^♪


▼スタートダッシュ後の口座画面 スタートダッシュの完成形
※この画面になっていればスタートダッシュの操作は成功です



なぜこのタイミングで運用を開始するの?

理由は3つです(^^♪

①過去最安値付近で下落幅が限定的

豪ドル/NZドルの安値はコロナショック時の0.99です。

▼豪ドル/NZドルチャート(約20年)
豪ドル/NZドルのチャート

オーストラリアとニュージーランドの力関係から言っても1.0を大幅に割るケースは考えにくいので、1.03ドル付近で推移している現在(2021年9月)は下落幅が限定的で非常に始めやすいタイミングと考えました。

しかも今ならスタートダッシュで利益7倍を狙えます(^^♪

【今なら利益7倍】コア&ホールド戦略でスタートダッシュする方法



②最近は値動きが無さ過ぎて退屈

最近、相場がめっきり動きません(^_^;)

まあ、休むのも相場と言う格言もあるくらいなので、動きのない時は無理せずまったりしていてもいいのですが、いくら何でも退屈過ぎます。

こんな状況が続くと自分年金作りのリスクを上げて、大きな利益を狙う人も出てくることが考えられます。

30代から受け取れる自分年金の作り方



それよりは初めからリスクを取る設計になっている豪ドル/NZドル_コア&ホールド戦略で、2階建ての運用をした方がよいと考えました(^^♪

2階建て戦略の比較

為替が永遠に動かないということは無いと思っていますが、もし今後も停滞が長く続くようなら、基本は自分年金作りで稼ぎつつ、大チャンスの通貨ペアがあれば切り出して運用するというのがスタンダードになるかもしれません。


③自分で使ってみないと分からない

トライオートFXの「暴落局面でも攻める豪ドル/NZドル_コア&ホールド戦略」は元々トラリピ自分年金作りと口座を分けたいという要望から誕生した設定です。

一つの口座で全く異なる思想の戦略を運用すると分かりずらいですからね。
気持ちは分かります(^_^;)

スリーミリオン倶楽部メンバーや法人口座を除いて、トラリピ口座は一つしか持てない


戦略自体はわたしが約2,000万円で約1年運用しているコンサルトラリピの設定と同じなので、問題はないと思っています。

それでもトラリピとトライオートFXは異なるサービスなので、全く運用していないと対応が必要な時に気付けない恐れがあります。

投資は自己責任とは言え、人気で利用している人が多いこともあり、自分でも利用して確かめたいと考え、わたしもトライオートFXで運用することにしました(^^ゞ



コア&ホールド戦略のQA

自分年金作りが完成していないけど始めてもいいの?

A.問題ありません。

ただし、コア&ホールド戦略は数年で通用しなくなる見込みなので、自分年金作りを全く運用していないと、豪ドル/NZドルのレンジが動いた場合に全く不労所得が得られなくなってしまいます。


資金量的には、

    自分年金作り > コア&ホールド戦略

が無難だと思います。


自分年金作りより先に始めてもいい?

A.問題ありませんが、自分年金作りもセットで運用した方がいいです。

コア&ホールド戦略は元々ある程度の相場観が必要な戦略です。

頼りきりになると豪ドル/NZドルのレンジが移動した時に何もできなくなってしまうので、相場観が無くても運用できる自分年金作りと組み合わせての運用がおすすめです!!


本当に1クリック発注でいいの?

A.スタートダッシュ&利確幅を調整するとより高利回りを目指せます。

スタートダッシュ

利益7倍のスタートダッシュのやり方



利確幅の変更

コンサルトラリピでは2021年9月現在、買いホールドレンジを40pipsにしています(^^♪

9月27日(月)も40pipsで始める予定です。

利確幅の変更方法


① ②


③ ④


⑤ ⑥


⑦ ⑧




本当に利回り30%も出るの?

A.未来は分かりませが、わたしは出ると思っています。

あくまで過去の実績から想定したわたしの予想です。

出だして言うと、現状では豪ドル/NZドルは下目線※なので、運用開始直後はそれほど利益は出ないと思います。

ただし、豪ドル/NZドルが上目線になったタイミングで大量決済されるので、運用開始⇒コアレンジまで上昇してスタートダッシュ終了までの期間全体で見れば年間利益率30%は妥当な数字と考えています。

そして、コアレンジで上下するようになれば過去の実績から見て、これまた年間利益率30%は妥当な数字になります。

理想を言うと、豪ドル/NZドルが上目線になるタイミングで運用を開始するのがいいのですが、それを予測するのは難しいので、下落幅が限定的なこのタイミングで運用を開始する事にしました。

※豪ドル/NZドルはオーストラリアとニュージーランドの金利差で変動する傾向があります。

そして現在、ニュージーランドの利上げが先行する見込みなので、豪ドル/NZドルは下目線というわけです。

逆にオーストラリアの利上げが始まれば上目線になります。




【まとめ】9/27AUD/NZDコア&ホールド戦略の運用開始

9月27日(月)より運用を開始する『暴落局面でも攻める豪ドル/NZドル_コア&ホールド戦略』は5,000万円で運用しているわたしの戦略を『トラリピ自分年金作り(30万円)』と組み合わせることで63万円で運用するための仕組みです。


『必要最低限の生活を受け取る自分年金作り』と『リスクを取って大きな利益を狙う豪ドル/NZドル_コア&ホールド戦略』を組み合わせて資産形成に役立ててください(#^.^#)

▶この記事で分かること

関連記事はこちらから( ^^) _旦~~

30代から受け取れる自分年金の作り方



【1クリック発注】暴落局面でも攻める豪ドル/NZドル_コア&ホールド戦略(33万円プラン) 



【トライオートFXの始め方】インヴァスト証券の口座開設のやり方を解説




33万円で鈴の戦略を完コピ!!


\AUD/NZDコア&ホールド戦略を1クリック発注/
トライオートFX


LINEで更新通知を受け取る▼




Instagramでも情報を発信中▼


Twitterでも情報を発信中▼