株価指数CFD積立攻略ロードマップ

株価指数CFD積立で資産形成したいけど、どうしたらいいか分からない。
株価指数CFD積立を攻略するのためのロードマップが欲しい!!


こういった疑問に答えていこうと思います(^^♪


どうも鈴(@semiritaia_suzu)です!!

わたしは長期的な資産形成のために毎月30万円を米国S500の積み立てに回しています。

株価指数CFD積立実績20210823

▶株価指数CFDの運用実績
  • 実現損益:+4,947,666円
  • 評価損益:+2,101,779円
  • 合計損益:+7,049,445円
鈴の株価指数CFD積立実績



株価指数CFD積立では長期的に上昇傾向の株式インデックスを対象にしているので、相場観が無くても長期的には資産を伸ばすことができます。


今回はそんな株価指数CFD積立について、攻略のためのロードマップを用意しました!!



\イギリス100&S&P500を積み立て(^^♪/


1.株価指数CFD積立を攻略する10ステップ

株価指数CFD積立で資産を形成するための10のステップです。

このステップを乗り越えれば株価指数CFD積立の攻略完了と言っていいでしょう(^^♪

①株価指数CFDってなに?

まずは株価指数CFDってどんなものなのか知りましょう。

メリット・デメリットもまとめています。


株価指数CFDとは?メリットとデメリット



②株価指数CFD積立のための口座開設

続いて口座を開設しましょう(^^♪

先に戦略記事を見てもいいですが、実際にアプリを触りながら記事を見た方が圧倒的に楽です。

スマホだっていきなり分厚い説明書を読み込むより、実機を触りながら説明書を読んだ方が早く理解できますよね?

10分かからず口座開設できるので、わたしも利用しているGMOクリック証券をサクッと開設してしまいましょう!!


株価指数CFD積立の口座開設



③株価指数CFD積立の戦略と実績

わたしが実際に運用している戦略と実績です。

わたしが積み立てを開始した2017年1月以降の実績を月ごとに表形式でまとめてあります。

「株価指数CFDを積み立てることで本当に不労所得が得られるのか?」
「鈴が嘘をついていないか?」

しっかりと確認しましょう(^^♪


鈴の株価指数CFD積立実績



毎週実績報告しているのでこちらも裏付けに利用してください!!

週次報告(カテゴリー)



④株価指数CFD積立のリスク

株価指数CFDを実際に運用する前にリスクについて確認します。

最大でどのくらいの損失が出るのか把握した上で運用を開始しましょう!!

▶総必要資金
  • 拘束証拠金 = 必要証拠金+任意証拠金


必要証拠金は積み立てるための最低資金で、任意証拠金は余裕資金と考えることができます。
GMOクリック証券でイギリス100を複利運用-任意証拠金
参考:GMOクリック証券


わたしが実践しているイギリス100の例で考えてみると以下のようになります。

▶イギリス100積み立ての必要資金
  • 必要証拠金:約1万円
  • 任意証拠金:約4万円
  • 合計(拘束証拠金):5万円

GMOクリック証券でイギリス100を複利運用-必要証拠金
※計算を簡単にするために今回は必要証拠金を1万円として計算


必要証拠金だけだと必要最低限の資金なので『下落=即ロスカット』ですが、任意証拠金を追加することで、ロスカットレートを下げられるわけです(^^ゞ

イギリス100を例にすると任意証拠金が約4万円なので、4万円分の下落に耐えることができます。

3,076ポンド(下落可能なレート)=4万円(任意証拠金)÷130円(ポンド/円レート)÷0.1(取引単位)


現在のレート(2020年7月)は約6,200ポンドなので、約50%程度の暴落に耐えられる水準です。

リーマンショック前後の暴落が6,800ポンド⇒3,400ポンドと約50%の暴落だったので、50%は目安になると思います(^^ゞ


▼イギリス100のチャート(過去20年)
イギリス100のチャート


ロスカットした場合は任意証拠金分の損失が出て、必要証拠金だけ残ります。


大雑把ですが、

  • 必要証拠金:残る資金
  • 任意証拠金:許容できる損失

と考えることもできます。


 今回は鈴の株価指数CFD積立実績から転載しましたが、重要な部分なのでいずれ個別に記事にします(^^ゞ


⑤株価指数CFD積立の発注方法

株価指数CFD積立で資産を形成できることが分かったところで実際に発注します。

「習うより慣れろ」ということで、まずはわたしの積立方針をそのまま実践するのがオススメ!!

わたしは5万円でイギリス100、15万円で米国S500を積み立てています(^^♪


株価指数CFD積立の発注方法



⑥株価指数CFDで積み立てたい銘柄

▶運用実績
  • 値上がり狙い:米国S500
  • 配当狙い:イギリス100

世界経済の中心であるアメリカ株の米国S500が無難でしょうが、配当を重視したいならイギリス100もオススメです。

わたしは両方を積み立てています(^^♪


配当益のイギリス100と値上がり益のS&P500




⑦株価指数CFD積立の始めときは?

株価指数CFD積立の始め時は早ければ早いほどいいです。

暴落後に底値で始めるのが最も利益が出ると考えている人もしますが、それは誤りです(^_^;)

まとめ買いなら底値で買えるのが最良ですが、積み立て投資の場合は暴落を待たずに早ければ早いほど資産が伸びます。

一方的に上昇している米国S500では早い方が良いというのは当たり前過ぎるので、イギリス100で解説しました。


暴落前に積立投資を始めると損すると思っていませんか?



⑧株価指数CFD積立で複利運用する方法

運用を開始したら終わりではありません。

資金を追加したり、複利運用することで利益を拡大していきましょう。


【裏技】GMOクリック証券でイギリス100を複利運用する方法



⑨株価指数CFD積立の出口戦略

株価指数CFD積立は自動で決済されないので、自分で利確する必要があります。

適切に利確していきましょう!!


株価指数CFDの出口戦略



⑩株価指数CFD積立でロスカットした場合の対応

ロスカットしても終わりではありません。

損失を抑えたいなら、ロスカットしたら直ぐに同じ数量を買い直せばいOKです。

ポジションを即座に持ち直した場合、手数料(スプレッド)分は損失になりますが、大きな金額にはなりません(^^ゞ

つまり、ロスカットして直後に買い直すと、

  • ロスカット前
  • ⇒1万円(必要証拠金)-4万円(評価損益)-0万円(確定損益)

  • ロスカット後
  • ⇒1万円(必要証拠金)-0万円(評価損益)-4万円(確定損益)


となり、引き続き必要証拠金1万円が拘束され、評価損益が確定損益に変わるだけです。

相場上昇時も『含み損が減る』から『含み益が出る』に変わるだけなので、ロスカットしようが運用上の影響はありません。

神経質にロスカットを怖がる必要はないわけです。



2.不労所得はトラリピ&トライオートETFでゲット

株価指数CFD積立は長期的な資産形成に向いた手法ですが、手動で利確する必要があるので、日々の生活費を得るには向いていません。

そこで、生活費は定期的に不労所得を受け取れるトラリピ&トライオートETFに任せ、株価指数CFD積立は資産を伸ばすことに注力しましょう!!

長期的な資産形成に関しては、税金も先送りできるなど株価指数CFD積立は非常に優秀です。


【為替のトラリピ】自分年金の作り方


【株式のトライオートETF】設定と運用実績




3.その他株価指数CFD関連の記事

その他トライオートETF関連の記事です。

10ステップの補助的な記事や読みもの的な記事になっています。

戦略を構築するヒントとして使ってください。




【Q&A】株価指数CFD積立のよくある質問

株価指数CFD積立でよくある質問です(^^♪

米株への投資なら株価指数CFDとトライオートETFどちらがいいですか?

A.不労所得目的ならトライオートETF、長期的な資産形成目的なら株価指数CFD積立 

株価指数CFD積立はアメリカ経済が成長する限りは資産を伸ばすことができ、非常に安牌な手法です。

その代わり、利益を得るためには手動で決済する必要があるので、生活費など不労所得が目的ならトライオートETF、日々の不労所得が十分で長期的に資産を形成したいなら株価指数CFD積立と使い分けるといいと思います。







税金を先送りにして資産を形成できることから、長期的な資産形成にオススメの株価指数CFD積立を10ステップで攻略する方法を解説しました(^^♪


もし不足している情報があれば11ステップなど追記していくつもりです!!


関連記事:
株価指数CFDの積立方針と運用実績は以下の記事にまとめてあります。

鈴の株価指数CFD積立実績



口座開設のやり方は以下の記事にまとめてありますので、参考にしてください。アプリを触りながら解説記事を読んだ方が早く理解できます( ^^) _旦~~

GMOクリック証券の口座開設のやり方を画像11枚で解説



以上、【10ステップ】株価指数CFD積立攻略ロードマップ……でした。


株価指数CFD積立は長期的な資産形成にオススメ



\イギリス100&S&P500を積み立て(^^♪/


LINEで更新通知を受け取る▼



Instagramでも情報を発信中▼


Twitterでも情報を発信中▼