ユーロ/ズロチ戦略の反省と今後の方針

ユーロ/ズロチ戦略が絶好調だけど、このままでいいの?
ウクライナ情勢が荒れてるけど……
今後どうしたらいいか教えて!!


こういった疑問に答えていこうと思います(^^♪

▶この記事で分かること
  • ユーロ/ズロチ戦略の反省
  • 今後のユーロ/ズロチ戦略
  • 継続運用する際にNGなこと


どうも人付き合いが苦手で32歳でセミリタイアした鈴(@semiritaia_suzu)です!!

結果だけみれば、現状ユーロ/ズロチ戦略は絶好調です。 ユーロ/ズロチの半自動売買戦略の実績20220221

▶ユーロ/ズロチ戦略の運用実績
  • 実現損益:+978,971円
  • 評価損益:+184,868円
  • 合計損益:+1,163,839円
ユーロ/ズロチの半自動売買+スワップ戦略



ただ、実際に運用していた人からすると3月上旬は急上昇でヒヤヒヤだったと思います。

中には損切りを決断した人もいるでしょう。

というわけで、ユーロ/ズロチを渦巻く環境が落ち着いたわけではないですが、一度これまでの反省と今後の方針をまとめてみました。

継続運用する際にNGなことも書いたので、参考にしてください!!


\ユーロ/ズロチのスワップ運用(^^♪/



【途中経過】ユーロ/ズロチ戦略の反省

ユーロ/ズロチ戦略の反省、といってもユーロ/ズロチ戦略は運用を終えたわけではないので、あくまで途中経過です。

結論からいうと、2022年2月24日に『ロシアがウクライナへ侵攻した』というニュースを見た時点で運用を一時停止するべきでした。

当時のユーロ/ズロチは4.6くらいのレートで、4.7以上でポジションを持つ方針だったわたしはノーポジションでした。

これから不安定になるのにわざわざリスクを取りに行く必要はありません。

ではなぜわたしがそのまま運用を続けていたかと言うと、事態を甘く見ていたからです。

正直に言うと、わたしは武力衝突が起こるとは思っていませんでした。

  • ロシアは軍事に力を入れている国
  • ロシアとウクライナでは国力に圧倒的な差
  • 2014年のクリミア半島併合が頭をよぎる


こんな情報から、電撃作戦で終わり、武力的な衝突はほとんど起こらない。

世界がロシアを非難するも人的な被害もほとんど発生していないので、制裁も今より限定的で終わる。

武力的な戦争と言うよりも政治的なやりとりになる印象を持っていました。


その場合は隣国でしかないポーランド(ズロチ)に大きな影響があるとは思えず、いちいち戦略を変更するほどのことではないと、継続の判断を下したわけです。

ただ、実際には武力衝突が発生し、戦争になってしまいました。

その結果、ポーランドはウクライナの隣国のため、戦争に対する不安からユーロ以上に大きく売られる展開になったわけです。

戦争や旧ソ連、ヨーロッパの問題について詳しくないのに、「まー大丈夫だろう」と安易に考えたのが失敗でした。


現状の結果だけ見れば上昇は一時的でポジションを持ったのは正解。
大きな利益が出でいます。

ただ、リスクとリターンのバランスで考えると、2022年2月24日に『ロシアがウクライナへ侵攻した』というニュースを見た時点で運用を一時停止するのが正解だったと思います。



今後のユーロ/ズロチ戦略

取るべき方針は大きく2つです。

①戦争終了または停戦まで様子見

無難な選択です。

現在ズロチは利上げフェーズであり、6ヵ月連続で利上げし3.50%まで上昇しています。

▼ポーランドの政策金利の推移
ユーロ/ズロチの金利20220308
グラフの出典:https://jp.investing.com/economic-calendar/polish-interest-rate-decision-447

ユーロも利上げするかもしれませんが、ズロチほどの利上げになる可能性は限りなくゼロに近いため、焦る必要はありません。

ウクライナ情勢が落ち着いてから再スタートしても遅くはないと思います。


②撤退ラインを設定した上で継続

ウクライナ情勢が緊迫しているとはいえ、NATOに加盟しているポーランドへの影響は限定的と考え、戦略を継続します。

わたしはこの②の方針を取っています。

まあ、②の方針を取っているというよりは①の方針を取らなかったというのが正確ですが……


ロシアとポーランドが戦闘状態に入った場合、NATOに加盟している欧州の他の国やアメリカも戦う必要があります。(NATOは仲間が攻撃を受けたらみんなで戦おうって取り決め)

そうなるとロシアVSヨーロッパ&アメリカの戦争になるので、流石にそんな事態は避けるだろうというか、そんな事態は考えたくないです。

戦争がロシア⇔ウクライナで完結する場合、先日到達した5.0以下の水準で推移するだろうという考えです。

ユーロ/ズロチ

まあ、推測に推測を重ねているのでリスクは高いですが、ユーロ/ズロチ戦略はリターンがえげつないので、リスクとリターンのつり合いは取れていると思います。

わたしなんて、既にロスカットしてもマイナスにならない状態ですしね(^_^;)



【継続運用する際にNGなこと】どこまでも耐える

レートが急上昇しても資金を投入してどこまでも耐える戦略もありますが、現在のユーロ/ズロチに限ってはNGです。

理由はズロチの流通量が少ないからです。

流通量が少ないので、万が一戦争状態になった場合はFX会社では取引停止になる可能性があります。

FXはFX会社がインタータンク市場(金融機関向けの市場)を通じて仕入れた通貨を売買しています。

FXの仕組み
金融機関向けの市場なので規模が大きいのですが、それでも戦争状態になった場合はFX会社がズロチをさばけなくなる可能性があります。

ユーロ/ズロチの売りポジションを持つということはユーロを売ってズロチを買うということです。

ポジションを決済するためにはズロチを売る必要があります。

ただ、ポーランド(ズロチ)が攻め込まれている最中にズロチを買いたいという人がどれだけいると思いますか?

もちろん、仮に戦争になってもポーランドに住み続ける人やポーランド国内の企業はズロチが必要です。

でも、それって金融市場全体から見るとかなり小規模ですし、この人たちは既に保有しているズロチを使っての経済活動が主なものになると思います。

この人たちがユーロや米ドルを大量に持っていて、戦争中にユーロや米ドルを売ってズロチを買うかと言うと……まあ、そう多くはないでしょう。


売りたい量よりも買いたい量が少なくなれば取引が成立しなくなります。

取引が成立しなくなるとFX会社も困るので、そうなる前に取引停止にして、たとえ割高なレートでも強制決済させてしまいます。

そのため、いつか回復を期待して保有を続けるという戦略は取れない可能性があります。

ユーロ/円とかも一緒では?と思うかもしれませんが、ユーロの場合は規模が違います。

ユーロはEU全体で利用されている通貨なので、仮に戦争状態になってもEU圏に住む人はユーロを使いますし、EU圏の企業は日々の活動にユーロを使います。

ドイツやフランスの経済活動が止まるかと言うと、そんなことは無いと思います。

そうなると「どうせ戦争はNATO側の勝ちだろうし、戦争が終わればユーロが上昇するだろうから割安な水準の内にユーロを買っておきたい」と考える投資家も多いはずです。

まあ、理屈としてはポーランドも一緒なんですが、ホント経済規模が全然違うので。。。

下落することは避けられないでしょうが、取引が成立しなくなる可能性は極めて低いと考えられます。


いや、わたし自身もポーランドが戦争状態になるとは考えていないので、9分9厘は大丈夫だと思ってますよ。

でも万が一の時の損失がとんでもないことになる可能性があるので、ユーロ/ズロチを取引する際は必ず撤退ラインを決めておくことにしましょう。



【まとめ】鈴の今後の方針

わたしはこれまでの戦略通りに行きます。

ただ、わたしの場合、

  • 「戦争が始まった時に撤退しなかったのに、今さら撤退するの?」とむきになっている
  • ロスカットした時の損失は約180万円だが、既に180万円以上の利益が出ているのでマイナスにはならない

この辺りの状況も判断に影響しているので、慎重に検討してください。


▼ユーロ/ズロチの取引方針(過去20年のチャート)
ユーロ/ズロチ戦略202202

▶売買するタイミング
  • 売り:4.7⇒買い:4.6
  • 売り:4.8⇒買い:4.7
  • 売り:4.9⇒買い:4.8

▼ユーロ/ズロチ戦略の必要資金
必要資金

4.7、4.8、4.9で10万通貨ずつポジションを保有するので、必要資金は15万円+12万円+9万円=36万円で×10セットで360万円です。

ロスカットした時の損失は余裕資金の分なので、4.7(9万円)、4.8(6万円)、4.9(3万円)=18万円で×10セットで約180万円です。


要は1セット運用する場合は36万円必要で、ロスカットした時の損失が約18万円になるということです。


一応、5.0がロスカットの目安になりますが、ズロチ/円の想定レートを高めの30円にしているので、実際には5.1くらいまではロスカットされない可能性が高いと思います。


ということで今後わたしのやることは、

  1. 4.7、4.8、4.9に指値を注文する
  2. 口座資金が360万円超えたら出金する

この2つだけになります(^^♪

ユーロ/ズロチの半自動売買+スワップ戦略



また、ロスカットレートは5.0に拘らず、5.3とか5.5とかでもいいと思います。

ただ、個人的には5.5くらいまでが限界で、もし直近で6.0とか7.0とか行くようなら、状況が急変しているので、取引停止も見えて来るんじゃないかと思います。

ただ、FXで扱っている通貨の国が戦争状態になるって相当レアケースのはずなので、実際にはなってみないと分からないです。


まあ、そもそもがユーロ/ズロチ戦略は利益ブースト用の手法です。

セミリタイア向け
  • 定期的に不労所得が受け取れるため、セミリタイア後の生活費に適した手法
  • 手動で利確しなくても利益が受け取れる
資産形成向け
  • 資産価値の上昇が見込めるため、長期的な資産形成に適した手法
  • 利益を受け取るには手動での利確が必要になる
利益ブースト用
  • 長期的な運用は難しいが、短期的に大きな利益を狙える手法
  • 他の手法と組み合わせて利益をブーストする


メインとなるトラリピなどの添え物として、資金の一部を割り当てるのが正しい使い方です。

投資手法の選び方



わたしの実績では約4ヵ月でロスカットしてもプラスになるほど利益を生み出していますが、ハイリスクハイリターンな手法と考え、資金を投入し過ぎないように気を付けましょう(#^.^#)






以上、ユーロ/ズロチ前略の反省と今後の方針!継続運用する際にNGなこと…でした!!


ちなみにこの戦略で利用するIG証券は最大6万円もらえるキャンペーンをやっているので、利用するなら取引後の申請を忘れずに( ^^) _旦~~

IG証券で簡単に1.5万円貰えるキャンペーン中!!【最大6万円】



\ユーロ/ズロチのスワップ運用(^^♪/


LINEで更新通知を受け取る▼



Instagramでも情報を発信中▼


Twitterでも情報を発信中▼