【簡易版】トラリピでバックテストをする方法⇒トライオートFXを活用

トラリピのバックテストをしたいんだけど、どうしたらいい?


こういった疑問に答えていこうと思います(^^♪


どうも鈴(@semiritaia_suzu)です!!

わたしは計5,000万円で『広いレンジに仕掛ける初心者向けの鈴のトラリピ設定』と『狭いレンジに仕掛ける上級者向けのコンサルトラリピ』の2種類のトラリピを運用しています(^^♪

特に2,200万円で運用している鈴のトラリピ設定は幅広いレンジに仕掛けることで、相場観のない初心者でも運用できるのに、月平均20万円の利益を得ているため、大人気です。

鈴のトラリピ設定と運用実績



今回はそんなトラリピについてバックテストをしたいという問い合わせがあったので、回答していきます!!


トラリピの利益値幅についてはわたしなりの理論がありますが、自分の手で確認してみてください(^^♪

トラリピで最適な利益値幅



\今なら限定レポートが貰えます(^^♪/
マネースクエア



トライオートFXのビルダー機能でバックテスト

トライオートFXのビルダー機能を使うことで非常に簡単にバックテストを行うことができます。

まあ、トライオートFXはトラリピではないんですが、トライオートFXは自由度が高いため鈴のトラリピ設定をほぼ再現することができます。

トライオートFXで鈴のトラリピ設定を再現する方法



今回はトライオートFXの再現性が高いことを逆手に取って、トラリピのバックテストに利用してしまいます(*''▽'')


トライオートFXを利用したバックテストのやり方

・ビルダー機能とは?
自分だけの自動売買プログラムを作成し、シミュレーションすることが可能です。
しかもインヴァスト証券の口座を持っていれば誰でも無料で使うことができます


(例)自分年金作り_加ドル/円_買いをバックテスト

試しに自分年金作りの設定でバックテストをやってみます(^^♪

トラリピ自分年金作り



加ドル/円のトラリピ設定
新規・買い注文 新規・売り注文
通貨ペア CAD/JPY CAD/JPY
注文金額 0.1万(通貨) 0.1万(通貨)
レンジ 新規・買い
70.80~94.80
新規・売り
95.80~119.80
トラップ本数 31本 31本
利益値幅 0.8円 0.8円
決済トレール 設定しない 設定しない

バックテストの結果

自分年金作り_加ドル/円_シミュレーション

▶仕様
  • 期間が限定される(2021年6月現在は2019年1月~、2020年1月~の2パターン)
  • スペック(スプレッドやスワップ)はトライオートFXの値
  • 注文数は100本までしかできない
  • 複数通貨ペアのバックテストはできない
  • 決済トレールのバックテストはできない
  • 同じ通貨ペアなら買いと売りを同時にバックテストできる


超お手軽なので、ぜひ自分の手でやってみてください(^^♪

カウンター固定にチェックを入れた上で、利確幅とカウンター値を同じ値(買いの時は-、売りの時は+)にすればトラリピ式の設定になります。

ただ、レンジ幅の設定にちょっと癖があるので、想定する注文になるまで微調整してみてください。


ちなみに入力方法が分からない人は以下の記事をどうぞ( ^^) _旦~~

トライオートFXでトラリピ式の注文を入力する方法



▼参考:自分年金作り_加ドル/円_売りの設定

自分年金作り_加ドル/円_売り
※2019年1月以降は一度も95円以上になっていないので、取引はありません
※買いと売りを同時にバックテストできますが、設定の入力方法の参考のため記載


利益値幅のシミュレーションに便利

わたしはこのバックテスト機能を利益値幅のシミュレーションに使っています(^^ゞ

(例)自分年金作り_豪ドル/NZドル_買いのバックテスト

豪ドル/NZドルのトラリピ設定
新規・買い注文 新規・売り注文
通貨ペア AUD/NZD AUD/NZD
注文金額 0.1万(通貨) 0.1万(通貨)
レンジ 新規・買い
1.008~1.144
新規・売り
1.158~1.294
トラップ本数 18本 18本
利益値幅 変動 0.007ドル
決済トレール 設定しない 設定しない


バックテストの結果

▼利確幅10pips:7,739円
自分年金作り_豪ドル/NZドル_10

▼利確幅20pips:14,419円
自分年金作り_豪ドル/NZドル_20

▼利確幅30pips:17,947円
自分年金作り_豪ドル/NZドル_30

▼利確幅40pips:19,769円
自分年金作り_豪ドル/NZドル_40

▼利確幅50pips:19,830円
自分年金作り_豪ドル/NZドル_50

▼利確幅60pips:20,074円
自分年金作り_豪ドル/NZドル_60

▼利確幅70pips:21,402円
自分年金作り_豪ドル/NZドル_70

▼利確幅80pips:21,160円
自分年金作り_豪ドル/NZドル_80

▼利確幅90pips:22,101円
自分年金作り_豪ドル/NZドル_90

▼利確幅100pips:22,806円
自分年金作り_豪ドル/NZドル_100

想像していた以上に広い利確幅の成績がいいんじゃないでしょうか?

がっつりバックテストをやるならMT4を使ったりするんでしょうが、おおよその感覚を知るだけならトライオートFXのビルダー機能で十分です。

自動売買が好きな人はガチャガチャ弄って、色々なバックテストをしているだけで楽しいと思います(^^ゞ


トラリピなどFX自動売買を運用するなら口座を持っておくと便利です!!


【トライオートFXの始め方】インヴァスト証券の口座開設のやり方を画像10枚で解説



トライオートFXの口座開設(公式HP)


……ちなみにトライオートFXを運用するときは逆にトラリピ運用試算表でリスクを管理しているので、お互い持ちつ持たれずということで(^^ゞ

【全ての自動売買で必須】ロスカットレートが分かるトラリピ運用試算表の使い方 


\FX自動売買のバックテスト/
トライオートFX


鈴はスリーミリオン倶楽部のサービスを利用

トラリピのスリーミリオン倶楽部とは?使ってみたメリットを紹介

ちなみにわたしはスリーミリオン倶楽部のメンバーなので、本格的にバックテストをするときはコンシェルジュに依頼しています。


トラリピのスリーミリオン倶楽部とは?使ってみたメリットを紹介 


ハードルは高いですが、このやり方ならマネースクエアのシステムを使うので、実運用に近い環境でバックテストが行えます(#^.^#)

ただ、バックテストはメインのサービスではなく運用相談の一環としてやってくれているので、あんまり厳ついバックテストだと断られるかも……

わたし自身もバックテストをあまりやらないので、5年以上の間トラリピを運用していますが、本格的なバックテストは2回くらいしかしてないです。

大抵はトライオートFXのビルダー機能を使って、軽く比較する程度で終わります(^^ゞ

【鈴があまりバックテストやらない理由】
ガチガチに過去の相場に最適化してしまうと、変化に弱くなってしまうからですね。

わたしが知りたいのは過去最適だった設定ではなく、今後80点を目指せる設定です。

「過去に最も利益が出た」=「今後も最も利益が出る」となるなら話は簡単なんですが、そう単純には行かないんですよね……

もちろんリスクの見える化は重要ですが、リスクならバックテストより「トラリピ運用試算表(1通貨ペア)」と「リスクシミュレーション(複数通貨ペア)」の方が便利です。

複数通貨ペアのリスク管理



【おまけ】トラリピのせま得は?

せま得①

2021年7月1日からせま得がスタートします!!

……が、トライオートFXでバックテストをやってみると分かりやすいですが、20pipsはあり得ないですよね?

40pipsくらいだったら検討してもいいんですが……

どう考えても利益が小さくなるので、わたしは使わないです(^_^;)


キャンペーン期間内に保有したポジションが決済されるまで適用されるなら検討の余地はありますが、4ヵ月間だけスワップが有利になって、その後は通常のスワップになるならあまり効果はないです。


▼スワップが有利になるのは4ヵ月間だけ
せま得②

例えば5年間保有することになるポジションのマイナススワップが全期間ゼロになるなら非常にありがたいですが、5年間の内の4ヵ月間だけゼロになっても焼け石に水ですよね?

マイナススワップは長期間ポジションを保有しているからダメージが積み重なるのであって、たった4ヵ月のスワップだけ有利になっても負担は大して変わらないわけです。

それなら、利益値幅を広くして、決済益を最大化した方が効果的と判断しました。


まあ、せっかく簡易にバックテストができる仕組みがあるので、自分で手を動かしてシミュレーションしてみてください(^^♪


以上、【簡易版】トラリピでバックテストをする方法⇒トライオートFXを活用……でした!!


関連記事:
バックテストをしたい人はトライオートFXをどうぞ( ^^) _旦~~

【トライオートFXの始め方】インヴァスト証券の口座開設のやり方を画像10枚で解説



簡易版バックテスト!!



\FX自動売買のバックテスト/
トライオートFX




LINEで更新通知を受け取る▼




Instagramでも情報を発信中▼


Twitterでも情報を発信中▼