トラリピとトライオートETFどっちから始める?

資産運用を始めたいけど、何から手を付けていいか分からない。
セミリタイアを目指すならトラリピとトライオートETFどっちがいいの?


こういった疑問に答えていこうと思います(^^♪


どうも鈴(@semiritaia_suzu)です!!

わたしは2018年9月からセミリタイア生活を送っていますが、中心となって生活費を稼いでいるのはトラリピ&トライオートETFのコンビです(^^♪

毎週実施している不労所得報告でもこの2手法は目立っており、「トラリピとトライオートETFはどっちから始めたらいいの?」という問い合わせがよく来るので、 今回はそんな疑問に回答していきます(^^♪


\セミリタイアを目指す投資初心者にオススメ/
トライオートETF



\今なら限定レポートが貰えます(^^♪/
マネースクエア


130万円で資産運用を始める⇒トラリピ&トライオートETF

見も蓋もない回答ですが130万円用意できるなら、トラリピとトライオートETFを両方運用した方がいいです。

どちらも優秀な仕組みなんですが、やはり一つの手法だけで安定して不労所得を稼ぐことは難しいです。

わたしの実績を見ても、為替のトラリピが不調の時は株のトライオートETFが活躍し、株のトライオートETFが不調の時は為替のトラリピが活躍し、というようにお互いに補い合ってもらっています(^^♪

▶資金の割当

【トラリピ】自分年金作り




【トライオートETF】大暴落でも継続運用



どちらもわたしが実際に運用している戦略をスケールダウンさせただけなので、利益率はわたしと一緒です(#^.^#)



100万円で資産運用を始める⇒トライオートETF

100万円しか用意できないなら、まずはトライオートETFがいいでしょう。

▶トライオートETFが先の理由
  • 鈴の戦略を1クリックで発注できる
  • すぐに利益が出やすい

長期的にはトラリピの方が安定すると思うんですが、トライオートETFはわたしの戦略を1クリックで発注できることもあり、シンプルでとっつきやすいんですよね(^_^;)

また、すぐにまとまった利益になりやすいので、「トライオートETFで利益が出る」⇒「トラリピ自分年金作りに回す」とやっていくと資産を伸ばしやすいです。


実際、わたしもトライオートETFの利益はトラリピ自分年金作りなど、他の手法に回して資産を拡大させています。


トライオートETF攻略ロードマップ





30万円で資産運用を始める⇒トラリピ

30万円しか用意できない場合はトラリピがいいでしょう。

自分年金作りをコツコツ拡張していきまます。

【トラリピ】自分年金作り



もしボーナスなどまとまった資金が入ったらトライオートETFも運用することを考えてください。

レンジを絞ることでトライオートETFを33万円で始める方法もあるので、こちらを使ってもいいと思います。


トライオートETFを少額(33万円)で始める方法




資産形成向けの手法は生活費が稼げるようになってからでもOK

わたしが本格的に運用している手法は大きく2種類に分けられます。

セミリタイア向け
  • 定期的に不労所得が受け取れるため、セミリタイア後の生活費に適した手法
  • 手動で利確しなくても利益が受け取れる
トラリピの実績


トライオートETFの実績



資産形成向け
  • 資産価値の上昇が見込めるため、長期的な資産形成に適した手法
  • 利益を受け取るには手動での利確が必要になる
株価指数CFD積立の実績


仮想通貨積立の実績



定期的に不労所得を受け取れるトラリピとトライオートETFは【セミリタイア向け】の手法に該当します。

セミリタイアするには生活費として定期的に不労所得が必要なので、【セミリタイア向け】の2手法を優先して伸ばすのが近道です。


資産形成向けの手法に関しては、確かに資産は伸びて行きますが、利益を受け取るためには手動で利益確定を行う必要があるので、タイミングが難しいです。

そこで、まずはトラリピとトライオートETFでセミリタイアできる状態にし、それから【資産形成向け】の株価指数CFD積立仮想通貨積立を行うのがいいと思います(^^♪


ただ、仮想通貨積立に関しては毎月1万円からでも可能なので、余裕があれば先に始めていいでしょう。

積立投資を焦る必要はないんですが、長く続けた方が結果が出るので、わたしなら何とか1万円でもいいので捻出して確実にやると思います(^^ゞ


また、500万円用意できるならわたしが強くてニューゲームする最強プランもオススメです。

【ポートフォリオ】500万円からの資産運用2021

【500万円からの資産運用】過去のわたしを救う最強ポートフォリオ

 


関連記事:
トライオートETFを実践するならこの記事にまとめてあります。

トライオートETF攻略ロードマップ



トラリピ自分年金作りを始めるならこちらの記事をどうぞ( ^^) _旦~~

【トラリピ】自分年金の作り方



以上、トラリピとトライオートETFどっちから始める?(30万円、100万円、130万円)……でした。



トラリピ&トライオートETFはセミリタイア向け



\米株インデックスの破壊力&安定性(^^♪/
トライオートETF



\今なら限定レポートが貰えます(^^♪/
マネースクエア



LINEで更新通知を受け取る▼



Instagramでも情報を発信中▼


Twitterでも情報を発信中▼